2018年6月 7日 (木)

忌まわしい可愛い植物 
Pinellia ternata

ムラサキハンゲ (紫半夏:Pinellia ternata f. atropurpurea:サトイモ科カラスビシャク属)が咲きました。


Pinelliaternata1


Pinelliaternata2


Pinelliaternata3


Pinelliaternata4


Pinelliaternata5


ムラサキハンゲはカラスビシャク(烏柄杓:Pinellia ternata:サトイモ科)の苞の内側が暗紫色になる花が咲く品種を呼びます。

カラスビシャクは日本では北海道から九州まで広く分布し、山地の道端や畑地に自生する多年草です。
日本以外では中国、朝鮮にも分布し、中国から帰化した史前帰化植物と考えられています。

図鑑には普通に見かけると書かれていますが、この周辺では見かけたことがありません。田舎(すいません、差別用語です)じゃ普通かもしれませんが町中では珍しいと思います。

地下に径5〜10mmの丸い球根を持ち、1・2枚の葉を出します。葉は長楕円形の小葉3枚で構成されていますが。球根が小さいうちは卵状楕円形1枚であったり、付け根付近で裂けた形をしています。
葉は明るい緑で、薄く、全縁です。

6月頃葉よりも高く、20〜30cmに茎が伸びてきて、先に肉穂花序が出現します。
6cmほどの仏焔包葉は下半分が巻いて筒状になっています。
肉穂花序の下半分に卵形の雌花を多数付いていて、そこから先は鞭状の付属物となって仏焔包葉から飛び出しています。
この鞭状の付属物はウラシマソウとよく似ており、釣り竿のようです。
鞭状付属物が仏焔包葉に隠れている部分に、黄色い無柄の葯だけの雄花が多数巻きついています。

さらにすごいのは花を咲かせる頃になると、葉の付け根や茎の付け根にムカゴを作り、栄養繁殖で増えていくことです。
このムカゴ、親株についているときから葉を出してきます。

種子と球根とムカゴで増えますから、畑地に侵入すると駆除が困難で、嫌われています。

北アメリカでは、侵略的外来種としてされていて、Pacific Bulb Societyの当該記事では
「カラスビシャクは根絶困難な雑草であると後になって分かる忌まわしい可愛い植物の一つだ。この提案を見たなら、キュートな仕草にクラッときても、自制心を失ってはならない。この植物はひょろとしたちびウラシマソウを想像させ、そのちびウラシマソウがあなたの庭にぴったりだと思わせてしまう。あなたが気づいた時にはこの植物はいたる所に姿を見せるようになるのだ。この植物のキュートな仕草の写真を表示すと、こころが折れて育てるかもしれないので、私を責めないように、標本のような写真を掲示する。客観的に見ても、北米太平洋側州では決して好ましい植物ではない。」
と説明されています。
私の所では3年前に1ポットに確認しただけでしたが、今年は至る所で見かけます。すぐに捨てようと思います。

異学名はPinellia tuberifera
英名はmousetail(鼠の尻尾)です。
和名のカラスビシャクは仏焔包葉をカラスのひしゃく(柄杓)に例えたもので、ムラサキハンゲのハンゲとは7月の始め(7月2日ころ)を指す半夏生(半夏生)の略語、半夏のことだと思われます。
属名ピネリアはイタリアの人文学者の植物学者、ガレリオの学問の先生ピネリ(Gian Vincenzo Pinelli:1535-1601)さんに因みます。
種小名テルナタは「3つの、3枚の」というラテン語に由来し、葉の数を指しています。
品種名アトロプルプレアは仏焔包葉が「紫色」であることに由来します。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

山のカラマツソウ 
Thalictrum clavatum

タリクツルム・クラバツム(Thalictrum clavatum:キンポウゲ科カラマツソウ属)が咲きました。


Thalictrumclavatum1_2


Thalictrumclavatum2

萼が付いていません。


Thalictrumclavatum3


Thalictrumclavatum4

花が開いたばかりで萼が付いています。


カラマツソウ(唐松草)属は南アメリカや南アフリカに分布する少数を除けば、北半球に約100種が知られています。
日本には約15種が分布し、いずれも多年草です。

タリクツルム・クラバツムは米国ジョージア州や南・北カロライナ州からケンタッキー州にかけての米国南東部に分布しています。
アパラチア山脈などの海抜500mまでの山や麓の湿り気のある林内、崖、浸食された斜面、小川のほとりに分布しています。
現地ではMountain meadowrue(山のカラマツソウ)と呼ばれています。

