« 2018年4月20日 | トップページ | 2018年4月23日 »

2018年4月21日 (土)

疑わしいという名のベルバリア
  Bellevalia dubia ssp. boissier

ベルバリア(ベレバリア)・ドゥビア(Bellevalia dubia ssp. boissieri:ユリ科ベルバリア属)が咲きました。


Bellevaliadubia1


Bellevaliadubia2


Bellevaliadubia3


Bellevaliadubia4


ベルバリア・ドゥビアは地中海沿岸の球根植物で、イタリア南部、ギリシャを含むバルカン半島、トルコ西部の斜面の瓦礫地に自生しており、ヨーロッパではよく目にするベルバリアのようです。

葉は幅1.5cm、長さ10〜15cmの長披針形で、3〜6枚現れ、地面に伏します。

花序が出てきた頃は大きくなるようには見えませんが、最終的に花茎は15〜30cmの高さになります。

蕾は最初緑色ですが、大きくなるにつれ青紫に色づきます。
花は0.5〜1cmの円筒形で開口部が6裂してベル状に開きます。

花の色が青紫色の頃は、この色で花が開くのかと期待が膨らみます。
花序が上に伸びていき、上の花との間隔が空くようになると、日の当たる上面は青紫色が残りますが、日陰になる下面から、茶褐色の筋が入るようにして薄茶褐色を帯びてきます。

開口部に裂け目が入り、裂片が反り返る頃には全部が濃褐色に変化します。
成熟すると茶褐色に変化するのでしょうか。
それから後は枯れてないのか、枯れているのか分からなくなります。

ベルバリア属の宿命のようなものですが、茶色い花というのは、あまり美しいものではありません。
園芸的に流通していないベルバリア属を育ててみると、その理由が理解できます。

種小名のドゥビアはラテン語のdubiumで 「不確実な、疑わしい」という意味です。どのような特徴を指しているか分かりません。

亜種名のボワシエリはベルバリア属に関してよく名前が出てくるスイス人の植物学者ピエール・ボワシエ(Pierre Edmond Boissier:1810〜1885)さんに因みます。

| | コメント (2)

« 2018年4月20日 | トップページ | 2018年4月23日 »