« 白い首輪のヘレボルス
Helleborus croaticus
| トップページ | 瑠璃色のヒアキンテラ 
Hyacinthella lazulina »

2018年3月12日 (月)

八重のヘレボルス・デュメトルム  
Helleborus dumetorum doubles

ヘレボルス・デュメトルムの八重咲き種(Helleborus dumetorum doubles:キンポウゲ科ヘレボルス属)が咲きました。


Hdumetorumw1


Hdumetorumw2


Hdumetorumw3


Hdumetorumw4


ヘレボルス・デュメトルムはスロベニア北東部、オーストリア南西部、クロアチア、ハンガリーなどの中央から東部ヨーロッパの森林や草原で見られるようです。
石灰岩が露出したようなカルスト台地の岩場の傾斜地にコロニーを作って自生しています。

ヘレボルス デュメトルムは背丈が20〜45cmで、比較的小型で、夏には地上部は枯れてしまいます。
花も小型で、直径3~4cmの灰緑色の花を花茎に2〜3輪つけます。

根際から生える葉は2回から3回分かれて、7〜12片の小葉に分かれます。

花は小さいですが、多花性で花をたくさん楽しめるのが魅力です。

この株は丸弁のカップ咲きの八重で、通常は5枚の萼片からできていますが、この花は密腺が萼化し、15・6枚の萼から構成されてます。
カップ咲きのせいか八重であることが目立ちません。

英国のフェダー・ナセリー(Phedar Nursery)から手にいれた種子からで、ハンガリー産のようです。
野生で八重だったのか八重の選別種なのか分かりません。
成長が遅く、播種後5年目にして開花しました。

種小名の dumetorum は「小低木状の、薮の」という意味です。

|

« 白い首輪のヘレボルス
Helleborus croaticus
| トップページ | 瑠璃色のヒアキンテラ 
Hyacinthella lazulina »

クリスマスローズ (Helleborus) (140)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白い首輪のヘレボルス
Helleborus croaticus
| トップページ | 瑠璃色のヒアキンテラ 
Hyacinthella lazulina »