« 背の低いルイラソウ   Ruellia humilis | トップページ | もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum »

2019年7月 2日 (火)

夏前に秋咲きの花が Prospero autamnale

プロスペロ・アウタムナレ(Prospero autamnale:ユリ科(キジカクシ科)プロスペロ属)が咲いています。

 

Prosperoautamnale1

Prosperoautamnale6

Prosperoautamnale2

Prosperoautamnale3

Prosperoautamnale4

Prosperoautamnale5

 

プロスペロ属はイギリスの植物学者サリスベリー(Richard Anthony Salisbury:1761–1829)さんによって立てられ、スキラ属の一部を含んで分類されました。サリスベリーさんの死後、1866年に共同研究者のイギリスの動物学者グレイ(John Edward Gray:1800 –1875)さんによってプロスペロ属という名が初めて公表されました。
その後最近のゲノム分析による分子形態学的分類学的見地から、オーストリアの植物学者で球根植物の分類学を専門とするシュペータ(Franz Speta:1942-)さんたちによって約25種のスキラ属がプロスペロ属に移されました。
プロスペロ属はイングランド南部、地中海沿岸から西アジアまで分布し、花序を包む苞と花序が出る前に出る葉を持たず、秋に開花期があり、花後葉が出て、春には枯れるという特徴を持っています。

さて以前はスキラ・アウタムナリス(Scilla autamnalis)と呼ばれていたこの植物は、1982年にシュペータさんによってプロスレロ属に移されました。
プロスペロ・アウタムナレはイギリス南部、地中海西部沿岸(ポルトガル、モロッコ)、少し飛んで小アジア(トルコ、イラク、コーカサス)などに分布しています
開けた傾斜地や地中海沿岸地域によく見られる常緑低木地帯 、明るい林間、まれに石灰岩の割れ目など自生しています

花茎は高さ10〜20cmで、根出する葉は長さ10cmほどの線形をしています。
一般的には日本のツルボ同様開花時期には葉はなく、秋に花茎が立ち、花が咲いた後、秋の終わりから冬にかけて葉が出てきます。
なお日本のツルボに似ているとは言え、ツルボはバーナーディア属(Barnardia japonica)に分類され、秋だけではなく春にも葉が見られるので近縁ではありません。

花茎の先に総状花序に、蕾は密に付いていますが、ポツポツと開きますので、節間が空き、まばらに花がつきます。
花被片が6枚の花は、径6〜10mmくらいで、淡い紅紫色や白色をしています。雄しべも6本で、青色をしています。

広い地域に離れて分布していますが、単一種として分類されていますが、分布域の広さから実際には別種として分類される可能性を含んでいると考えられています。
ですから同じプロスペロ・アウタムナレでも自生地域の記述が重要になってきます。
この株は写真でもわかるように、花序が出る前に葉があります。まるでムスカリの葉のように出ていましたので、てっきりラベルが入れ替わったと思いました。
このように典型的なプロスペロ属の特徴を持っていません。産地もわかりません。
2014年12月に種子を手に入れ、今年の6月に初めて咲き出しました。初花なので通常でない咲き方をしたのかもしれません。
来年のシーズンに様子見をしようと思います。

最初リンネによって1753年にScilla automnalisと命名されましたが、多くの研究者によって多くの異なる分類がなされ、ここに書き切れないぐらい多くの異学名を持っています。それ程多くの特徴があると言うことですね。

属名の Prospero は詳細は不明です。ラテン語の「prosperus(幸運な)」からきているのか、あるいは「天王星の衛星」の名なのか、あるいはイタリアの医師で植物学者のプロスペロ・アルピーニ(Prospero Alpini:1553 –1617)さんを示しているのか不明です。

|

« 背の低いルイラソウ   Ruellia humilis | トップページ | もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum »

その他の花 (Flora et cetera) (410)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背の低いルイラソウ   Ruellia humilis | トップページ | もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum »