« 木成りスミレ  Hybanthus communis | トップページ | ペンテリコン山のヘデリフォリウム  Cyclamen hederifolium ssp. Crassifolium »

2019年10月22日 (火)

黄色い昼顔 Ipomoea obscura

イポモエア(イポメア )・オブスクラ(Ipomoea obscura:ヒルガオ科サツマイモ属 )が咲いています。


Ipomoeaobscura

Ipomoeaobscura2

Ipomoeaobscura6 

Ipomoeaobscura4

Ipomoeaobscura5

蒔いた翌日出てきた双葉。
こんな風にしなしなで突然現れます。

Ipomoeaobscura7

Ipomoeaobscura9

 

イポモエア属はヒルガオ科最大の属で亜熱帯から熱帯にかけて400種以上が知られています。
多くは蔓性や匍匐性を持ち、葉は全縁か切れ込みがあります。花は漏斗状か釣鐘状で先で5裂し、葉腋につきます

イポモエア・オブスクラは条件さえ整っておれば多年生、日本では1年生の長さ2〜3mになる蔓植物です。
熱帯アジアをからオーストラリア北部、フィジーにかけての地域が原産地で、草地や薮、人家のそば、明るい森、荒れ地、道路脇など、海岸から海抜1800mまでの山地のいたる所に自生しています。
ハワイやカレドニア諸島では既存植物に対する影響力が危惧されるほど、様々の環境に適応でき、広い地域に帰化しています。

葉は3〜9cmのハート形をしています。葉の縁に沿って褐紫色の細い筋が入り、黄色っぽい葉色を紫の輪郭で引き締めています。
蔓や新葉は薄紫色をし、3mほどまで伸びるそうです。蔓の先の方に花がつきますが、この株は行灯より高く伸びると摘んでいますので、なかなか花が咲きません。

アサガオのように短日性植物かと思い、背の低いままで花を咲かせようと8月になってから種を播きました。しかし秋咲きではあるけれど短日性でもないようなのでもっと早い時期に蒔いた方がよかったようです。
8月末から咲き出して、とにかく花はポツポツとしか開きません。ずっとシャッターチャンスを待っていたのですが、2輪同時咲きが精一杯です

アサガオの種子同様、固い皮に覆われていますのでタネの一部を削って蒔きました。1日水につけて蒔くと蒔いた翌日双葉が出ていました。それも蒔いた数だけ発芽しました。発芽率100%でした。

一般には肌色の花が咲きますが、これはIpomoea obscura 'Ethiopia'という選別種で、Ipomoea obscura var. ethiopiaと変種として記されていることもあります。よくわかりませんが、エチオピア地方の地域変種と言うことでしょうか。  
花は径3cm程の小さい昼顔ですが、アプリコットがかった鮮やかな黄色は魅力的です。また品種によっては喉部が濃紫色の花をつけるものもあるようです。

種子は有毒で、麦角アルカロイドを含み、LSD様の幻覚作用があと言われています。精神的な症状を治療する薬として用いられたようです。そのせいでしょうか、花と若い果実にアリが餌にたかるようによってきます。花はいざ知らず、果実には蜜腺のようなものはないと思うのですが。

 

1763年リンネさんがヒルガオ科セイヨウヒルガオ属、コンボルブルス・オブスクルス(Convolvulus obscurus)という名で最初に公表し、1899年にドイツの植物学者ハリエル(Johannes (Hans) Gottfried Hallier:1868–1932)さんが変種を公表する際にイポマエア属に移しました。
分布域が広いせいか、異学名には Ipomoea demissa,Ipomoea insuavis,Ipomoea incospicua,Ipomoea saltiana などがあります。

属名イポモエアはギリシャ語で、「虫(ips)」と「似る(homoios)」からなり、茎の様子を表していると言われています。
種小名オブスクラは「暗い、浅黒い、黒ずんだ」という意味のラテン語です。何を示しているのか不明です。

|

« 木成りスミレ  Hybanthus communis | トップページ | ペンテリコン山のヘデリフォリウム  Cyclamen hederifolium ssp. Crassifolium »

その他の花 (Flora et cetera) (415)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木成りスミレ  Hybanthus communis | トップページ | ペンテリコン山のヘデリフォリウム  Cyclamen hederifolium ssp. Crassifolium »