« 2019年11月 1日 (金) | トップページ | 2019年11月12日 (火) »

2019年11月11日 (月)

フロックスのようなオキザリス  Oxalis phloxidiflora

オキザリス・フィロキシディフロラ(Oxalis phloxidiflora:カタバミ科カタバミ属)が咲いています。

Ophloxidiflora1

Ophloxidiflora3

Ophloxidiflora2

Ophloxidiflora5

Ophloxidiflora4

 
萼の少し下に目立たないコブがあるのがわかるでしょうか。

Ophloxidiflora6

 

南アフリカ・ケープタウンの北約200 kmにある西ケープ州のオリファンツ(Olifants)川渓谷にあるクランウィリアム(Clanwilliam )の海抜600m付近の草原の斜面に自生しています。

芳香のあるオキザリスで、秋に活動を始めます。葉は3裂し、小葉は二つ折になった線状で、多くのオキザリスのように先には切れ目が入っています。その下面には薄い毛が生えていることもありますが、この株のように全草に非常に短い毛が生えていたり、全く生えていなかったりします。

異学名とされるオキザリス・マルリー(Oxalis mallyi)とは、一番下の写真のように、フィロキシディフロラには小さくて目立たないコブが1〜2個茎にあり、マルリーにはないとして区別されていましたが、今では同じものとして扱われています。
1〜3.5cmの6〜12本の葉柄ががかたまって1本の根生茎についています。
蕾の時は茶色くて目立たない花茎を出し、順番に径2〜3cmほどのピンクの花を数輪、開きます。

花弁は少しバンクして開平しているのでどちらか一方の縁が重なっていて、他のオキザリスのような花弁が均等に見えません。
花の筒部は黄色をしています。

ドイツの植物学者のフリードリッヒ・シュレクター(Friedrich Richard Rudolf Schlechter:1872–1925)さんが1899年に公表しています。同時にオキザリス・マルリーも発表しましたが、上記の通り、わずかな違いがあるだけで、後に同じものとされ、異学名となったいます。
シュレクターさんはアフリカ、インドネシア、オーストラリアなどを調査し、ラン科の植物だけで1000種もの新種を公表し、ランに関する著書があります。

種小名はギリシャ語で「フロックス属(クサキョウチクトウ属)に似た(Phlox」)と「花の(flora)」のようなという意味で、「フロックス属の花のような」オキザリスという意味です。

| | コメント (0)

« 2019年11月 1日 (金) | トップページ | 2019年11月12日 (火) »