« 忌まわしい可愛い植物 
Pinellia ternata
| トップページ

2018年7月 5日 (木)

中国カンゼ・チベット族自治州のデルフィニウム
Delphinium tatsiense

デルフィニウム・タツィエンシス(Delphinium tatsiense)が咲きました。


Dtatsiense1


Dtatsiense2


Dtatsiense4_2


Dtatsiense5


Dtatsiense6


デルフィニウム・タチエンシスは中国南東部の青海省南東部、四川省西部、雲南省北部の2300〜4000mの山地の草原に自生しています。

背が高く花茎は80cmまで伸びるものもあるようです。
濃い緑色の葉は掌状に深裂します。
茎は上部で枝分かれし、6月から9月にかけて1茎に5〜15花をつけます。

5枚の花弁のような萼は濃青色をしています。
中心部の4枚の花弁の内、上弁2枚は、ウサギの耳のように反り返り、白色で先が青色をしています。
この2枚の花弁にはそれぞれ距があり、一番上の1本の萼から伸びる距状のカバーの中を貫いています。
下2枚は左右に分かれ、萼と同じ濃青色をしていますが、中心部が白く、そこに黄色い毛が密に生えています。
この花弁が雄しべや雌しべを覆っています。

花や葉は近縁のコンソリダ(Consolida)属に似ていますが、コンソリダの仲間は5枚の萼の中心部を覆う花弁は左右に開く2枚だけです。
またコンソリダ属は雌しべは1本で、雄しべが多数あり、それが螺旋状に5組にまとまっていますが、デルフィニウム属は雌しべは3〜5本あり、雄しべは8本です。
見た目は同じようですが、花を分解するとその違いが分かります。

種子はオダマキ属のような莢に入っており、我が家では3莢組が一般的でしたので雌しべは3本タイプだったようです。

タネをとろうと思っていたのですが、風の強い日、花茎が根元から折れてしまいました、残念。

中国名を康定翠雀花といいますが、花の名にある康定とは中国の地名の四川省の康定(カングディン)市のことです。
康定地域にはチベット民族が住んでおり、チベット語の中国翻字Dajianlu、Tachienlu、Tatsienluの中のTatsienlu が種小名タツィエンシスの由来になっています。


|

« 忌まわしい可愛い植物 
Pinellia ternata
| トップページ

デルフィニウム(12)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忌まわしい可愛い植物 
Pinellia ternata
| トップページ