« 房ムスカリ Muscari tenuiflorum | トップページ | 本当に小さいオーニソガラム Ornithogalum hispidum subsp. bergii »

2020年6月 2日 (火)

スポンジの花 Adlumia fungosa

アドルミア・フンゴサ(Adlumia fungosa:ケシ科アドルミア属)が咲いています。

Adlumiafungosa1

Adlumiafungosa3

Adlumiafungosa2

Adlumiafungosa4

蕾はコリダリスのような形をしています。
Adlumiafungosa6

巻きひげの近くにできた花序をアップしました。
葉と蕾が混在しています。
Adlumiafungosa5

 

アドルミア属は2種だけが知られており、一つは大井 次三郎(1905-1977)さんが命名した朝鮮半島や中国に分布するアドルミア・アジアティカ(Adlumia asiatica)です。
米国に分布するもう一種が、このアドルミア・フンゴサです。最近までディケントラ(Dicentra)属に分類されていたツル性の植物です。

分布する地域は北はカナダ東部のニューブランズウィック州からオンタリオ州やミシガン州まで、南はノースカロライナ州、テネシー州までといわれていますが、主に米国東部のアパラチア山脈の北東部を占めるアレゲニー山脈です。
湿潤で森林の日陰になる斜面に自生する2年生の植物ですが、アレゲニー山脈でも珍しくなっているといわれています。

秋からロゼッタ状に出た葉柄から3〜4回羽状深裂する丸形の葉を広げたまま冬を越し、春になると巻きひげのつく細い茎を伸ばします。葉はやや黄色がかった緑をしています。

5月頃に葉脇から非常に小さな蕾を多数(20〜30個)つけた花序が現れます。集散花序につく花は、白から薄いピンク、紫がかったピンクをしています。長さ10〜15mm、幅3〜7mmの左右対称の壺状で、垂れ下がって咲きます。外花弁は左右に開き、内花弁が少し顔を覗かせます。10月頃まで咲き続けます。

ここではまだ60cmほどですが自生地では3mにも伸びるそうです。

アレゲニー(ペンシルベニア州アレゲニー郡、あるいはアルげニー山脈の)ツル(Allegheny vine )、ツルフマリア(climbing fumitory) 、ヤマフサカガリ(mountain fringe )などと呼ばれています。

属名アドルミアは米国の測量士、裁判官、植物学者のジョン・アドルム(John Adlum:1759–1836)さんに献名されています。アドルムさんはヨーロッパ種のブドウが根付かなかった米国で地場のカタウバブドウ(Catawba grape)を育て、アメリカで最初に国産ワイン醸造に成功した方です。

種小名フンゴサはラテン語で 「穴だらけの、スポンジの」という意味です。花弁の中がスポンジ状になっていることを指しています。スポンジ状といっても、穴が沢山開いたような材質でできているのではなく、花弁の中に白い繊維の詰め物で満たされ、布団のようにふかふかになっています。詰め物の繊維に花糸や葯が引っ付いているようです。

トルコ系フランス人で、若い頃に渡米したコンスタンチン・ラフィネスク(Constantine Samuel Rafinesque:1783-1840)さんが1907年に命名しています。ラフィネスクさんは独学で語学、植物学、動物学などを勉強し、米国先住民がアジアより移動してきたことや、ダーウインさんより早く進化論を唱えました。進化論に関しては、後にダーウインさんが彼からアイデアを借用したことを認めています。しかしラフィネスクさんの先駆的な知見は伝統的研究者から反感を買い、権威主義的学会から嫌われました。ルイスとクラークらの植物探検旅行に参加することを2度もジェファーソン大統領に願い出ましたが拒否されています。

|

« 房ムスカリ Muscari tenuiflorum | トップページ | 本当に小さいオーニソガラム Ornithogalum hispidum subsp. bergii »

コリダリス(Corydalis)(60)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 房ムスカリ Muscari tenuiflorum | トップページ | 本当に小さいオーニソガラム Ornithogalum hispidum subsp. bergii »