« 緑の模様のスノードロップ 
Galanthus nivalis 'Viridipice'
| トップページ | バビアナ・ピグマエアの名前の由来 
Babiana pygmaea »

2017年4月16日 (日)

ハンガリーのオキナグサ 
Pulsatilla × magyarica

プルサチラ・マギアリカ(Pulsatilla × magyarica:キンポウゲ科オキナグサ属)が咲きました。


Pulsatillamagyarica1


Pulsatillamagyarica2


Pulsatillamagyarica5


Pulsatillamagyarica4


プルサチラ・マギアリカはハンガリー北部の低山地の草原地帯に自生しています。
プリサチラ・プラテンシス(Pulsatilla pratensis)とプルサチラ・ツインマーマニー(P. zimmermannii)の自然交配種と考えられています。

背丈は5〜30cmと言われていますが、この株は15cmほどの小型です。

葉は羽状に細裂しています。

濃い赤紫の花は長さ2cmほどの小型で、俯き加減に咲かせます。
咲き始めは、花びら(萼)が小さく6裂した合弁花で、裂片がカールしているように見えます。

雄しべは黄色で、緑がかったクリーム色の多数の雌しべは花弁から飛び出して開いています。

古くから知られていたのではなく、1942年にハンガリーの植物学者ワグナー(Wagner, János (Johannes):1870-1955)さんによって公表されました。

種小名のマギアリカはマジャールに由来し、「ハンガリー、ハンガリー人(Magyar)」という意味です。マジャーリカと表記するのが正しいかもしれません。

属名のプルサチラはラテン語のpulso(打つ、鳴る)+illa(指小接尾辞、小さいことを示す語尾)に由来し、花が釣鐘型をしているのでつけられたといわれています。


|

« 緑の模様のスノードロップ 
Galanthus nivalis 'Viridipice'
| トップページ | バビアナ・ピグマエアの名前の由来 
Babiana pygmaea »

イチリンソウ (Anemone) (115)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑の模様のスノードロップ 
Galanthus nivalis 'Viridipice'
| トップページ | バビアナ・ピグマエアの名前の由来 
Babiana pygmaea »