2020年6月 3日 (水)

本当に小さいオーニソガラム Ornithogalum hispidum subsp. bergii

オルニトガルム・ヒスピデゥム・バリィ(Ornithogalum hispidum ssp. bergii:キジカクシ科オルニトガルム属)が咲きました。

Ornithogalumhispidumbergii1

Ornithogalumhispidumbergii2

Ornithogalumhispidumbergii3

Ornithogalumhispidumbergii4

どういう訳か、花茎に輪っかができています。
Ornithogalumhispidumbergii5

葉っぱがあってまっすぐに伸びることが出来ませんでした。
Ornithogalumhispidumbergii6

 

基本種のオルニトガルム・ヒスピデゥム(Ornithogalum hispidum ssp. hispidum)は、南アフリカ北ケープ州のナマクアランド(Namaqualand)から西ケープ州中西部のウースター(Worcester)にかけての粘土質の台地や岩石の混じる粘土斜面に自生していますが、亜種のオルニトガルム・ヒスピデゥム・バリィ(Ornithogalum hispidum ssp. bergii) は分布地が異なり、西ケープ州のケープタウン北部ダーリング(Darling)から南部のヘルマナス(Hermanus)までの地域の岩石が露頭する砂地の低山地に分布しています。

非常に矮性というか、全体が小型のオルニトガルムです。
40cmまでの草丈といわれていますが、この株は20cmもありません。

球根は長さ5〜10mmほどのらっきょう漬のような白い半透明の球根です。
種小名の「毛深い、凸凹の」という意味のラテン語の通り、3〜6枚の根生する茶色っぽい黄緑色の葉は、非常に細く白い毛が生え、長楕円形をしています。花茎が上がる頃には葉は萎びてき、開花時には枯れてしまいます。

葉の付け根から花序をつけた緑の花茎が上がってきます。地際に筒状の茎を抱え込む覆いがあります。しばしば斑点があます。
花序に数輪の白い縞の入った蕾がついていることがわかるようになる頃には、花茎は細くて堅い濃茶紫色に変わっています。
この花茎、球根から出た頃、葉に押されたりして輪をつくったり、横の方向に帯びたりします。ポットを動かして、陽の当たる方向が変えたりすると、妙にくねくねと曲がってしまいます。

総状花序につく花は純白の径1〜1.5cmで、花の裏には緑の筋があります。
花は就眠活動をし、朝遅く開き、夕方には閉じてしまいます。

亜種バリィは花糸の下方が翼状になり、種子には密に棘の突起があります。現地での花期は12月〜1月。
亜種ヒスピデュムは花糸が糸状か下方で広がっています。種子の表面は滑らか、イボ状の突起、低密度に棘状突起があり、現地の花期は8月〜10月。 

基本種のオルニトガルム・ヒスピデゥムはコペンハーゲン大学植物園の園長を務めデンマークの植物学者イェンス・ホネマン(Jens Wilken Hornemann:1770-1841)さんが1813年に命名しています。

ドイツの植物学者ディーデリヒ・シュレクテンダール(Diederich Franz Leonhard Schlechtendal:1786-1866)さんが1826年にオルニトガルム・バリィ(Ornithogalum bergii)と命名しました。

この時の種小名バリィはスエーデンの医者で植物学者のパータ・バリ(スエーデンでは山(berg)をバリと発音しますので、名前もそう読むのだろうと思います。英語読みではペーター・ベルグ)(Peter Jonas Berg:1730–1790)さんに因みます。バリさんはリンネさんと共にウプサラで植物学を学んだ方です。

1978年になって南アフリカの植物学者アンナ・マウブ(オーバーメーヤー)(Anna Amelia Mauve (née Obermeyer):1907 – 2001) さんがオルニトガルム・ヒスピデゥムの亜種と再分類しました。
異学名が10を越えるほどあり、混乱があったことをうかがわせます。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

高山のアルブカ Albuca humilis

アルブカ・フミリス(Albuca humilis:キジカクシ科アルブカ属)が咲いています。 アルブカ・フミリスは東ケープ州やクワズール・ナタール州の東部山岳地帯で、海抜2800m以上の草原やガレ場などに自生する矮性のアルブカです。

