2016年7月11日 (月)

存在が「疑わしい」コンソリダ・アンビグア 
Consolida ajacis 'Misty Lavender'

コンソリダ・アヤキス 「ミスティ・ラベンダー」(Consolida ajacis 'Misty Lavender':キンポウゲ科コンソリダ属)が咲きました。


Consolidaajacismistylavender3


Consolidaajacismistylavender1


Consolidaajacismistylavender2


Consolidaajacismistylavender4


コンソリダ属は地中海地方から中央アジアにかけて40〜50種が知られています。
近縁のデルフィニウム(Delphinium)属とは花の構造が少し違っていますが、デルフィニウム属が多年性植物なのに対し、コンソリダ属は一年性です。
この2種は葉の様子にも違いがあり、コンソリダ属は掌状に細かく分かれています。

コンソリダ属は花弁状の萼片は5枚あり、1番上の萼片にはしっぽがあり、その中に距が入っています。
雌しべを包み込むように合着した2枚の(1枚に見える)花びらが本当の花弁です。

コンソリダ・アヤキスは、以前はコンソリダ・アンビグア(Consolida ambigua)とも呼ばれ、ウクライナ、トルコからバルカン半島を経て、イタリア、フランスなどの冷涼な温帯に自生しています。
しかし今日では世界の多くの温帯地方や亜熱帯地方、アフリカ、アジア、オーストラリア、北米に帰化しているといわれています。

茎は無毛かまばらに毛が生えています。直立して高さが60〜90cmになり、時には1mを越えるほどになります。
基部の葉は3裂し、その裂片はさらに細裂して掌状になっています。
上部の葉は多細裂し、線状をしています。

6月から7月ごろ、茎の先の総状花序に、ピンク、サーモンピンク、エンジ、白、紫などの花を咲かせます。
茎の下の方で枝分かれすることは少なく、普通は花序で枝分かれします。

「ミスティ・ラベンダー」は、花色はやや青みがかったピンクで、放射相称に開いた花弁が5枚以上ある八重咲き園芸種です。

正面から見て雄しべがもろに見え、コンソリダに別の花がくっついているように見えます。
他のコンソリダとは雰囲気が違って見えます。
距には勢いがなく、だらしなく巻いています。

日の当たる、適度に肥え、水はけの良い湿り気のある土がお気に入りのようです。
なお種子の発芽には覆土が必要です。

ところでコンソリダ・アヤキスについては我が国の園芸界では以下の誤りが訂正されておらず、私が一番頼りにする園芸植物大辞典(小学館)も1994年出版なので、古い情報となっていて誤っています。
コンソリダ・アヤキスは、1753年にリンネによってデルフィニウム・アヤキス(Delphinium ajacis)と命名されましたが、1853年にコンソリダ属に再分類され、コンソリダ・アヤキスという現在の名になっています。

しかし同じくリンネが1762年に命名したデルフィニュウム・アンビグウム(Delphinium ambiguum)は、デルフィニウム・アヤキスと混同されることが多く、コンソリダ属が立てられた時にデルフィニュウム属であったにもかかわらず無理矢理(というか誤って)コンソリダ属に再分類されました。

したがってコンソリダ・アンビグアという植物は存在しないのにもかかわらず、コンソリダ・アヤキスの異学名としてとして紹介されています。
種小名のアンビグアは「疑わしい」という意味ですが、その通りに、疑わしい名です。

英名は forking larkspur, field larkspur, doubtful knight's spur, rocket larkspur です。

属名はコンソリダは古いラテン名に由来しており、傷薬として使われていたことから血を「固める」という意味で、コンソリダと呼ばれていたようです。
種小名は古代ギリシャ・トロイア戦争の時のサラミスの王アイアース(Aias)に由来します。アイアースはラテン語表記(ローマ神話)ではアヤックス (Ajax)となります。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

長く咲き続けるヒエンソウ 
Consolida regalis 'Blue Cloud'

コンソリダ・レガリス 「ブルークラウド」(Consolida regelais 'Blue Cloud')が咲いています。


Consolidaregalis4


Consolidaregalis6


Consolidaregalis7


Consolidaregalis5


コンソリダ・レガリスは、西はフランスからトルコ、グルジア、シベリア西部にかけて、北はフィンランドやスエーデンまでの広い範囲に分布する、耐寒性一年草あるいは二年草です。
とは言えヨーロッパ中部や南部では見かけることが少なくなっているようです。
海抜1200mまでの乾燥した石灰質の砂土壌地の草原や穀物畑の中や道路際の用水路などの近くに自生しています。

