« 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月6日 »

2017年5月 3日 (水)

バランサさんのオーニソガラム 
Ornithogalum balansae

オルニトガルム・バランサエ(Ornithogalum balansae:ユリ科オルニトガルム属)が咲きました。


Ornithogalumbalansae1


Ornithogalumbalansae2


Ornithogalumbalansae3


Ornithogalumbalansae4


ヨーロッパや、西アジア、南アフリカに分布しています。
1753年にリンネが12種をまとめてオルニソガルム属に分類しました。
その特徴は、線形か披針形の葉は球根から出現する1枚から数枚で、常緑であったり、花の時期には枯れているものもあります。
時には多肉の葉を持つものもあり、多岐にわたっています。

オルニトガルム属はヒアキンタ亜科(Hyacinthaceae)に含まれ、スキラ(シラー,Scilla)属と近縁ですが、スキラ属のように花被片が合着して鐘状にはなりません。

しかしユーラシア大陸のオルニトガルム属だけでなく、南アフリカで調査が進むにつれ、分類上の混乱が生じているのか属する種類も50〜300種あるといわれています。
オルニトガルム属にアルブカ(Albuca)属,ディプカディ(Dipcadi)属,ガルトニア(Galtonia)属,ネオパテルソニア(Neopatersonia)属,プセウドガルトニア(Pseudogaltonia)属を含めようという意見もあります。

パシフィック・バルブ・ソサエティ(Pacific Bulb Society)のサイトには、2009年のマンニングら(Manning,J.C. et al)の考えを参照して、以下のように分類できると説明されています。

アルブカ群
ディプカディ・プセウドガルトニア群
ガルトニア・ネオパテルソニアを含むオルニトガルム群

アルブカ群は花披の外側に真ん中に目立つ緑か茶色の縦に走る筋があり、中心線に沿って3-5本の葉脈が集まっています。
オルニトガルム群はあったとしても葉脈のない細いかぼんやりした暗い筋が花被片にあります。
この分類基準に従うと、これまでオルニトガルム群に含まれると考えられていた種類がアルブカ群に属していることになります。

さてオルニソガルム・バランサエはバルカン半島、グルジア、トルコの山地の草原に自生します。

早春に球根から2〜3枚、幅広の披針形の葉を出します。

矮性種で、15cmまでの高さに、2.5cmほどの白い花を総状花序に数個の花をつけます。
花被片の裏側の中央には明るい緑色の筋が走っています。

オルニソガルムというと結構背丈がありますが、これは地を這うように花を広げます。

フランスの植物学者バランサ(Gaspard Joseph Benedict Balansa:1825–1891)さんに因む名です。

| | コメント (0)

« 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月6日 »