« 断崖のコリダリス 
Rupicapnos africana
| トップページ | 背高のっぽのニワゼキショウ 
Sisyrinchium sp. »

2018年5月 5日 (土)

ブルーコリダリス 
Corydalis cashmeriana

コリダリス・カシミリアナ(カシュメリアナ)(Corydalis cashmeriana:ケシ科コリダリス属)が咲いています。


Corydaliscashmeriana10


Corydaliscashmeriana11


Corydaliscashmeriana12


Corydaliscashmeriana13


コリダリス・カシミリアナは種小名から類推できるようにヒマラヤ、カシミール地方を中心に、ブータン、北インド、ネパールなどの海抜3000m〜4500mの高山地帯に分布しています。
高山の北面の斜面や背の低い植物の茂る岩場の草原や希に岩礫地に自生しています。
現地では5月頃から8月頃まで咲いているようです。

球根性のコリダリスのように丸い球根ではなく、円錐形の貯蔵根を持っています。
したがって球根(塊茎)を持つコリダリスには含まれず、宿根性のコリダリスに分類されます。

草丈は5〜20cmほどで、根茎からは何本も根生葉が出ます。
青緑色の葉は大きく3片に手掌状に裂け、互生してついています。
苞葉は不規則に披針形に裂けています。

草丈より高くならないで、葉と同じ高さで総状花序に少数の、1〜7輪の花をつけます。
花の長さは15〜20mmほどで、透明感のあるブルーのスラッとした花です。

内側の花披の先端の一部はやや濃いブルーをしており、さらに奥の方は白色をしています。
外側の上花披には鶏冠があり、大きく目立つ下花披にはくぼんだ溝があります。
花は枯れる頃になると色があせます。
萼片は2枚あるそうですが、小さくてよく見えません。

果実は1.5cmほどの細い楕円形をしています。

インド生まれの英国人植物学者ロイル(John Forbes Royle:1798–1858)さんによって1838年に公表されています。
1933年に2人のプラントハンターが種子を英国に持ち帰り、園芸化が始まっています。
衝撃的だったのでしょう、すぐに王室園芸協会からCertificate of Meritを受賞しました。
夏の暑さを乗り切るためにはスコットランドでは難しかったようで、スカンジナビア半島で増殖したようです。
しばらくして1938年にはAward of Meritを受賞しています。

|

« 断崖のコリダリス 
Rupicapnos africana
| トップページ | 背高のっぽのニワゼキショウ 
Sisyrinchium sp. »

コリダリス(Corydalis)(50)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断崖のコリダリス 
Rupicapnos africana
| トップページ | 背高のっぽのニワゼキショウ 
Sisyrinchium sp. »