全草無毛で、草丈は20cmほどです。
カラマツソウの仲間は1mほどに育つものが多いので矮性の種類と言えます。

花の時期になると20〜50cmの高さに何度か枝分かれしながら花茎を立てます。花茎にも葉はついています。
私の所のタリクツルム・クラバツムは、今のところ25cmほどです。

根生葉は2〜3回3出複葉で、花茎には3枚の小葉がつき、小葉裂片は倒卵形をしたアジアンタムのような可愛い葉です。
葉は明るい〜濃い緑色ですが、葉裏は灰緑色をしています。

花は茎頂に円錐花序か、ゆるやかな散房花序に少数つきます。
俯いて現れる蕾は白い萼に包まれて、萼が割れて多数の雄しべと雌しべが菊の花のように現れます。
華奢で長い小花梗には非常に小さな苞葉がついています。

花には花弁がなく、開ききる前に萼片を落とし、雄しべと雌しべだけになります。
花糸は白色で、先が広くなる扁平な棍棒状をしています。
葯は白緑色で、花糸と葯を併せると4〜6mmになり、直径1cmほどの球状に開いて、白い房飾りのようになります。
花と見えているものには花弁も萼もないのですね。

大きさ、優しい葉、自己主張しない花など山野草としては好ましい属性を持っています。

属名タリクツルムは古代ギリシアの医者、薬理学者、植物学者のディオスコリデス(Dioscorides:40年頃-90年)がつけたこの属の植物の古名thaliktronに因むといわれています。

種小名クラバツムはラテン語で「棍棒状の」という意味で、花糸を指しているものと思われます。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

緋色のラペイロージア 
Lapeirousia silenoides

ラペイロージア(ラペイロウジア)・シレノイデス(Lapeirousia silenoides:アヤメ科ラペイロージア属)が咲いています。


Lapeirousiasilenoides1


Lapeirousiasilenoides4


Lapeirousiasilenoides2


Lapeirousiasilenoides3


ラペイロージア属はナイジェリアやエチオピアから南アフリカ・南西ケープ州にかけてのサハラ・アフリカに約40種が知られています。
球根は底が平らで鐘形や円錐形をし、表面が木質あるいは繊維質をしており、一目でラペイロージア属の球根であることがわかります。
葉は中肋があるものが多く、裏表の区別のない等面葉で、湾曲してついています。
花披の並びは左右対称か放射相称で、咽部が非常に長いものがあります。
花の色は青、紫、赤、ピンク、白をしており、下方の3花弁あるいは全ての花弁に異なる色の模様が入っています。
時に甘い香りがするものがあります。

ラペイロージア・シレノイデスは南アフリカのナマクランド(Namaqualand)の花崗岩礫や真砂(花崗岩砂)、花崗岩が露頭している割れ目に咲いています。

葉は灰緑色で、冬中ずっと地上にありますが、寒さ(霜)に当てると枯れてしまいます。

日差しが強くなり、暖かい日が続く3月頃から花が咲き始めます。
花径1cmほどの小さな花は長い咽部を持ち、互散花序に一輪づつ、ジグザグに咲いていきます。
咽部はクリーム色をしていますが、左右対称に開く花披は鮮やかなマゼンタ色をしています。
下3枚の花弁には白〜クリーム色の模様がついていて目立ちます。

英名はSpringbok(南アフリカ産のガゼルの一種) painted petalsです。

属名は啓蒙時代のフランス人地理学者のラ・ペイローズ( Jean-François de La Pérouse:1741-1788)さんに因みます。彼は植物学以外に天文学 、 数学 、 地質学 、 鉱物学に業績を残しています。

種小名シレノイデスはラテン語で「シレネ属に似た」という意味です。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

背高のっぽのニワゼキショウ 
Sisyrinchium sp.

