« 2015年10月25日 | トップページ | 2015年10月27日 »

2015年10月26日 (月)

エングラーさんのオキザリス 
Oxalis engleriana

オキザリス・エングラリアナ(Oxalis engleriana:カタバミ科カタバミ属)が咲きました。


Oengleriana1


Oengleriana3


Oengleriana2


Oengleriana4


オキザリス・エングラリアナは北西および南西ケープ州の南向きの砂地の傾斜地に自生しています。

秋に葉が出てきますが、節から2〜3本の葉柄を出し、その先から5〜8枚の線形、線状楕円形の小葉を開きます。
葉裏には微細な毛が生えており、葉が出始めは縦にロールして葉裏が見え、灰緑色の葉に見えます。

葉柄を出した節から花茎を伸ばし、花をつけます。
花は径3〜4cmの大きさで、ピンク色で、中心部にマゼンタ色の模様が入ります。咽部は黄色をしています。
萼は5深裂し、先が尖っており、赤く色づいています。

球根は長さ5〜8cmの細長い、片一方の先が尖った楕円形をしています。

種小名のエングラリアナはハインリヒ・エングラー(Heinrich Gustav Adolf Engler:1844-1930)さんに由来しています。
エングラーさんはドイツ(プロイセン)の植物学者で、藻類から被子植物までを扱う植物分類体系と植物地理学 (Phytogeography) において多大な業績を残した人です。

| | コメント (0)

« 2015年10月25日 | トップページ | 2015年10月27日 »