« フロックスのようなオキザリス  Oxalis phloxidiflora | トップページ

2019年11月12日 (火)

葉の美しいシクラメン・コンフュスム Cyclamen confusum

シクラメン・コンフュスム(Cyclamen confusum:サクラソウ科シクラメン属)が咲いています。

Cconfusum6_20191112162501

Cconfusum7_20191112162501

Cconfusum8_20191112162501

Cconfusum9_20191112162501

 

コンフュスムは1997年にシクラメン・ヘデリフォリウムの変種として公表されましたが、2002年に亜種に組み替えられましたが、2009年に形態からではなく、ゲノムレベルで基本種のヘデリフォリウムとはDNAの塩基配列が異なるため、クレタ島西部の限られた地域に自生するシクラメンに限り、独立した種と認められました。

シクラメン・コンフュスムは北西クレタのカステリ・キッサモス地区の特にトポリア(Topolia)とポリリニア(Polirinia)周辺の針葉樹と落葉の混交樹林地、時にはオリーブの林、また樹木の茂った峡谷の側面などの日陰に自生しています。
その際ヘデリフォリウムの亜種とされたクレタ島西部以外の個体群は、新しい亜種クラッシフォリウム(Cyclamen hederifolium subsp.crassifolium)として分類されています。

シクラメン・ヘデリフォリウムの変種であったという歴史があるだけに、花はヘデリフォリウムと変わりません。11月までの秋咲きで、濃いピンク色の花を咲かせます。花弁は長さ2~4cm、幅0.7~1.2cmで、花弁の先は尖っているか丸みを帯びています。ヘデリフォリウム以上に、しっかりとあごが張っています。
葉は開花中または開花後に遅れて現れ、長さ7~10cm,幅7~10cmの広いハート型か、しばしば角ばったり角が生えていたりします。ヘデリフォリウムに比べると葉の先の方の葉縁が作る角度がやや開いているとされています。肉厚で、光沢があり、曖昧な斑の入った明るい緑をし、裏面は紫がかっています。
このコンフュスムははっきりとした白い斑が入っています。なかなか美しい葉のコンフュスムです。

種小名コンフュスムは「紛らわしい」、「(特徴が)不明確な」という意味を持つラテン語で、以前から混乱していたことをうかがわせます。

|

« フロックスのようなオキザリス  Oxalis phloxidiflora | トップページ

シクラメン (Cyclamen) (95)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロックスのようなオキザリス  Oxalis phloxidiflora | トップページ