オオニワゼキショウ(大庭石菖:Sisyrinchium sp.:アヤメ科シシリンチュウム属)が咲いています。
種を蒔いたわけではなく、空いたポットに勝手に生えてきました。
とはいえこの近所でオオニワゼキショウを見たことがないので、どうして生えてきたのか不思議です。


Sisyrinchiumgraminoides1


Sisyrinchiumgraminoides3


Sisyrinchiumgraminoides2


Sisyrinchiumgraminoides4


シシリンチュウム(ニワゼキショウ)の仲間は多くが北アメリカ原産で、一部は中南米大陸産です。
亜種や変種の分類がきちんとできていないためか、シシリンチュウム属に属する種の数は70種とも、100種とも、150種ともいわれています。
オオニワゼキショウの学名はシシリンチュウム・イリディフォリウム・ラクサム(Sisyrinchium iridifolium var. laxum)とされています。
シシリンチュウム・イリディフォリウムは1年草なので、我が家のオオニワゼキショウは少なくとも2年草(秋から生えていて冬を越したので)、あるいは多年草の可能性があり、シシリンチュウム・イリディフォリウムではない可能性があります。

背丈がニワゼキショウより大きいのでこの名があります。
草丈は15〜30cmになります。
葉のように扁平な花茎で、葉と花茎の区別は、花茎には節があります。そこから互散花序(交互に花を付ける)を作っていきます。
花茎は始めは葉と同じ背丈ですが、花を付けるたびに伸びていき、30〜50cmになります。

ニワゼキショウとよく似た淡青紫色の花は、直径1cmより小さく、並べて比べずとも明らかに小さく感じます。
背丈と花の大きさのバランスの悪さは否めません。
花が小さくとも、同時に沢山咲けばそうでもないのでしょうが、一茎に一輪だけですから、ポツポツと咲いているようにしか見えないので、余計にバランスの悪さを感じます。

花被片の先は細く尖っていて、幅が狭く、小さいのが内花被片で、幅があり大きい外花被片と区別できます。
午前中に咲いて、午後には枯れてしまう1日花で、そのためか完全に平開している花を見かけないことが多いようです。
果実はニワゼキショウより一回り大きく、直径約5mmの球形をしています。

英名はblue-eyed grassesです。
属名シシリンチュウムは古代ギリシアの「植物学の祖」と呼ばれたテオフラストス(テオプラストス:紀元前371年–紀元前287年)がMoraea sisyrinchium(Iris sisyrinchium)につけた名が、この属の名に転用されたと言われています。
なおギリシャ語のsys(豚)とrhynchos(鼻)に由来するという説もあります。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

高山のグンバイナズナ 
Thlaspi Kurdicum

タラスピ・クルディクム(Thlaspi Kurdicum:アブラナ科グンバイナズナ属)が咲きました。


Thlaspikurdicum1


Thlaspikurdicum2


Thlaspikurdicum5

このように最初の枝には花序ができません。


Thlaspikurdicum4

果実はまさにグンバイです。


タラスピ・クルディクムはスコットランドの植物学者ヘッジ(Ian Charleson Hedge:1928-)さんによって1961年に公表されています。
種小名のクルディクムは「クルド人の居住地の」という意味で、自生地を表し、トルコ東部のタウルス(Taurus)山脈に連なるアートス(Artos)山などの海抜2600〜3600mの山岳地帯を示しています。
高山の尾根の石灰岩の傾斜地の割れ目に自生しています。

タラスピ・クルディクムには根生葉があったかどうか記憶がありません。
茎は地面を這わないで、冬の寒い時から小さい葉を付けた5cmほど茎を直立させていました。

茎上葉は長さ3〜5mmで、多肉植物のように厚みがあり全縁の楕円形をしています。
多肉植物のように思えるのは、植物体全体に毛がないからだろうと思います。
灰緑色をしていますが、寒い時期はピンクがかっていました。
見るからに寒さに耐えられる葉です。

判断に困るほど非常に短い葉柄があり、葉は茎を抱きません。
地面に近いところは落葉し、葉が付いていた後が残っています。
最初に出た茎には花がつかないようで、その茎の基部から2〜3本に分枝し、その枝の先端に花序ができます。
花の時期になっても葉は陽に向って開くことはなく、茎に添っています。

