« ガカイモの花 <br>Metaplexis japonica | トップページ | 秋のクロッカス 
Crocus goulimyi »

2016年10月19日 (水)

勝手に咲いたコハマギク 
Chrysanthemum yezoense

コハマギク(小浜菊:Chrysanthemum yezoense:キク科キク(シュンギク)属)が咲きました。


Chrysanthemumyezoense1


Chrysanthemumyezoense2


Chrysanthemumyezoense3


Chrysanthemumyezoense5


Chrysanthemumyezoense4


このコハマギクは苗を購入したものでもなく、タネを播いて育てたものでもなく、勝手に生えてきたものです。
手に入れた植物(ツクシタツナミソウ:Scutellaria kiusiana )は枯れてしまったのですが、その後に生えてきたのは用土に根が入っていたからでしょうか。
昨年の夏過ぎに目立つようになり、昨年秋に花を咲かせることもなく、冬も葉を茂らせ続けていました。
見かけるようになって2年目の今年10月に入って蕾をつけました。
一般に流通していない植物なので、その花を見ることができてラッキーだと思います。

コハマギクは日本に固有のキクで、北海道から本州の太平洋側を経て、茨城県までの海岸に自生しています。
分布域が遠く離れていますから、いくら何でも神戸までタネが飛んできて生えたということではなさそうです。

匍匐性の菊で、草丈は10〜50cm、長い地下茎を這わせ、群生する多年草です。
ビニールポットで育っているのですが、ポットの上から触ってわかるほど太い根があります。
背丈については私の所のコハマギクは花の無い時は5cm、花茎を上げてきて10cm程度になります。

茎の基部は木化しますが、上部は紫色を帯び、軟毛が生え、所々白っぽく見えます。

葉は翼のついた葉長と同じぐらいの長い葉柄があります。
海岸に自生しているためでしょう、暑さや風に耐えられるような肉質のしっかりした葉です。
楕円形で先が大きく5裂し、さらに2から3裂しています。
表面にぷつぷつと腺点があります。
特徴のある葉で、見る人が見ればコハマギクとわかる葉です。

径4〜5cmの頭花を枝先に一つだけつけます。この個体は舌状花は幅のある楕円形で薄いピンク色をしています。
一般的には舌状花はもっと細長く、花数も多く、白い色で、咲いてからピンクに色づくようです。
蕾の時は濃いピンク色をしています。

異学名はChrysanthemum arcticum, Dendranthema arcticum subsp. maekawanum, Chrysanthemum zawadskii subsp. yezoense Dendranthema yezoenseです。

外国では Groundcover Chrysanthemum, Hokkaido Chrysanthemum と呼ばれています。

種小名エゾエンセは北海道(蝦夷)を意味します。
属名クリサンテムムはギリシア語で「金の(chrysos)花(anthemon)」という意味です。

|

« ガカイモの花 <br>Metaplexis japonica | トップページ | 秋のクロッカス 
Crocus goulimyi »

その他の花 (Flora et cetera) (405)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガカイモの花 <br>Metaplexis japonica | トップページ | 秋のクロッカス 
Crocus goulimyi »