コンソリダは花弁に見えるのは萼で、萼片は5枚あり、1番上の萼片は距を包み込んでいます。
花弁は正面に見える2枚で、後ろに伸びて1本の距に連なっています。

雄しべは多数あって、らせん状に5本にまとまっており、雌しべは1本です。
近縁のデルフィニウム属(Delphinium)は花弁が4枚、雄しべは8本、雌しべは3〜5本あり、この点で区別されています。

コンソリダ・レガリスは茎は30〜60cmで直立し、上部で枝分かれして花をつけます。
葉はコスモスの葉のように細く羽状に裂け、互生します。
根は50cmの深さまで地中に伸び。干ばつに耐えるといわれています。

距は前半部分の2倍ほどの長さで、少し上気味にまっすぐ伸びています。オダマキのようなすらりとした距です。
花の色は紫、ブルー、白、ピンクなどの変化があります。
「ブルークラウド」は1番上の花びら(萼)に濃い色で筋状の模様が入っています。
花色は濃い紫から薄いブルーまでの色合いです。

6月から8月までの長い期間にわたって花をつけます。
なお種子は嫌光性のため、薄く覆土する必要があります。

英名はForking Larkspur, Rocket-larkspur, and Field larkspur です。
属名はコンソリダは、この植物の古いラテン名に由来しています。
種小名レガリスはラテン語で「王様の」という意味です。

| | コメント (0)

2015年5月20日 (水)

黒い瞳のデルフィニウム 
Delphinium 'Black Eyed Angels'

デルフィニウム「ブラック・アイド・エンジェルズ」(Delphinium 'Black Eyed Angels':キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲いています。


Dblackeyedangels1


Dblackeyedangels2


Dblackeyedangels4


Dblackeyedangels3


ニュージーランドのボウズウエル・デルフィニウム(Dowdeswell's Delphiniums)社のテリー・ボウズウエルさんが作出したF1ハイブリッドのデルフィニウムです。

デルフィニウムの花弁は中心部にある何枚かの小さな花びらだけで、後の5枚は全て萼が変化したものです。
八重咲きといいますが、花びらが沢山あるのではなく、萼が多数あるのです。
距に見える後ろに伸びる部分も実は萼で、本当の距はその中に隠れています。

花の中心の飛び出した部分、つまり花弁をビー(Bee)と呼び、「ブラック・アイド・エンジェルズ」はビーが黒い(実際は濃い焦げ茶です)八重の白花のデルフィニウムです。
花が開いて間もないときにはビーはそんなに濃い色ではありませんが、しばらくすると濃い焦げ茶になっていきます。

「ブラック・アイド・エンジェルズ」は高温・高湿に強く、茎も丈夫という特徴があります。
これまで苗を買って育てても、花が咲く前に、茎が折れたり、高温度で枯れてしまったりしたのですが、この「ブラック・アイド・エンジェルズ」はボリュームのある花を咲かせました。
雨にあたって花が寝てしまった時も、茎はしなって、折れていませんでした。

| | コメント (0)

2015年5月16日 (土)

白く輝くデルフィニウム 
Delphinum leucophaeum

デルフィニウム・レウコファエウム(Delphinum leucophaeum:キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲いています。


Delphinumleucophaeum6


Delphinumleucophaeum7


Dleucophaeum2


Dleucophaeum


デルフィニウム・レウコファエウムは球根を持つデルフィニウムで、米国オレゴン州のウイラメット(Willamette)渓谷北部の限られたエリアの他、ワシントン州の1箇所に分布しているそうです。

限られた地域とはいえ、そのは球根を持っている強みでしょうか、適応力はあるようです。
平坦な台地のカシ林の縁、乾いた水路から、日中でも暗い日陰の斜面や玄武岩の切り立った崖、湿った低地の草原など、さまざまの環境で育つようです。

20〜60cmの花茎を立てて、白色からクリーム色の花を6〜30輪、総状花序につけます。
花びら状のものは萼片で、5枚あります。
上萼片は距状になって後ろに伸び、その中に本当の距があります。

花の中心部に小さく飛び出しているのが花弁です。
花弁は見た目には3裂し、上方の花弁が濃いブルーで、下方の2枚の花弁は白色で、白い長い毛が生えています。

園芸種のデルフィニウムは1年草で、短期間で大きな花を咲かせますが、デルフィニウム・レウコファエウムは、球根を太らせなくてはならないからか、花が咲くまでに3年ほどかかります。
球根が充実すれば、春先に小さな葉が出てきて、それがみるみる大きくなり、茎頂に花を咲かせます。

