« ブルドッグのようなタツナミソウ Scutellaria wrightii | トップページ | 斑入り葉のアカンツス  Acanthus 'Whitewater' »

2019年6月11日 (火)

白いアカンサス「ルー・レダン」  Acanthus mollis 'Rue Ledan'

アカンツス・モリス「ルー・レダン」(Acanthus mollis 'Rue Ledan':キツネノマゴ科アカンツス属)が咲いています。

Acanthusreuledan1

Acanthusreuledan2

Acanthusreuledan3

Acanthusreuledan4

 

アカンツス属は地中海沿岸の小アジアからヨーロッパ、北アフリカ、および熱帯アフリカ、熱帯アジアに約50種が知られています。
背丈の低いものは30cmほどですが、高いものは1.5mにもなり、多年草、または小低木です。

アカンツス・モリスはヨーロッパ南部と北アフリカ、西南アジアに分布しています。
大型の植物で、古くから庭園に利用されています。日本へは明治に終わりに渡来したとされ、葉薊(はあざみ)という和名がつけられています。
羽状に深裂し、ツヤのある濃いグリーンの大きな葉は、花が無くても見間違うことはありません。
春から夏にかけて80cmに花茎を伸ばし、穂状花序に大きな花をつけます。
基本種の花は3裂する唇弁がピンクを帯びた白い花で、それを上下から包み込み萼は薄紫色をしています。

さてアカンツス・モリス「ルー・レダン」は、白花種で、唇弁が白、それを包む萼は灰緑色をしています。
Laurence C. Hatchさんの著書によれば1991年フランス・パリのオテル・マティニョン(L'hôtel de Matignon )の庭園(屋敷裏の公園)で発見されたと言われています。

苗を購入してから5年経ち、今年初めて花を見ました。初花ですので花茎が低く50cmほどですが、来年以降は草丈が1mほどになるのではないかと思います。
以前から持っている白い花のアカンツス、アカンツス・モリス・アルブム(Acanthus mollis f. album)と同じものだろうと思いますが、アカンツス・モリス・アルブムより明らかに明るい葉色をしています。
Acanthus mollis 'Jefalbus' やAcanthus mollis 'Jefalba'、Acanthus 'Jardin en Face(顔の庭)'などの名がつけられているようです。

属名アカンツスは「棘」という意味のギリシャ語に由来します。葉や萼、苞に棘が多いからつけられたと言われています。

種小名モリスは「柔らかい、軟毛のある」という意味で、アカンツス属の中では、葉の列片の先がとがっているけれど棘がなく、触っても見た目ほど痛くないからだろうと思います。

 

 

|

« ブルドッグのようなタツナミソウ Scutellaria wrightii | トップページ | 斑入り葉のアカンツス  Acanthus 'Whitewater' »

その他の花 (Flora et cetera) (411)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルドッグのようなタツナミソウ Scutellaria wrightii | トップページ | 斑入り葉のアカンツス  Acanthus 'Whitewater' »