« 2019年5月27日 (月) | トップページ | 2019年6月 3日 (月) »

2019年5月29日 (水)

花も葉も斑入りのムシトリナデシコ  Silene armeria

斑入りのムシトリナデシコ(虫取り撫子:シレネ・アルメリア・バリエガタ: Silene armeria f. variegataナデシコ科シレネ属)が咲いています。

Silenearmeria9

Silenearmeria11

Silenearmeria13

Silenearmeria12

 

ムシトリナデシコという和名のシレネ・アルメリアは元々はヨーロッパに分布するシレネですが、今日では日本を含む世界中に分布していると言われています。

草丈は30〜60cmで、花序を出すまでは分岐しません。

対生する葉は灰緑色で卵形から広披針形で、基部の葉は茎を抱いてつきます。

上部で分岐して花序ができると、茶色い帯状に粘液を分泌する部分ができます。この帯に虫がつくのでムシトリナデシコという和名がつけられたそうですが、ムシがついているのを見たことはありません。

5月から6月に枝端に鮮紅色の径1cmほどの5弁の花を多数つけます。花は筒部が1cmほどあり、赤い色の萼には縦に縞が入っています。この属の花の特徴として舷部に花弁と同じ色の付属物があります。

一般的にはこのような特徴がありますが、我が家で咲いているムシトリナデシコの中に葉色の明るい苗を見つけました。
よく見ると色が薄いだけではなく明るい緑の斑が入っていました。

花が咲くとこの通り、吹きかけ模様と言ったらいいのでしょうか、鮮紅色と薄桃色に咲き分けていました。咲く前から萼の色が薄かったので、そのような薄い花色だろうと予想できましたが、斑入りになるとは思っていませんでした。

 

| | コメント (0)

« 2019年5月27日 (月) | トップページ | 2019年6月 3日 (月) »