« 2016年5月23日 | トップページ | 2016年5月25日 »

2016年5月24日 (火)

距の美しいオダマキ 
Aquilegia pyrenaica ssp. pyrenaica

今年もアクイレギア・ピレナイカ(Aquilegia pyrenaica ssp. pyrenaica:キンポウゲ科オダマキ属)が咲きました。


Apyrenaica14


Apyrenaica16


Apyrenaica15


Apyrenaica17


アクイレギア・ピレナイカは種小名からわかるように、ヨーロッパのピレネー山脈の海抜1400〜2500mの高所、スペイン北東部やフランス西部の岩場やがれ地に自生しているオダマキです。

草丈は10〜25cmで、この花も葉だけの時は5cmほどでしたが、その後成長しても葉の高さは10cmにならないぐらい、花茎が15cmほどの高さです。

小さい葉が密につき、葉だけ見ていると小さな花が咲くのだと思ってしまいます。
しかし花茎が立ちだすと、横向きのまま蕾は日ごとに膨らんでいき、径3〜4cmの大きな花を横向きに開きます。

花の色は美しいブルーから薄紫色で、距は細く、緩くカーブしますが、内側に強く巻き込むことはありません。
距の雰囲気が気に入っています。
このオダマキほど美しい距を持つものはないと思っています。
1枚目の写真は全ての距が伸びきっていません。
この写真の1〜2日ぐらい経つと、その微妙さが出てくるのですが、残念ながら写真を撮る時間がとれませんでした。

また雄しべは花弁から飛び出すことはありません。


| | コメント (0)

« 2016年5月23日 | トップページ | 2016年5月25日 »