英名は white rock larkspur (白岩オオヒエンソウ)です。
種小名レウコファエウムは白く輝くという意味です。

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

ピンクのコンソリダ・レガリス 
Consolida regalis

先日のコンソリダ・レガリス 「ブルークラウド」とは違う色目のコンソリダ・レガリス(Consolida regalis :キンポウゲ科ヒエンソウ属)が咲きだしました。


Consolidaregalis7_2


Consolidaregalis8


Consolidaregalis9


先日のコンソリダ・レガリスは青紫系の花でしたが、これは優しいピンク系の花を咲かせました。
コンソリダ・レガリスは青紫やピンクや白の花を咲かせますが、私としてはブルー系以外のこの色は初めて見た色です。

背丈は先日のものと同じ大きさで、同じ種子から発芽したものだろうと思います。
スラッとした距を思い切り延ばしています。


| | コメント (0)

2014年6月10日 (火)

すらりとした距のヒエンソウ 
Consolida regalis 'Blue Cloud'

コンソリダ・レガリス 「ブルークラウド」(Consolida regalis 'Blue Cloud':キンポウゲ科ヒエンソウ属)が咲いています。


Consolidaregalis4


Consolidaregalis5


Consolidaregalis6


ヒエンソウ属は約50種が知られていて、多くは地中海から中央アジアにかけて分布しています。
花弁状の萼片は5枚あり1番上の萼片には距を包み込むしっぽがあります。
花の真ん中に1本の距に連なり、雌しべを包み込むように2枚の花弁があります。
雄しべは多数、らせん状に5輪に配する雄しべ、1本の雌しべがあります。
近縁のデルフィニウム(Delphinium)とは4枚の花弁、8輪の雄しべ、3〜5本の雌しべがあるところが異なります。

コンソリダ・レガリスはヨーロッパ原産の耐寒性一年草あるいは二年草で、海抜1200mを越えない所に分布しています。乾いたアルカリ質の砂土壌を好むようです。

茎はよく分枝し、背丈20〜80cmに生長します。
葉はコスモスのような細かく分かれた線状をしています。
苞は線形をしています。

距は前半部分の2倍ほどの長さで、少し上気味にまっすぐ伸びています。オダマキのようなすらりとした距です。
花の色は紫、ブルー、白、ピンクなどの変化がありますが、「ブルークラウド」は濃い紫から薄いブルーまでの色合いです。

タネは7月から9月までの長い期間稔らし、播き続けます。

英名はForking Larkspur, Rocket-larkspur, and Field larkspur です。
属名はコンソリダは古いラテン名に由来しています。
種小名レガリスはラテン語で「王様の」という意味です。

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

ラベンダーのデルフィニウム 
Delphinium requienii

デルフィニウム・レキィーニィ(Delphinium requienii:キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲いています。


Delphiniumrequienii1


Delphiniumrequienii4


Delphiniumrequienii2


Delphiniumrequienii3


デルフィニウム・レキィーニィは1815年に初めて記述された2年草で、地中海沿岸の限られた場所に分布しています。
フランス南部のジアン半島の沖に浮かぶイエール諸島(îles d'Hyères)の他、コルシカ島やサルジニア島に分布しています。

発芽すると、毎日見るのが楽しみなぐらい、ものすごい早さで大きくなっていきます。
地植えであれば背丈は80〜100cmにもなるようです。
私の所では小さなポットなので30cmほどです。

明るい緑色の葉は、厚みがあり、ツヤツヤしています。
葉は若いうちは幅広の掌状ですが、大きくなるとすっきりした水鳥の足状に変わっていきます。
葉には毛が生えていませんが、茎や蕾には密集してはえています。

蕾は総状花序につき、花茎が伸びるにつれ穂状に咲きます。
花は他のデルフィニウムと違った姿で、距は太短く、1番上の花弁はめくれ上がり、普通は横の花弁が暖簾役をしているのですが、その下に雄しべが見えるほど目隠しとして役に立っていません。

初めて見た時はその奇妙さにギョッとしましたが、見慣れるとなかなかのお洒落です。
花の色も、表現しがたい灰色がかったピンク、ラベンダー・ピンク色といえばいいのか、和風の微妙な色合いです。