アルブカ・フミリスについて詳しくはこちらをご覧ください。

Albucahumilis5

Albucahumilis7

Albucahumilis6

Albucahumilis8

Albucahumilis9

 

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

砂漠のシシリンチュウム  Sisyrinchium halophilum

シシリンキウム・ハロフィルム(Sisyrinchium halophilum:アヤメ科シシリンキウム属)が咲いています。

シシリンキウム・ハロフィルムはネバダ州やカリフォルニア州東部の標高1100〜2600mの砂漠の乾燥台地に分布しています。
今回花の中を覗いてみて、新しい発見がありました。先が2裂する雌しべを3本の黄色い葯がしっかりと取り囲んでいます。
これだけ雄しべと雌しべが近いと、確実に受粉するわけですね。
花糸は根元で合着して、そこに腺毛が生えています。何の役に立つんでしょうかね。

シシリンキウム・ハロフィルムについて詳しくはこちらをご覧ください。

Sisyrinchiumhalophilum5

Sisyrinchiumhalophilum6

花被の裏側や果実には白い細かい腺毛が生えています。
Sisyrinchiumhalophilum8

もうすぐ完熟という時期になると腺毛は落ちています。
Sisyrinchiumhalophilum7

 

 

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

高山のネギ Allium cyathophorum var. farreri

アリウム・キアトフォルム(Allium cyathophorum:キジカクシ科ネギ属)が一茎だけ咲きました。

Acyathophorum1

Acyathophorum3

Acyathophorum2

Acyathophorum4

Acyathophorum5

アリウム・キアトフォルムは中国甘粛省南東部、青海省北部、四川省西部、雲南省北西部の海抜2700〜4600mの高山に分布しています。草原や瓦礫地の斜面や岩の割れ目に自生する多年草です。

球根は繊維状の被膜に包まれた円錐状で、1球だけか、華奢な地上部に似合わない太くて長い根の、上下にわたってぶら下がってついています。
葉は春先、松葉のような円柱状ですが晩春になると、翼が出てきて、稜のある葉に変わってきます。幅5mmまでの線形で、今のところ花茎よりも葉のほうが長く、長さ10〜15cmあります。

花の時期は6〜8月といわれていますが、この株は5月に入って、その松葉のような花茎の先が少し赤くなってきました。早く咲いたためか次の花が咲いてきません。
そうすると赤い部分は膨らんで、仏炎苞に包まれた花序に変わっていきます。
仏炎苞は白色をしていますが、それが破れると、中から赤紫色から濃い紫色の花が3〜15輪俯いて出てきます。この株は初花だったためか3輪しかついていません。
花は上向きになることは無く、垂れたまま順番に開いていきますが、鐘形以上には開きません。
花被片は内側と外側にあって、それぞれ3深裂しており、外側の花被片は内側より少し長く、花被片の先は尖っています。

アリウム・キアトフォルムには以下の変種が知られています。

変種キアトフォルム(Allium cyathophorum var. cyathophorum)は自生する場所が海抜3000〜4600mの岩場にやや遅く咲き、花糸は独立しています。花披の頂点は鈍頭で、わずかにへこんでいます。内側の花糸の基部は肩形をしています。
フランスの植物学者ルイ・ビューロー ( Louis Édouard Bureau:1830–1918) さんとアドリアン・フランシェ( Adrien René Franchet :1834–1900) が1891年に命名しています。

変種ファーラーリ(Allium cyathophorum var. farreri)は海抜2700〜3600mのやや低い山地の草原に自生し、やや早く咲くようです。花披は頂部が尖り、内側の花糸は三角形で、基部が輪状に合着しています。甘粛省南東部から四川省北西部に分布します。
イギリスの植物学者ウィリアム・スターン( William Thomas Stearn:1911–2001)さんが1930年(スターンさん19歳の時です!)にアリウム・ファーラーリ(Allium farreri)と命名し、1955年になってスターンさん自身がアリウム・キアトフォルムの変種に変更しています。スターンさんは独学で植物学を学び、18歳で植物学に関する最初の論文を書いています。晩年はロンドン・リンネ協会の会長を務めていました。私はこの方の「Botanical Latin: History, Grammar, Syntax, Terminology and Vocabulary」2004年版を使ってこのブログを書いています。

