« 2018年5月20日 | トップページ | 2018年5月23日 »

2018年5月21日 (月)

ギリシャ・ディオニサデス島のムスカリ 
Muscari dionysicum

ムスカリ・ディオニシクム(Muscari dionysicum:ユリ科ムスカリ属)が咲きました。


Mdionysicum1


Mdionysicum2


Mdionysicum3


Mdionysicum4


Mdionysicum5


ムスカリ・ディオニシクムはギリシャのクレタ島北東部の小さな島のディオニサデス(Dionysades)島やディーア(Dia)島、アナフィ(Anafi)島やエーゲ海南東地域のキクラデス(Cyclades)諸島の海抜400mまでの海岸近くに自生してます。

プラントコレクターのアントワーヌ・フーグ(Antoine Hoog)さんが、ギリシャとアルバニアの境のグラモス山(最高峰海抜2520m)で採取したコレクション、レオポルディア・ワイジーAH8965(Leopoldia weisii AH.8965)とされた株が起源のようです。
レオポルディア・ワイジーAH8965はレオポルディア・ディオニシア(Leopoldia dionysia)の異学名で、レオポルディア・ワイジーと似ても似つかぬ美しい花だとされています。
アントワーヌ・フーグさんが見間違えたようです。

葉は1.0cm幅の線形〜長披針形で、冬の寒い時期から上方に向けて4・5本出ています。

もう咲かないのかと思っていたら、4月終わりから5月に入ってから花序が顔を出します。
花茎の高さは25〜40cmで、まれに60cmに達することもあるそうです。

花序の上部には赤紫の花(不稔性花)が上に向かって開き、レオポルディ・コモサ(Leopoldia comosa:ユリ科ムスカリ属)に代表されるいわゆる羽根ムスカリといわれる仲間です。

下部の稔性花は、花序が伸びるにつれ、間隔が開き、緑の蕾が赤く色づいていきます。
赤くなった花は、花の開口部が開くのにつれ、黄色から薄黄土色に変わっていきます。
開口部は強く萎んでいるわけではありませんが、大きく開いていないので覗いても中の様子は分かりません。

先日の風の強い日、不稔性花の少し下の方で折れてしまいました。写真は折れたまま置いておいたものです。
折れてしまなければどんなに大きく開くのかと思いますが、来シーズンの花に期待します。

種小名ディオニシクムはクレタ島北東部の「ディオニサデス(Dionysades)島産の」という意味です。

| | コメント (0)

« 2018年5月20日 | トップページ | 2018年5月23日 »