« 2016年3月21日 | トップページ | 2016年3月26日 »

2016年3月25日 (金)

びっしりと白い花 
Eurya japonica

公園の茂みにヒサカキ(柃木:Eurya japonica:ツバキ科ヒサカキ属)が咲いていました。


Euryajaponica4


Euryajaponica5


Euryajaponica6


Euryajaponica7


ヒサカキは本州、四国、九州、沖縄の照葉樹林からクライマックスに達した森林にかけて、やや乾燥する山地に生育する常緑亜高木です。
我が国以外には中国東部の浙江省や朝鮮半島の海抜300〜2500mの山地の斜面や林間に自生しています。

多くの枝を出し、葉が多いなどの特徴が環境適応力を高め、それゆえ庭木として植えられています。
照葉樹林間では高さ4〜7m程度になりますが、日照の強い尾根筋などでは樹高が高くなりません。

春にいち早く花を開き、独特の匂い(香りという表現はにあわない)を発し、春の訪れを感じさせてくれます。
葉脇に、5mm前後の丸い釣鐘形の花を1~5輪、ぶら下がるようにびっしりと咲かせます。
花色は白からクリーム色ですが、時に一部に紫色が入ることがあります。

雌花、雌花より少し大きい雄花、両性花の3種の花があり、雄雌異株です。
雄しべは10以上、多数あり、雌しべは1本で、先が3裂しています。

葉は密に互生して2列につき、長さ5cm前後で、短い葉柄につき、鋸歯のある楕円形をしています。
やや厚い葉で、表面は濃い緑色で、無毛で艶があり、裏面は薄い緑色をしています。

果実は液果で、ゆっくりと大きくなり、冬に紫黒色の実を熟します。長い期間果実をつけています。

名前は、葉がサカキに似ているが、サカキにあらずという意味で、非サカキと呼ばれるようになったとか、サカキより小さいので「姫サカキ」と呼ばれていたものがヒサカキになったとも言われています。

属名エウリアはギリシア語で、「広い、大きい」を意味します。
種小名は「日本の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2016年3月21日 | トップページ | 2016年3月26日 »