冬に種まきしてから、その初夏から夏にかけて花が咲くというのは嬉しいことです。日照と水はけという条件さえ揃えばこぼれ種で増えていくそうです。

種小名はレクィーン(Esprit Requien:1788–1851)さんの名に因みます。レクィーンさんはフランス人の博物学者で、貝類や化石の収集家でもあります。イタリア、カタロニア地方やピレネー地方の探検を行っています。フランス・アヴィニョンの自然歴史博物館 Musée Requien は彼の名に因みます。

| | コメント (0)

2014年5月20日 (火)

白く光り輝くラークスパー 
Delphinum leucophaeum

デルフィニウム・レウコファエウム(Delphinum leucophaeum:キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲いています。


Delphinumleucophaeum1


Delphinumleucophaeum2


Delphinumleucophaeum4


Delphinumleucophaeum3


Delphinumleucophaeum5
球根から葉が出てきた頃、2014年2月12日


オオヒエンソウ属は北半球、ヨーロッパ、北アメリカ、アジアに約300種が分布しています。熱帯アフリカの高山地帯にも分布しています。

デルフィニウム・レウコファエウムは球根性の宿根デルフィニウムです。
米国オレゴン州のウイラメット(Willamette)渓谷北部の限られたエリア以外にはワシントン州のルイス郡に1箇所に限定して分布しているそうです。
デルフィニウム・レウコファエウムは海抜40〜150mのかなり平坦な台地から、暗い日陰になる斜面や切り立った崖に至るまで、カシの林縁、乾いた水路、玄武岩の崖、湿った低地の草原など様々の所で見ることができます。

20〜60cmの花茎を立てて、その先に6〜30輪の花を総状花序につけます。
花は白色からクリーム色で、花びらの先の方に緑がかる模様が入っています。
幅2cm、奥行き2cmほどの花びら状のものは萼片で5枚あります。上顎片には距状になって後ろに伸び、その中に本当の距があります。

花の中心部には、少し飛び出した濃いブルーの花弁があります。花弁は園芸的に蜂(bee)とか目(eye)と呼ばれています。
下方の花弁は白色で、白い長い毛が生えています。

苞葉は長楕円形で2枚がペアになってついています。苞葉の大きさは長さ5mm〜2cmぐらいまで、大きさはまちまちです。

葉は鳥の足状で、一番下の写真のように春先は長さ5mmほどの小さな葉ですが、暖かくなるにつれ5cmを越える大きさになります。

園芸的には優れたデルフィニウムだと思いますが、花が咲くまでに時間がかかります。この個体は2010年2月に播いたタネからですので、結構時間がかかっています。

英名は white rock larkspur (白岩オオヒエンソウ)です。
属名は蕾の形からイルカに由来します。
種小名レウコファエウムは「白い(leuco) 」と「白く光り輝く(phaeum←phaios(ギリシャ語))」で白く輝くという意味です。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

園芸デルフィニウムの親 
Delphinium elatum

デルフィニウム・エラツム ( Delphinium elatum :キンポウゲ科デルフィニウム属)が咲きました。

デルフィニウム・エラツムは東はスペインのピレネー山脈から、西は西アジアの乾燥した地域に自生する多年草です。デルフィニウムとしてもっとも古くから栽培され、多くの園芸種の親になっています。

普通は全体が紺碧色ですが、これは色が抜けてしまって紺碧の覆輪になっています。
花の中心部の小さなものが本当の花弁で、この部分に黒っぽい色がついています。

多湿状態が嫌いなようで、息も絶え絶えで長い梅雨に耐えています。


Delphiniumelatum1


Delphiniumelatum2


Delphiniumelatum3


| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

ルリヒエンソウ色いろいろ 
Consolida regalis

ご近所の庭にルリヒエンソウ(瑠璃飛燕草:Consolida regalis:キンポウゲ科ヒエンソウ属)が咲いていました。

一見した感じでは、白、薄紫色、紺色の3種類かなと思いましたが2種のようでした。
ヨーロッパ原産の一年草で、暖地では秋蒔きの二年草として扱われています。
花の構造は花びらに当たる所が萼片で、花の中心部にふたをするようについているものが花弁です。距は一番上の萼片、上萼片の一部ですが、上萼片の中に花弁から伸びた本当の距(蜜を貯めている距)が隠れています。
葉は繊細な線状をしています。


Consolidaregalis1


Consolidaregalis2


Consolidaregalis3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