« 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月29日 »

2017年3月25日 (土)

エレガントなコウム 
Cyclamen elegans

シクラメン・エレガンス(Cyclamen elegans:サクラソウ科シクラメン属)が咲きました。


Celegans1


Celegans2


Celegans3


Celegans4


2013年9月に種子を播き、一番下の写真のように球根は1円硬貨より小さかったのですが、2ヶ月ほど前に蕾をつけ、ずっと蕾のままでいたのが、先日から花弁が反転しだして、やっと咲きました。
もう一球少し大きな球根の株があるのですが、蕾をつける気配はありません。
来シーズン咲いてくれると期待しています。

初花のせいか、さすがに花は小さく、反転した花弁の長さは1cmほどしかありません。
花弁が短いせいか、種小名のエレガンス(ラテン語で「優雅な」という意味)という言葉にはほど遠い、野暮ったさがあります。

シクラメン・エレガンスは以前はシクラメン・コウムの亜種 (Cyclamen coum subsp. elegans)とされていました。
しかし葉の幅が、コウムのどの亜種より明らかに細く、花弁も、優雅さが感じられる程長いことから、今は別種とされています。
花弁が90°ねじれており、アゴ部の模様が縦に長いなどエレガントです。

カスピ海に接したイラン北部やアゼルバイジャン南部に横たわるエルバーズ(Elburz or Alborz)山脈の海抜500m以下の林間に自生しています。他のコウムの亜種より海岸沿いの低地に分布します。

時には苔むした木の枝や幹に咲いていることがあるそうです。
典型的な地中海性気候とは異なり、夏は冷涼であるけれど、湿気が多く、冬に雪の多い地域に自生しています。

葉は花より先に秋にあらわれます。

人の手で育てられると変異を生じ易く、自然状態では花の時期も雪解けが始まる2月から3月にかけて咲来ますが、園芸的には冬から初春に咲きます。

1960年代にBowles Scholarship Memorial Expedition(BSBE518)などのいくつかの探検旅行で発見されました。

| | コメント (0)

« 2017年3月18日 | トップページ | 2017年3月29日 »