« バランサさんのオーニソガラム 
Ornithogalum balansae
| トップページ | 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii »

2017年5月 6日 (土)

細葉のアキス 
Acis trichophylla

アキス・トリコフィラ(Acis trichophylla: ヒガンバナ科)が咲いています。


Acistrichophylla7


Acistrichophylla8


Acistrichophylla9


Acistrichophylla10


アキス属は英国の植物学者ソールズベリー(Richard Anthony Salisbury:1761–1829)さんによって、1809年にスノーフレークで知られるリューコジュウム(レウコユム,Leucojum)属から分割された属です。
1880年代になり、再びリューコジュウム属にまとめられましたが、2004年に葉に幅があり、花被片に緑の模様があるリューコジュウム属の特徴を持つ2種を残して、そうではない9種がアキス属へ再分類されました。

アキス・トリコフィラはスペイン、ポルトガル、ジブラルタル海峡を隔てて対岸のモロッコなどに分布しています。
高地には自生せず、海岸の松林の砂地で見られます。

種小名トリコフィラは、「糸状(tricho)の葉の(phylla)」という意味で、5〜20cmの松葉のように細い葉が球根から数本出て、渦巻くように地面を這い回っています。
花茎は渦巻いている葉とは関係ないようなところから、潜水艦が潜望鏡を上げるように、地面から突き出てきます。
10cm〜25cmの花茎を立て、長さ1cmほどの白色かピンクの2〜4個の釣り鐘型の花をつけます。

夏の乾燥に耐え、休眠中の湿気にも平気なのでほったらかしでいいのですが、この株は2014年に咲いたきり、葉ばかり茂らせていて、今年3年ぶりに咲きました。
その間分球して、今年は花茎が4本立っています。

英名はspring bell(春の鐘)、lusitanica bell(ルシタニア(イベリア半島の古名)の鐘)です。

アキスという属名についてソールズベリーさんはその由来を、ローマの詩人オウィディウス(Publius Ovidius Naso)の「メタモルフォセス(変身物語)」に因むとしか説明しなかったそうです。
メタモルフォセスに登場する、海の妖精ガラテアと恋に落ちた川の妖精ニュンペーの息子、青年アーキスに由来するのだろうということは分かるのですが、アーキスがこの植物とどのような関係にあるのか分かりません。

|

« バランサさんのオーニソガラム 
Ornithogalum balansae
| トップページ | 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii »

その他の花 (Flora et cetera) (391)」カテゴリの記事

コメント

アキスは秋咲きのしか持っていません。
アキスもいろいろあり、面白いですね。
Leopoldiaを載せました。
よろしければご覧ください。

投稿: hiroro689 | 2017年5月 7日 (日) 00時14分

オウタムナレですね。
タネから育てているオウタムナレがあるのですが、なかなか花をつけてくれません。

アキスは9種類しかないそうなので、集めてみてもいいなと思います。

投稿: ptech | 2017年5月 7日 (日) 20時14分

私が持っているのは
Acis autumnalis と早咲きの変種Acis autumnalis var.oporanthaです。葉が枯れたら送りましょうか?
ところで、山野草店をやっている友人がレウイシア・ネバデンシスを仕入れたようなのですが、栽培方法が分からないそうです。株分けの時期とか詳しい栽培方法が知りたいらしいのです。わかる範囲でご教授願えませんか?

投稿: hiroro689 | 2017年5月 9日 (火) 06時15分

家を空けていて、コメントに気がつきませんでした。
誠に申し訳ありませんでした。

レウイシア・ネバデンシスですが、普通の山野草土では梅雨を越せません。大きめの軽石主体の用土で育てるのが安全です。
直根性で腐りやすく、太い大根状の根から出ている細い根が鉢の中一杯になり、水捌けが悪くなります。

夏前までは、雪どけ水の豊富なところで育つので、普通に水をやっても大丈夫です。
しかし梅雨を越すためには、3日に1度、梅雨を過ぎると夏眠に入り地上部は枯れますので、灌水を霧状にして、あっさりと朝1回水をやります。

2年目に大きな大根状の根から、複数の葉が出ますが、そこには根がついていないので、株分けは無理だろうと思います。
やれるという記事がありますが、私はしたことがありません。
大根状の根を縦に複数に裂いて、消毒して植えたとしても、すぐ腐ると思います。
それよりも稔り易く、発芽率もいいので実生で増やす方が簡単です。1年目は育てやすく、夏越しすれば、次の春に花を咲かせます。
以上簡単ですが育て方です。

投稿: ptech | 2017年5月13日 (土) 18時06分

ご教授ありがとうございます。
早速知り合いに知らせました。

Acis autumnalisと変種の葉が枯れたら送りますので、ご住所を私のブログのコメントに入れてくださるか?メールでお知らせください。

投稿: hiroro689 | 2017年5月14日 (日) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランサさんのオーニソガラム 
Ornithogalum balansae
| トップページ | 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii »