« 小さいビオラ  Viola kitaibeliana | トップページ | エゾエンゴサクより色が濃い Corydalis fumariifolia ssp. fumariifolia »

2020年3月26日 (木)

髪飾り?のコリダリス  Corydalis vittae

コリダリス・ビッタエ(Corydalis vittae:ケシ科キケマン属)が咲いています。

Cvittae7

Cvittae2

Cvittae3

Cvittae9

Cvittae4

Cvittae5

Cvittae6

コリダリス・ビッタエは東ヨーロッパのジョージア(旧グルジア)の標高2200m級の山脈地帯の石灰岩が露頭している草原などに自生しています。

草丈は10〜15cmで、明るい緑の葉は楕円形状に深裂した2回3出複葉です。苞葉は卵形で全縁です。

コリダリス・マルケンシスとよく似た、白い豊満な花で、上弁に続く距は上向きにカーブしています。花の色はわずかに紫色に色ずくこともあるようです。
花序には6〜16輪が密に着きます。蕾の頃は明るい緑色で、次第に距の方から白く変わっていきます。その時の様子が美しい色模様となります。
前面で上下に開く外花弁は前縁が反り返り、薄い緑(黄)の膨らんだ筋があります。花が成熟して白くなると分からなくなりますが、緑色の時には明らかに飛び出していて、目立ちます。

開花時期は遅く、長く咲き続けます。

コーカサス地域の植生を研究したロシアの植物学者アルフレッド・コラコフスキー(Alfred Kolakovski :1906-1997)さんが1946年に公表しています。

種小名ビエッタとはラテン語で「飾りに頭に巻いた髪ひも、リボン」という意味です。 スジや縞を指しているのでしょう。どことは分かりませんが、外花弁の反り返った前縁にある飛び出した筋を指しているのでしょうか。

 

|

« 小さいビオラ  Viola kitaibeliana | トップページ | エゾエンゴサクより色が濃い Corydalis fumariifolia ssp. fumariifolia »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さいビオラ  Viola kitaibeliana | トップページ | エゾエンゴサクより色が濃い Corydalis fumariifolia ssp. fumariifolia »