« 2016年4月30日 | トップページ | 2016年5月4日 »

2016年5月 2日 (月)

小さなツタバウンラン 
Cymbalaria aequitriloba

キンバラリア・アエクイトリロバ(Cymbalaria aequitriloba:ゴマノハグサ科シンバラリア属)が咲いています。


Cymbalariaaequitriloba7


Cymbalariaaequitriloba8


Cymbalariaaequitriloba10


Cymbalariaaequitriloba9_2


キンバラリア属は西ヨーロッパを中心にしてアフリカや小アジアに約10種類が知られています。
リナリア(Linaria)属に含まれていたことがありますが、花が葉脇に1輪つくことや、葉脈が掌状に広がる点で区別されています。
英語では英国、ケニルワース城に繁茂していたのでケニルワース・アイビー(Kenilworth ivy)とか、古代の遺跡で目にするのでコロシアム・アイビー(coliseum ivy)と呼ばれています。

キンバラリア・アエクイトリロバは背丈はわずか2cmほどの、花が咲いていなければ苔だと思ってしまいます。
スペインやヨーロッパ南部に分布している常緑の這い性植物で、園芸的にはグランドカバーとして利用されています。
葉は幅5mmほどで、小さい葉は幅3mmもありません。ですからグランドカバーといっても庭ではなく、鉢の中のグランドカバーにできます。
葉は厚みがあり、ツタバウンランのように表面がスムーズではなく、デコボコしています。葉脈は見えません。

リナリア属に含められていたように小さいけれど、りっぱな距があります。
ランナー(ストロン、匍匐枝)を出して増えていきます。耐寒性は強く、冬からポツポツと花をつけています。
さすがに寒い間は縮こまっていて、暖かくなるとランナーを出します。
夏は直射日光を遮ってやる工夫が必要です。

これだけ冬に強い植物ですから、夏は息も絶え絶えになります。

英名は矮性ケニルワース・アイビー(Dwarf Kenilworth Ivy)です。
ツタバウンラン(ツタガラクサ:Cymbalaria muralis)の矮性と思わせるような英名ですが、ツタバウンランの矮性種や変種ではありません。

属名キンバラリアは「シンバルの」という意味で、葉の特徴を指しています。
種小名のアエクイトリロバ(aequitriloba)は「同じ大きさの三裂片の」という意味で、3裂(3〜5裂)する葉の様子を示しているものと思います。なおツタバウンランの葉は掌状に5〜7裂しています。

| | コメント (0)

« 2016年4月30日 | トップページ | 2016年5月4日 »