上から2枚目の写真から判断するに、花弁の先や花糸の基部からアリウム・キアトフォルム・ファーラーリだと判断できます。

種小名キアトフォルムはギリシャ語に由来し、cyathus が「柄杓、枡」、 phor(os)が「 載せた」を意味します。何を示しているのかわかりませんが、花の様子を示しているのだろうと推測してしまいます。
変種名ファーラーリは英国の旅行家で植物コレクターのレジナルド・ファーラー(Reginald John Farrer:1880–1920)さんに由来します。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

黄色いシシリンチューム  Sisyrinchium californicum

シシリンキウム・カリフォルニクム(Sisyrinchium californicum:アヤメ科シシリンキウム属)が咲いています。

カナダのブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州中部までの北米西海岸を南北に分布する多年草です。河の岸辺や薮や、湿原のような湿った環境に自生しています。

シシリンキウム・カリフォルニクムについて詳しくはこちらをご覧ください。

Sisyrinchiumcalifornicum

Sisyrinchiumcalifornicum5

確かではありませんが、しぼむ直前になると花弁に筋が
入ります。
Sisyrinchiumcalifornicum_20200521153601

アヤメ科の特徴で、葉から蕾が出てきます。
Sisyrinchiumcalifornicum7

 

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

地べたを這うベルフラワー  Edraianthus graminifolius

エドライアンツス ・グラミニフォリウス(Edraianthus graminifolius:キキョウ科エドライアンツス属)が咲いています。

Edoraianthusgraminifolius1

Edoraianthusgraminifolius2

Edoraianthusgraminifolius4

Edoraianthusgraminifolius5

Edoraianthusgraminifolius6

 

エドライアンツス属はイタリヤやギリシャを含むバルカン半島の山岳地帯、ヨーロッパ東部に分布する10種類ほどを含む小さな属で、ワーレンベルギア(Wahlenbergia)に近縁の常緑多年草です。

エドライアンツス ・グラミニフォリウスはヨーロッパ東部の山岳地帯の斜面の岩の隙間などに自生しています。

根際から赤紫色の茎を四方に伸ばし、匍匐枝ながら広がっていきます。

濃い緑の葉は細長い線形で、輪生しています。葉柄を持たない葉身は長さ3〜5cm、あるかないかわからないほどゆるーい鋸歯があり、葉縁に毛が生えています。

葉柄がなければ茎を「抱く」と表現されることが普通ですが、グラミニフォリウスは茎と同じくらいの幅の細い葉なので、抱くというより単子葉植物のようにジグザグに生えています。それが葉の形からの連想とで種小名になっているのでしょう。

花の無い時は高さ3cmまでで高くなろうという気は微塵もないようです。夏の初め、茎頂の葉数が増え、膨らみ出します。そこから膨らみが増しながら、やや上方に立ち上がっていきます。

散房花序にクリーム色の蕾が現れ、蕾の頂点から青紫色が蕾全体に広がり、鐘形の花を開きます。

水はけの良い石灰質土壌の日陰のないところに自生しているのか、夏場も遮光の必要がありませんでした。暑さに強い植物です。

一般名は Blue grassy bells, Balkan blue grassy bells です。

古くから知られていた割には30を越える異学名を持っています。

属名エドライアンツスはギリシャ語由来の hedraios (座る)とanthos (花) の複合語で、地面に座るようにして花が咲く特徴を指しているものと思われます。

種小名グラミニフォリウスはラテン語で、gramineusは「草の」、foliusは「葉、花弁」という意味で、草の葉という意味です。

リンネさんが1753年にキキョウの仲間としてCampanula graminifoliaと命名しましたが、1839年にオーギュスタン・ドゥ・カンドール(Augustin Pyramus de Candolle :1778–1841)さんがエドライアンツス属に再分類しました。カンドールさんはダーウィンの自然選択説に影響を与え、厳しい環境のもとでは異なる種が類似の性質を発達させるアナロジー(類比)現象を公にしました。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