草丈は葉だけの時は7〜8cmで、花序が果実を付けながら上へ伸びていくので最終的には背が高くなります。
それでも15cmは超えないでしょう。

花はアブラナ科だと分かる白い花弁2枚が対になった4枚で構成されています。
長さ1mmほどの花弁には、赤紅色のY字型の筋とそれを囲むように筋が入っており、遠目にはピンクに見えます。

果実は幅5mmほどの茶色の広卵形をしいます。始めは緑ですが、周辺から茶色に変色していき、最終的には茶色の莢になります。

過去には同じく小さなタラスピが咲いたことがあります。

なおタラスピの英名はpennycressです。
属名タラスピはギリシャ語起源の「押しつぶす(thlaein)」に由来し、平たい果実を指しています。

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

鮮やかな紅紫色のゴウダソウ 
Lunaria annua 'Kermesina'

ゴウダソウ「ケルメシナ」(合田草:Lunaria annua 'Kermesina':アブラナ科ルナリア属)が咲きました。


Lunariakermesina1


Lunariakermesina2


Lunariakermesina3


Lunariakermesina4

寒いときの葉


Lunariakermesina5

今の葉


ゴウダソウはバルカン半島から小アジアにかけて自生する耐寒性の1年草あるいは2年草で、今では世界中に帰化しているようです。

背丈は30〜60cmほど、暖地になるほど背は低く、早い時期から咲き始めます。
葉は逆ハート型をし、下部の葉には葉柄がありますが、上部の葉は茎を抱きます。
葉縁には大きな鋸歯があり、茎に交互につきます(互生葉序)。

紅紫色の花は総状花序にかたまってつきます。園芸種には白花もあります。
「ケルメシナ」は特に花の色が濃く、鮮やかな紅紫色で、萼も紅紫色をしています。
葉色にも特徴があって、普通は濃緑色ですが「ケルメシナ」は灰緑色をしています。
最も寒い2月頃には葉縁が濃い紫に染まります。「ケルメシナ」の特徴なのか、この株だけなのか分かりません。

花後子房が薄く拡がり、極端に薄い円形をした莢が出来ます。莢の中には艶のある半透明の隔膜があり、それに張り付いて4個から6個、これまた薄い種子が稔ります。

種は9月過ぎに播くと冬前に発芽します。そして冬の寒さもものとせず育ち、4月になって花茎を立てて、花を咲かせます。

英名のhonestyは、16世紀頃に英国で知られるようになってから呼ばれるようになった名で、種子を包む膜が透き通っていることに因んでつけられたようです。
丸い果実の形から東南アジアではコインプラント、米国ではsilver dollarsやChinese money、Chinese coinsと呼ばれています。
和名もそれを訳したギンセンソウ(銀扇草)やギンカソウ(銀貨草)です。

ヨーロッパでは、イエスをユダヤ人に売り渡したイスカリオテのユダが代価として受け取った銀貨30枚からの連想させる名がついているようです。

日本帰化植物図鑑(長田武正著)によると、ゴウダソウという名前は、明治のころにヨーロッパから種子を導入した東京美術学校の合田清さんが命名したということです。

属名のルナリアはラテン語の月(luna)に由来し、薄くて丸い果実の形を示しています。
種小名アンヌアは「一年性の」という意味です。

品種名のケルメシナはトルコ語で「市場」という意味ですが、園芸的には赤い花につけられていますので、「赤い」という意味で使われているようです。

同じような稔り方をする多年草のルナリア・レディビバ(Lunaria rediviva)がありますが、全くと言っていいほど見かけません。

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

高山のニワゼキショウ 
 Sisyrinchium halophilum

シシリンチウム・ハロフィルム(Sisyrinchium halophilum:アヤメ科シシリンチウム属)が咲きました。


Sisyrinchiumhalophilum1


Sisyrinchiumhalophilum2


Sisyrinchiumhalophilum3


Sisyrinchiumhalophilum4


シシリンチウムはニワゼキショウ(庭石菖:Sisyrinchium rosulatum)を指します。
ニワゼキショウは公園の芝生の中に咲いているものだと思っていましたが、このニワゼキショウは高山に咲いています。

この種子は、NARGSの種子交換で手に入れましたが、ネバダ州 (Nevada)のワショー(Washoe)郡ワショーレーク(WashoeLake)の海抜1219mの山地で採取されたもののようです。

