« 2015年10月20日 | トップページ | 2015年10月24日 »

2015年10月23日 (金)

よくわからないオキザリス 
Oxalis kaajagdensis

オキザリス・カアヤグデンシス(Oxalis kaajagdensis:カタバミ科カタバミ属)が咲いています。


Okaajagdensis1


Okaajagdensis


Okaajagdensis_2


Okaajagdensis_3


日本でオキザリス・カアヤグデンシスという名前で流通しています。
Telos Rare Bulbsで販売されているオキザリスで、そのサイトでは、カアヤグデンシスは以前の撫で、現在はカアスボグデンシス(kaasvogdensis)が正しいと記されています。

カアスボグデンシスという名についてはパシフィック・バルブ・ソサエティでも、plantlist.org のデータベースをにも出てこないが、カアスボグデンシスだということが記されています。
北欧系の人名に由来する学名もどきの怪しい名がつけられているようです。

オキザリス・フルキラタ(Oxalis furcillata)かその近縁のものではないかというあるサイトの記事をみかけたこともあります。

さてこのオキザリス、茎の長さは15〜30cmで、互生して葉が付いています。
葉裏に微細な毛が生えているので、葉色は白っぽく見えます。
内側に巻き込んだ長心形の葉が茎から直接5枚の小葉がついており、そのため輪生しているように見えます。
オキザリスで葉柄がないのは非常に珍しいと思います。

茎は立ち上がる強さもないぐらい軟弱な茎で、伏せたまま伸びて、先の方でなんとか立ち上がっていきます。
吊り鉢などに植えるといいのかもしれません。

葉腋から長さ3〜5cmの細い花茎を伸ばし花をつけます。
花は小型の明るい黄色で、次々と蕾が出てきて、長い間咲いています。
萼は緑色で、深く5裂し、裂片の先は尖っています。

| | コメント (0)

« 2015年10月20日 | トップページ | 2015年10月24日 »