ピンクのネギ Allium roseum

アリウム・ロセウム(Allium roseum:キジカクシ科ネギ属)が咲いています。

 

 Alliumroseum1

Alliumroseum4

赤い色をした珠芽です。ツヤツヤしてきれいです。
Alliumroseum7  

Alliumroseum2

 膜質の仏炎苞には細い赤い筋が入っています。
Alliumroseum5

Alliumroseum6

 

アリウム・ロセウムは西はポルトガルやモロッコから東はトルコ、パレスチナまの地中海沿岸の日当たりの良い草原に自生する多年草です。
草丈は20~40㎝で、葉は細いニラ(Allium tuberosum )の葉形をしていますが、若い時にはU字形に巻いています。温度が上がるとニラのような平らな葉になります。
4~6月ごろに花茎を上げ、茎頂に散形花序をつけ、径6~8mmの白色から、わずかにピンクがかる花を多数つけます。
この株はピンクが薄く、日なたではほとんど白に見えます。

花序の中心、花茎のてっぺんには赤い色のついた蕾のようなもの見えます。文献を調べても何の説明もありません。
取って半分に切ってみましたが、中は均一の多肉組織で、花の構造をしておらず、蕾ではありませんでした。
どうも珠芽(しゅが)と呼ばれる花が変化した零余子 (むかご)のようです 。
撮った写真を確認すると、仏炎苞ごしに珠芽が見えます。初めはてっぺんの尖ったところだけに濃い紅色がついていますが、仏炎苞から出てきてしばらくすると全体がツルツルの赤タマネギ形になります。

古くから野菜、香辛料として用いられていて、料理以外に薬効が見られるので民間薬として扱われてきました。

一般名はバラのニンニク(rosy garlic)です。
種小名のロセウムは「バラ色の」というラテン語で、リンネさんが1753年に公表しています。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

2種のアキス・トリコフィラ  Acis trichophylla

アキス・トリコフィラ(Acis trichophylla:ヒガンバナ科アキス属)が咲きました。
ピンクがかったアキス・トリコフィラ・プルプラスケンスも咲いています。品種名は紫がかったという意味ですが、花弁の部分にピンクが入っています。

アキス・トリコフィラについて詳しくはこちらをご覧ください。

Acistrichophylla16

Acistrichophylla17

Acistrichophylla18

Acistrichophyllap1

Acistrichophyllap3

Acistrichophyllap2

Acistrichophyllap4

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

エレガントなアカバナ  Clarkia unguiculata

クラーキア・ウンギィクラタ(Clarkia unguiculata:アカバナ科クラーキア属)が咲いています。

咲いた花から上はだらしなく垂れています。
Clarkiaunguiculata1_20200509174201

Clarkiaunguiculata2_20200509174201 

雄蘂の付け根に爪状の付属物があります。花によってはなかっ
たり、数が少なかったり、8枚が輪状についていたりします。
Clarkiaunguiculata7

Clarkiaunguiculata3

Clarkiaunguiculata4

瓢箪型、いや雪だるま型の双葉です。
Clarkiaunguiculata6

基部の葉はこのように濃赤茶色がついています。
Clarkiaunguiculata5

 

クラーキア属はほとんどが北アメリカ西部に分布し、かってゴデティア(Godetia)属に含まれていた植物を含め、多くが1年生植物で、約40種が知られています。
1792年に領土となったロッキー山脈までの土地の植物を調査せよという米国のトマス・ジェファーソン大統領の命令によって、ルイスとクラーク(Meriwether Lewis & William Clark)を隊長とする植物調査隊が編成され、1804年5月4日にセント・ルイスから西の奥地に向けて出発し、150種からの植物を収集しました。その内のルイス隊長に因む植物がルイシア属であり、クラーク隊長(1770-1838)の名は、その時発見されたクラーキア・プルケラ(Clarkia pulchella)に献名されてクラーキア属となっています。

