« 2019年5月29日 (水) | トップページ | 2019年6月 4日 (火) »

2019年6月 3日 (月)

ベルバリア・ニバリスの大きな種子  Bellevalia nivalis

ベルバリア(ベレバリア)・ニバリス(Bellevalia nivalis:ユリ科ベルバリア属)の種子が稔りました。

ベルバリア・ニバリスはキプロスからレバノン、シリアにかけての地中海東部沿岸のレバノン(Lebanon)山などの高地(海抜1000〜2000m)に自生する珍しいベルバリアです。
今シーズンの4月23日のブログでお知らせしました。その後1カ月経って果実の大きな莢がはじけて種子ができました。
まん丸の黒い種子の直径は2.0mm近くあります。

詳しくはこちらをご覧下さい

 

Bellevalianivalis13

Bellevalianivalis14

Bellevalianivalis15

 

5月18日の様子

Bellevalianivalis16

 

| | コメント (0)

寝坊のレオポルディア  Leopoldia tenuiflora

5月4日に咲いたのとは別のレオポルディア・テヌイフロラ(Leopoldia tenuiflora:ユリ科レオポルディア属)が咲いています。

花序上部の不稔花がひらく種類ですが、先日のムスカリ・ディオニシクムのような羽根ムスカリに見られる飾り花に比べると貧弱です。
とは言え下の方の薄茶色の花と、上の方の青紫の花色のコントラストは見事です。
暑くなってからで短期間に咲きましたので、その過程をじっくり観察できました。

 

レオポルディア・テヌイフロラについて詳しくはこちらをご覧ください

 

Leopoldiatenuiflora13

Leopoldiatenuiflora14

 

5月24日

Leopoldiatenuiflora15

 

5月20日

Leopoldiatenuiflora16

 

5月15日

Leopoldiatenuiflora17

 

| | コメント (0)

« 2019年5月29日 (水) | トップページ | 2019年6月 4日 (火) »