« 2016年6月27日 | トップページ | 2016年7月2日 »

2016年6月28日 (火)

あかるい忘れな草 
Myosotis scorpioides x variegatus

斑入りのミオソチス・スコルピオイデス・バリエガツス(Myosotis scorpioides x variegatus:ムラサキ科ワスレナグサ属)です。


Myosotisscorpioidesvariegatus1


Myosotisscorpioidesvariegatus4


Myosotisscorpioidesvariegatus2


Myosotisscorpioidesvariegatus3


ミオソチス・スコルピオイデスは宿根する忘れな草で、元々はヨーロッパやアジアに自生していました。
今では世界中の至る所で見ることができ、場所によっては有害植物と見なされています。

パルスツリス(Myosotis palustris)という異学名を持っていますが、「沼地の、沼沢地の」という意味で、自生地を指し、湿原や流れのそばなど、湿った場所に自生しています。
一般名も「水棲忘れな草(water forget-me-not)」と呼ばれています。

草丈は15cmから60cmにもなり、立ち上がる性質があります。

普通種と同じように、長さ8〜10cm、幅2cmほどの全縁の細長い葉で、互生します。
ミオソチス・スコルピオイデス(普通種)の葉は微毛が生えていたり生えていなかったりしますが、この斑入り葉種は微毛が少なく、つるりとした葉にクリーム色の斑が入っています。
葉だけでも充分楽しめます。

先で5裂する高盆型で、明るいブルー(空色)の径8mmほどの花を咲かせます。
中心部(目)に黄色い膨らみ(鶏冠状突起)を持つ空色の花を互散花序(サソリ型花序)につけ、常に2〜5輪がポツポツと咲いていきます。
花期は長く、春から霜が降りる頃まで咲いています。

山野草の用土では、水切れしやすいので注意が必要です。
暑さが心配なところでは、山野草用土で株元が水につかるようにしていてもいいと思います。

海外ではこの斑入りの忘れな草は異学名のミオソチス・パルスツリスの方で呼ばれており、園芸品種名として「バリエガツス(Myosotis palustris 'Variegatus')」と名付けられているようです。

属名ミオソティス(Myosotis)」は、ギリシア語の「myos(ハツカネズミ)」と「otis(耳)」の造語で、ハツカネズミの耳のような葉の形に由来します。実際にはそのような小さい葉のミオソティスを見たことはありません。
種小名の「scorpioides(スコルピオイデス)」 は「サソリの尾に似た」という意味です。

| | コメント (0)

« 2016年6月27日 | トップページ | 2016年7月2日 »