« 小さなゼフィランサス  Zephyranthes minima | トップページ | 近くで見ると可愛い、ウリクサ  Lindernia crustacea »

2019年9月10日 (火)

小さいアルブカ  Albuca polyphylla

アルブカ・ポリフィラ(Albuca polyphylla:ユリ(キジカクシ)科アルブカ属)が咲きました。

このアルブカ、2018年10月に蒔いた種子から咲いたので、1年足らずで咲いたことになります。播種1年目は葉を出したまま冬眠もしませんので、効率よく太ったのかもしれません。
花を咲かせるためには球根の直径は3〜5cmは必要だと言われています。掘り起こしたところ径1cm長さ2cm程の楕円形をしていました。

Albucapolyphylla2

Albucapolyphylla1

Albucapolyphylla3

Albuca fumilis との茎の比較
左:Albuca polyphylla 右:Albuca fumilis

Albucapolyphylla6

花茎が出だした頃。苞葉が目立っています。

Albucapolyphylla4

蕾がついていることがわかるようになりました。

Albucapolyphylla5

アルブカ・ポリフィラは南アフリカ共和国の東ケープ州や西ケープ州の東部、ドラッケンバーグ山脈の、ある時期だけ湿原になる泥土地などの岩の割れ目や礫の中に自生しています。夏に活動するアルブカです。

球根の頭頂部からから葉を根出し、葉は巻いたり、ねじれたりせず、しなりながら広がります。
葉は無毛でつやがあり、明るい緑色をしています。やや肉厚の幅2〜3mm、長さ5〜8cmの線形で、中心に溝があります。この株はまだ5枚ほどしかありませんが、普通は12~15枚の葉が根出すると言われています。

花茎は円柱状でしっかりしており、高さが15cmほどになります。
夏に葉の中から、披針形の苞葉に包まれて花茎を出します。花は散状花序に上向きに3~5輪が開きます。
花被片は楕円形で白色をしており、竜骨部は緑色をしています。
俯いて咲く種類と違い、内花被は少し開き、中を覗くことができます。花糸は白く、扁平で、花被片から飛び出すことはありません。3枚の内花被には花糸が合着していて、先端がフード状になって葯を隠しています。
内花被にひっついている葯は、離れた葯より小さく白っぽい色をしています。
なお苞葉は相対的に小さくなって花のすぐしたの花茎にくっついています。

 アルブカ・フミリス(Albuca fumilis)に大きさや花の雰囲気がよく似ていますが、葉で区別できます。フミリスの葉は深緑色をし、断面が円形で、松葉のような葉ですが、ポリフィラの葉は多肉っぽい円形で、溝があります。

1872年に英国人で南アフリカに移住した大学教員のマコーワン(Peter MacOwan:1830-1909)さんによって喜望峰の東部地方で採集されたものがキュー王立庭園に送られ、1874年3月に開花し、それを英国の植物学者でキュー王立庭園の植物園の管理者だったベイカー(John Gilbert Baker:1834 –1920) さんが1874年に公表しました。

異学名はオルニトガルム属と考えられていた時の名、オルニトガルム・テレティフォリウム(Ornithogalum teretifolium)です。「磨かれた葉の」という意味で、葉に艶があることを指しています。
種小名ポリフィラは「葉の多い」という意味のラテン語です。

 

 

|

« 小さなゼフィランサス  Zephyranthes minima | トップページ | 近くで見ると可愛い、ウリクサ  Lindernia crustacea »

その他の花 (Flora et cetera) (416)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなゼフィランサス  Zephyranthes minima | トップページ | 近くで見ると可愛い、ウリクサ  Lindernia crustacea »