« ベレバリア・クラッサのピンクの莢 Bellevalia crassa | トップページ | ブルーの葱坊主 Allium caeruleum »

2019年5月23日 (木)

チョコレート葉のコリダリス・オフィオカルパ Corydalis ophiocarpa

コリダリス・オフィオカルパ(Corydalis ophiocarpa:ケシ科キケマン属)が咲いています。

コリダリス・オフィオカルパはヒマラヤ東部、チベットから四川省、雲南省までの1000m〜2500mの渓谷や森林、草原に自生する2年草です。
本州、四国の森林や林縁に自生するヤマキケマン(以前の学名はCorydalis japonica あるいは Corydalis makinoana)と同じとされています。

コリダリス・オフィオカルパについて、詳しくはこちらをご覧ください
ヒマラヤ産と日本産の2つに共通しているのは種小名が示す莢の特徴だけです。

ヒマラヤ産と日本産では葉の様子が違っています。今年は冬場のチョコレート色が花の時期まで続いています。
2008年から育てています(本当はこぼれ種で継続しているだけです)が、例年なら灰色がかった緑色です。
花は例年通りですが、今年は莢を含め美しいチョコレート色をしています。
「ブロンズ・ビューティ('BRONZE BEAUTY')」という茶葉の選別園芸種がありますが、どうもそれに変異したのかもしれません。

 

Corydalisophiocarpa13

Corydalisophiocarpa14

Corydalisophiocarpa15

Corydalisophiocarpa16

Corydalisophiocarpa17

Corydalisophiocarpa18

 

 

|

« ベレバリア・クラッサのピンクの莢 Bellevalia crassa | トップページ | ブルーの葱坊主 Allium caeruleum »

コリダリス(Corydalis)(58)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベレバリア・クラッサのピンクの莢 Bellevalia crassa | トップページ | ブルーの葱坊主 Allium caeruleum »