« 2019年3月16日 (土) | トップページ | 2019年3月22日 (金) »

2019年3月21日 (木)

斑入りのコタチツボスミレ Viola grypoceras var. exilis

昨年に初めて他の植物のポットに出てきているコタチツボスミレ(小立坪菫:Viola grypoceras var. exilis:スミレ科スミレ属)に斑が入っているものを見つけました。

 

 

花がないのにコタチツボスミレと同定したのは、花がない時期なのにタチツボスミレ(立坪菫:Viola grypoceras)に比べて非常に葉が小さかったからです。
ネットではコタチツボスミレに関して、とやかく言われていますが、摩耶山のハイキングコースには、あるところより上の方の至る所にコタチツボスミレが生えており、タチツボスミレとコタチボスミレとは、葉だけで一目で区別できます。逆に花からでは区別できません。
この辺のコタチツボスミレはどちらかというと、ナガバノタチツボスミレ(長葉立坪菫:Viola ovato-oblonga)の葉が長くならない小型種という感じです。
葉に厚みがあり、托葉が細かく切れ込み、それが目立ちます。

 

 

我が家では、以前に拾ってきたものが他のポットで生き延びています。
突然昨年葉に斑が入った個体が何株か現れました。
あまりに突然だったのでウイルスにでも感染しているのではないかと心配しましたが、杞憂でした。
葉の半分以上に斑が入っていたり、葉全体が白化していたり、花期以外にも斑が残っていたりするので、種を維持していく上で不利なような気がしますが、それも余計な心配のようです。

Vgrypocerasexilisv1

Vgrypocerasexilisv3

Vgrypocerasexilisv2_1

Vgrypocerasexilisv4

| | コメント (0)

« 2019年3月16日 (土) | トップページ | 2019年3月22日 (金) »