シシリンチウム・ハロフィルムはネバダ州グレートベースン(Great Basin)やカリフォルニア州東部のモハーヴェ砂漠( Mojave Desert)の海抜1100〜2600 mの乾燥地帯ではよく見かける花だそうで、牧草地、泉などに、時にはアルカリ質の湿地で生育します。

シシリンチウム・ハロフィルムは根茎を持ち、草丈は10〜30cmほどの高さに叢生します。
剣状の「表(おもて)面」が無い単面葉で、葉縁や表面はツルツルで、毛も生えていません。

直径2cmほどの6枚の青紫色の花を1輪咲かせ、散った後苞葉から次の蕾が出てきます。
幅が狭いのが内花被で、長さも外花被より短いことで区別されています。

花被片の基部はひとつにまとまり、鮮やかな黄色をしています。花被片は完全に平開しないようです。
花被片の先は尖っているか切れ込みが入ります。
ニワゼキショウ同様、花被片には濃い紫の筋が入りますが、裏側は緑がかった薄青で筋は入りません。

一番下の写真は果実と蕾が一緒に写っていますが、果実はこの様な直径5mmほどの球形をした蒴果です。

英名はNevada blue-eyed grass
異学名はSisyrinchium leptocaulon

属名のシシリンチュムは近縁のアヤメ(アイリス)のある種の古代ギリシャ名に由来するそうです。

種小名ハロフィルムの指すものはなにかよく分かりません。
ラテン語ならば、haloは「後輪の、環状の、色の付いた円の」という意味で、philumは「繊維状の」「祖先の」という意味だと思いますが、どの様な特徴を指すのか分かりません。

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

斑入りクチナシの実
Gardenia jasminoides variegata

何年も花を咲かせなかった斑入りクチナシ(梔子,巵子,支子:Gardenia jasminoides variegata:アカネ科クチナシ属)が我が家にはあります。


Gardeniajasminoides6


Gardeniajasminoides7


Gardeniajasminoides8


花を咲かせるために肥料を工夫したり、逆にやらなかったりしましたが、全く変りありませんでした。
このクチナシの土壌は水はけのよい野草向きの土壌で、さらに地面から30cm以上高くなっています。
それがいけなかったようで、葉も少ししかつけませんでした。

3年前にクチナシは「水を含みやすい肥沃土壌を好む」という性質を知り、夏から秋にかけて、毎日たっぷり水をやっていました。

一昨年やっと1輪咲き、昨年は数輪、今年も10輪ほど花をつけました。
6月頃の白と緑の斑入り葉ではなく、秋を過ぎる頃には落ち着いた緑とクリーム色の組み合わせになってきます。
私はこの色合いが一番美しいと思います。

そして先日、その斑入り葉の中に赤い実が付いていることに気がつきました。
一段と美しい風景を構成しています。

果実はオレンジ色で、その先に6枚の萼片が最終的な姿に変化し、引き延ばされて針状に付いています。
果実にははっきりとした稜が縦に走っています。

クチナシ属は1750年頃に中国から英国に紹介されたと言われています。
主に熱帯に約250種が分布し、このクチナシはベトナム、ミャンマー、インド、中国南部、台湾、日本に分布しています。
日本では静岡県以西、四国、九州、南西諸島の森林に自生しています。

和名のクチナシは果実が熟しても裂開しないことからつけられたという説や、蛇を意味するクチナワの梨(ヘビしか食べない梨)をつける木に由来するという説があります。

英名はcape jasmineやcape jessamineですが、南アフリカの喜望峰原産と信じられていたからです。

属名のガーデニアは英国生まれで、米国サウス・カロライナ、チャールストンに住んだ医師で植物学者のガーデン(Alexander Garden:1730–1791)さんに因みます。ガーデンさんはさまざまなモクレンやクチナシの発見に関係しました。
種小名ジャスミノイデスは「ジャスミンのような」という意味です。

