« 黄色のムスカリ2種 
Leopoldia Tenuiflora & Muscari macrocarpum
| トップページ | 愛らしいムスカリ 
Muscari pulchellum ver. pulchellum »

2017年4月24日 (月)

ダルマチアのヒアシンス 
Hyacinthella dalmatica

ヒアキンテラ・ダルマチカ(Hyacinthella dalmatica:ユリ科ヒアキンテラ属)が咲いています。


Hyacinthelladalmatica1


Hyacinthelladalmatica3


Hyacinthelladalmatica4


Hyacinthelladalmatica5


ヒアキンテラ属はトルコを中心にヨーロッパからアジアに約18種が分布しています。
ムスカリに近縁の球根植物で、過去にはヒアキンツス属(Hyacinthus)に分類されていたことがあります。
夏に高温の時期を要し、乾燥した丘陵の瓦礫地に自生します。
球根にはしばしば粒状の結晶(粉)を吹きます。
葉は2〜3枚出現し、花は淡青色から濃紫色の口の開いた鐘型で、短い花梗があります。
ムスカリ属は花の先端が萎んでいること、またスキラ属の花被が分離していること、ヒアキンツス属とは花被先端が細く反り返らないことで区別されます。

ヒアキンテラ・ダルマチカはバルカン半島北西部に自生していといわれていますが、実際はヨーロッパ南東部の地中海沿岸に分布しているようです。

球根園芸で著名な英国のブライアン・マシュウ(Brian Mathew:1936–)さんの古い著書「小さな球根(The Smaller Bulbs, 1988)」には、ヒアキンテラ・ダルマチカはヒアキンテラ・パレンス(Hyacinthella pallens)の異学名とあり、球根専門園芸家がヒアキンテラ・パレンスをヒアキンテラ・ダルマチカという名で流通させていると書かれています。

ところが今日では、the Plant Listにはヒアキンテラ・パレンスはヒアキンテラ・リューコファエア (Hyacinthella leucophaea)の異学名となっています。

このような事情から推測するに、ヒアキンテラ・ダルマチカには地方変異があり、以前より混乱が生じていたと思われます。

さてヒアキンテラ・ダルマチカの花は初春に花序を出しますが、我が家のダルマチカは今ごろ咲き出しました。
花序を伸ばして、最終的には背丈は10〜20cmになります。
花柄は上に向けてつき、花もやや上向きから横向きに開きます。

花は長さ1cm近くもあり、ムスカリなどに比べると大きく、細い鐘型をしています。
花披は先で浅く6裂し、裂片は反り返ります。
雌しべ1本、雄しべ6本で、花から出ることはありません。
花色は透明な印象の薄青色から明るい青紫色をしています。

幅のある披針形の葉は花序を抱えるように、2〜3枚が根出します。

属名はギリシャ神話のアポロに愛されたスパルタの王子ヒアキントスに由来します。
種小名ダルマチアはクロアチア共和国の南部に当たる地域、アドリア海沿岸地域一帯を指す歴史的名称に因みます。

|

« 黄色のムスカリ2種 
Leopoldia Tenuiflora & Muscari macrocarpum
| トップページ | 愛らしいムスカリ 
Muscari pulchellum ver. pulchellum »

ムスカリ (Muscari) (59)」カテゴリの記事

コメント

dalmaticaはgrandifloraしか持っていません。
花は終わってしまいましたが、とても綺麗でしたよ。

投稿: hiroro689 | 2017年4月24日 (月) 21時01分

見せて頂きました。
名前からすると花が大きいんでしょうね。いいですねえ。
Brian Mathewさんの本によると、dalmaticaは大きさなど、地域差や個体差のある種類のようです。

投稿: ptech | 2017年4月24日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色のムスカリ2種 
Leopoldia Tenuiflora & Muscari macrocarpum
| トップページ | 愛らしいムスカリ 
Muscari pulchellum ver. pulchellum »