« トルコのタツナミソウ 
Scutellaria diffusia
| トップページ

2018年10月14日 (日)

枯れつつ咲くタマアジサイ 
Hydrangea involucrata var. multiplex

ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花:Hydrangea involucrata var. multiplex:ユキノシタ科アジサイ属)が枯れつつも花を開いています。


Hydrangeamultiplex15


Hydrangeamultiplex17


Hydrangeamultiplex16


Hydrangeamultiplex18


タマアジサイは花序の初めが球形になるアジサイということで名づけられたそうです。
牧野新植物図鑑には本州北部と四国に分布とありますが、園芸植物大辞典には福島県から岐阜県にかけての本州中部と伊豆七島に分布しているとあります。
タマアジサイは他の種類のアジサイに比べ遅く咲き始め、7月~9月に開花します。

ヨウラクタマアジサイはタマアジサイの変異種で、東大教授で、小石川植物園長を務めた中井猛之進(1882 - 1952)さんによって昭和23年に伊豆大島で発見されました。
タマアジサイにはこれ以外に、花の特徴からギョクダンカ(玉段花)やココノエタマアジサイ、シロバナタマアジサイ、テマリタマアジサイが知られています。

タマアジサイは、花弁のように見えるガクが発達した白い装飾花と青紫をした両性花が、普通のアジサイのように額咲き(額のように平たく)に咲きます。

ところがヨウラクタマアジサイには両性花がなく、全て装飾花で、筒状に多数の萼片がつきます。
何重にも積み上がって塔咲き(段咲き)になり、それが仏教具の瓔珞という名につながっています。

そして白い花(萼片)が一斉に開くのではなく、根元から先へと、順に咲いて伸びていきます。
そういう訳でこの時期でも新しい花が見られるのです。

さらにヨウラクタマアジサイは玉が一斉に開花するのではなく、一つが球状に大きくなり、蕾の塊が現れます。
それが開いた頃に、次の蕾の塊が大きくなり、次に開くというようにして、長い間花を見ることができます。

夏の暑い頃は、新しく咲いた花(額)も茶色い色をしていて、咲いているのか、枯れているのかわからない状態です。
秋の気配が濃くなってくると、白からピンクの花らしい花(額)が見られるようになりました。

種小名のインボルクラタは、「総苞のある」のという意味で、蕾を様子を示しています。
変種名のムルチプレクスは「幾重にも重なる、多くのひだを持った」という意味です。

|

« トルコのタツナミソウ 
Scutellaria diffusia
| トップページ

その他の花 (Flora et cetera) (400)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルコのタツナミソウ 
Scutellaria diffusia
| トップページ