« もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum | トップページ | エサシソウ Verbascum blattaria f. erubescens »

2019年8月 8日 (木)

鉄の草  Vernonia fasciculata

バーノニア・ファスキクラタ(Vernonia fasciculata:キク科バーノニア属)が咲いています。

Vernoniafasciculata1-nxpowerlite-copy

Vernoniafasciculata2-nxpowerlite-copy

Vernoniafasciculata5-nxpowerlite-copy

Vernoniafasciculata3-nxpowerlite-copy

Vernoniafasciculata4-nxpowerlite-copy

 

バーノニア属は日本では九州にヤンバルヒゴタイ(ムラサキムカシヨモギ、ショウジョウハグマなど名前があります)( Vernonia cinere(Cyanthillium cinereum))1種が知られていましたが、ヤンバルヒゴタイは他の属に移されましたので、日本には分布していないことになります。世界には500〜1000種が温帯から熱帯に分布していて、ほとんどがピンクから紫の花をつけます。
花の付け根にかわら重ね状にならぶ総包片(萼のように見えるもの)を持っています。

バーノニア・ファスキクラタはカナダ南中部や米国中部から東部に分布する多年草で、草原や湿原、沼沢地などに自生しています。

茎は50〜100cmに直立して伸び、途中で枝を出すことはなく、茎頂で枝分かれします。 茎は非常に丈夫です。
葉は薄いけれど堅い、長さ10cmほどの鋸歯状縁の狭披針形、狭卵形をしています。

夏の終わりから秋にかけて、茎頂で枝分かれしながら散房花序に頭花をつけます。
赤紫色の花は筒状花で、先で5裂し、花色と同じ色の雄しべと白い雌しべが飛び出しています。それが10数から20輪がまとまってついています。
この種類は、種を稔らせると鉄さび色の綿毛を出すのでアイアンウィード(鉄草:ironweed)といいます。
このバーノニア・ファスキクラタは草原で見かけるのでPrairie ironweedやSmooth ironweedと呼ばれています。

わざわざ種を播かなくても繁殖できる強さを持つもかかわらず、魅力的な花を咲かせます。

一般に湿った土壌では背が高くなりますが、夏前に茎を刈ることによって、背丈を低くすることができます。 現地では、他のベルノニア属の種類と交雑しやすいので種類の同定が難しいようです。

2015年にNAGRGSから、ベロニカと一字違いなので間違えて、種子交換で手に入れました。それからは勝手に実生で生えています。 実生で簡単に増えていくようなので、夏の殺風景な場所にふさわしいかもしれません。 多分油断すると増え過ぎるような気がします。

属名のバーノニアは英国の苔蘚類の植物学者で鱗翅類の昆虫学者でもあった植物採集家のウイリアム・バーノン(William Vernon:1666-1711)さんに因んで、ドイツの博物学者シュレーバー(J.C.D. Schreber:1739–1810 )さんが命名しました。 バーノンさんは1698年に米国メリーランド州に渡り、メリーランド州の植物、動物、化石、貝殻などを採取しています。

種小名はラテン語で「束になった、束生の」という意味で、花など(茎や枝、葉) が集まって、束のように見える状態を指しているのだろうと推測しています 。

|

« もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum | トップページ | エサシソウ Verbascum blattaria f. erubescens »

その他の花 (Flora et cetera) (416)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もじゃもじゃのコウゾリナ  Hieracium villosum | トップページ | エサシソウ Verbascum blattaria f. erubescens »