クラーキア・ウンギィクラタはカリフォルニア州固有種で、大西洋沿岸やシエラネバダ山脈山麓部の海抜700〜1200mの林間に自生する1年草です。

双葉は瓢箪型をし、中心部に赤い筋が入っているので、見慣れると他の植物と間違うことはありません。葉は微毛のために灰色がかった緑色で、基部は葉柄のある端が尖った楕円形の葉が互生し、双葉の時からの主脈に赤い筋が入るという特徴は一貫しています。この株に場合は、少しして、アカバナ科の名前の由来になっているように葉が真っ赤に染まりました。その後気温が上がるにつれ、背丈が伸び、細長い葉が増えると赤い葉は落ちてしまいました。

赤い茎は非常に短い毛が生えていて、細いにもかかわらず堅く、花の時期まではほとんど枝分かれすることなく直立します。
下の方は堅いのですが茎頂は軟らかく、茎頂を垂らしながら伸びていきます。また茎下部の葉脇から枝が出てきます。
茎は上部を垂らしながら蕾をつけ、蕾の一つが充実してくると、そこまでは茎は堅くなります。
蕾は初めは茎頂に散房花序状に咲くのかと思わせますが、下の蕾を置き去りにして節間を延ばし、気がつくと総状花序に蕾をつけています。
多くの花を支えることのできるじょうぶな茎をしています。

花はピンク色から赤紫色の径2.5cmほどの大きさで、花弁はサルスベリ(Lagerstroemia indica)の花弁のような、基部の細い逆三角形か菱形をして、赤紫色の斑点がついています。
花は園芸化されたものに比べると小輪です。
花弁と同じ長さの萼は、花が平開すると付け根から後ろに反り返りますが、萼の付け根にも鮮やかなピンク色がついています。
花糸は8本あり、赤い葯がついています。雌しべは跳び出し、先が3裂して垂れています。

種小名ウンギィクラタはラテン語のunguiculus(ウンギィクルス、「指や足の爪」)に由来し、「指や足の爪のある」という意味で、花糸の付け根の内側に輪状につく爪状の付属物を指しています。

イギリスの植物学者、園芸家、蘭研究家のジョン・リンドリー( John Lindley:1799–1865)さんが1834年に命名しています。リンドリーさんは、スポンサーの商人ウィリアム・キャトレー(William Cattley)さんに、ランの種名カトレヤ(Cattleya)と献名した人です。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

上向きに咲くアルブカ Albuca longipes

アルブカ・ロンギペス(Albuca longipes)が咲きました。

Albucalongipes1

Albucalongipes2

Albucalongipes3

Albucalongipes4

Albucalongipes5

 

アルブカ・ロンギペスは北ケープ州の北西の隅のリヒターズベルド(Richtersveld)、南アフリカ中部のカルー西部(Western Karoo)、ケープ半島から東ケープ州ウィローモア(Willowmore)にかけての乾燥したシルト質壌土地や粘土質土壌地に自生します。自生地は冬に雨の多い地域です。

クルクル巻かない線形あるいは中央が凹む長さ20cm程度の葉を球根から2〜6本が冬の間ずっと出ています。
春になり温度が上がり出すと、葉が黄色く枯れ、同時に花茎を高さ15〜30cmにあげ、散房花序に径2〜3cmの緑の筋のあるクリーム色の花被片の花を上向きに開きます。

外花被片の緑はやや暗い、茶が混ざったような落ち着いた色です。
それに対して閉じた内花被片は明るい緑色をしています。その先端は鮮やかな黄色い色がついています。
俯きに花をつけることの多いアルブカにあっては上向きに花をつけます。
マンニングさんたち(J.C.Manning & Goldblatt )はDNA解析に基づいて2003年にオルニトガルム属にしようと考えたようで、彼らはオルニトガルム・ロンギペス( Ornithogalum longipes)と命名しましたがまだ公認されておらず、異学名とされています。

外花被は完全に平開することはないようで、午前中に緩く開いたまま、夕方になると閉じてしまいます。また内花披も上部の裂け目を少し開くだけです。

種小名はラテン語の「長い茎の」という意味です。

キューガーデンに長く努めたイギリスの植物学者のジョン・ベイカー(John Gilbert Baker:1834-1920)さんが1903年に公表しています。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