« 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii
| トップページ | 斑入りクチナシの実
Gardenia jasminoides variegata »

2017年12月 8日 (金)

正真正銘秋咲きスノードロップ 
Galanthus ssp.

これまでガランサス・ エルウイシイ・モノスティクツス(Galanthus elwesii var. monostictus:ヒガンバナ科ガランツス属)と紹介していた中に新種(Galanthus ssp.:ヒガンバナ科ガランツス属)が紛れ込んでいたようです。
10月末から咲きだしました。


Galanthusssp1_2


Galanthusssp2


Galanthusssp4


Galanthusmonostictus13

12月24日のガランサス・ エルウイシイ・モノスティクツス。内花披の模様の色の濃さが違います。
この写真を撮った時には上3枚のガランサスの花は枯れていました。



一昨年10月末から咲いているスノードロップ(ガランサス:Galanthus elwesii)を紹介しました。
そのブログの画像の中に、内花披の緑の文様(apical mark)の雰囲気が違ったものが混ざっていることに気がつきました。
このモノスティクツスという変種名は「模様が1つの」という意味で、典型的なガランサス・ エルウイシイと違って内花披の緑マークが一つしかありません。

この早咲きスノードロップも模様が一つしかありません。
しかし内花披全体に広がり、それも薄く広がっていますので、ガランサス・ エルウイシイ・モノスティクツスではないのではないかと思うようになりました。。

そう言えば何年か前、園芸店でやたらと早く咲いていたスノードロップ(ガランサス・ エルウイシイ)があり、それを買って帰ったことがありました。
それを疑いもなくモノスティクツスだと思い込んでいたので、12月咲きのスナードロップのそばに植えました。

それが一昨年10月末に咲いたのではないかと考えています。
先ほど書きましたが、内花披の緑マークが薄く広がっているのが特徴です。
昨年はそれに気づきませんでしたが、今年早く咲いたものを見ていて違和感を感じ、よく見直したら、違っていると結論づけることができました。

スノードロップは学問的には2枚の葉の出方や緑マークで区別されます。
しかし交配種(hybrida)や園芸種は咲く時期でも区別されています。

花の時期で

  季  節        北半球
    秋         10月〜11月
 非常に早期      11月〜12月 
   早  期        12月〜 1月
   最盛期        1月末〜2月
   遅  期        2月末〜3月 
   最遅期        3月〜4月

となっています。 
とすれば「非常に早期」咲きより早い「秋」咲きと言えば良いのでしょう。 

ガランサス・ エルウイシイの園芸種で、'Mrs Macnamara'、 'Peter Gatehouse'、'Remember Remember'などが「非常に早期」「早期」に咲く種類として知られています。
これらとは違ってたガランサス・ エルウイシイの中の変異種であろうと思います。


|

« 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii
| トップページ | 斑入りクチナシの実
Gardenia jasminoides variegata »

スノードロップ(Galanthus)(15)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋咲きムスカリ 
Muscari vuralii
| トップページ | 斑入りクチナシの実
Gardenia jasminoides variegata »