« 2019年3月15日 (金) | トップページ | 2019年3月21日 (木) »

2019年3月16日 (土)

元気なルイシア  Lewisia cotyledon 'Regenbogen'

ルイシア・コチレドン「レーゲンボーゲン」(Lewisia cotyledon 'Regenbogen':スベリヒユ科ルイシア属)が咲いています。
「レーゲンボーゲン」は1989年にドイツの Jelitto Perennial Seedsによって作出されたルイシアで、タネを蒔いて1年で咲きました。
原種の場合、2〜3年はかかるのですが、「レーゲンボーゲン」は原種と同じ土壌、肥料状態で育ててみて、大きくなるスピードは変わりませんが、小さいうちに花茎を複数出して、苗として育てていた3cmポットで、ほぼ1年しか立っていないのに咲き出しました。
10cm角ポットに植え替えましたが、さらに花茎を次々と出していき、長く咲きそうです。
なお「レーゲンボーゲン」はドイツ語で、「虹」という意味です。

Cregenbogen1_2


Cregenbogen2_2


Cregenbogen3_2


Cregenbogen6


3cmポットと比較すると、葉がどれぐらいの大きさかわかると思います。この大きさで花茎を出してきました。

Cregenbogen4_2


| | コメント (0)

« 2019年3月15日 (金) | トップページ | 2019年3月21日 (木) »