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

細葉のアキス 
Acis trichophylla

アキス・トリコフィラ(Acis trichophylla: ヒガンバナ科)が咲いています。


Acistrichophylla7


Acistrichophylla8


Acistrichophylla9


Acistrichophylla10


アキス属は英国の植物学者ソールズベリー(Richard Anthony Salisbury:1761–1829)さんによって、1809年にスノーフレークで知られるリューコジュウム(レウコユム,Leucojum)属から分割された属です。
1880年代になり、再びリューコジュウム属にまとめられましたが、2004年に葉に幅があり、花被片に緑の模様があるリューコジュウム属の特徴を持つ2種を残して、そうではない9種がアキス属へ再分類されました。

アキス・トリコフィラはスペイン、ポルトガル、ジブラルタル海峡を隔てて対岸のモロッコなどに分布しています。
高地には自生せず、海岸の松林の砂地で見られます。

種小名トリコフィラは、「糸状(tricho)の葉の(phylla)」という意味で、5〜20cmの松葉のように細い葉が球根から数本出て、渦巻くように地面を這い回っています。
花茎は渦巻いている葉とは関係ないようなところから、潜水艦が潜望鏡を上げるように、地面から突き出てきます。
10cm〜25cmの花茎を立て、長さ1cmほどの白色かピンクの2〜4個の釣り鐘型の花をつけます。

夏の乾燥に耐え、休眠中の湿気にも平気なのでほったらかしでいいのですが、この株は2014年に咲いたきり、葉ばかり茂らせていて、今年3年ぶりに咲きました。
その間分球して、今年は花茎が4本立っています。

英名はspring bell(春の鐘)、lusitanica bell(ルシタニア(イベリア半島の古名)の鐘)です。

アキスという属名についてソールズベリーさんはその由来を、ローマの詩人オウィディウス(Publius Ovidius Naso)の「メタモルフォセス(変身物語)」に因むとしか説明しなかったそうです。
メタモルフォセスに登場する、海の妖精ガラテアと恋に落ちた川の妖精ニュンペーの息子、青年アーキスに由来するのだろうということは分かるのですが、アーキスがこの植物とどのような関係にあるのか分かりません。

| | コメント (5)

2017年5月 3日 (水)

バランサさんのオーニソガラム 
Ornithogalum balansae

オルニトガルム・バランサエ(Ornithogalum balansae:ユリ科オルニトガルム属)が咲きました。


Ornithogalumbalansae1


Ornithogalumbalansae2


Ornithogalumbalansae3


Ornithogalumbalansae4


ヨーロッパや、西アジア、南アフリカに分布しています。
1753年にリンネが12種をまとめてオルニソガルム属に分類しました。
その特徴は、線形か披針形の葉は球根から出現する1枚から数枚で、常緑であったり、花の時期には枯れているものもあります。
時には多肉の葉を持つものもあり、多岐にわたっています。

オルニトガルム属はヒアキンタ亜科(Hyacinthaceae)に含まれ、スキラ(シラー,Scilla)属と近縁ですが、スキラ属のように花被片が合着して鐘状にはなりません。

しかしユーラシア大陸のオルニトガルム属だけでなく、南アフリカで調査が進むにつれ、分類上の混乱が生じているのか属する種類も50〜300種あるといわれています。
オルニトガルム属にアルブカ(Albuca)属,ディプカディ(Dipcadi)属,ガルトニア(Galtonia)属,ネオパテルソニア(Neopatersonia)属,プセウドガルトニア(Pseudogaltonia)属を含めようという意見もあります。

パシフィック・バルブ・ソサエティ(Pacific Bulb Society)のサイトには、2009年のマンニングら(Manning,J.C. et al)の考えを参照して、以下のように分類できると説明されています。

アルブカ群
ディプカディ・プセウドガルトニア群
ガルトニア・ネオパテルソニアを含むオルニトガルム群

アルブカ群は花披の外側に真ん中に目立つ緑か茶色の縦に走る筋があり、中心線に沿って3-5本の葉脈が集まっています。
オルニトガルム群はあったとしても葉脈のない細いかぼんやりした暗い筋が花被片にあります。
この分類基準に従うと、これまでオルニトガルム群に含まれると考えられていた種類がアルブカ群に属していることになります。

さてオルニソガルム・バランサエはバルカン半島、グルジア、トルコの山地の草原に自生します。

早春に球根から2〜3枚、幅広の披針形の葉を出します。

矮性種で、15cmまでの高さに、2.5cmほどの白い花を総状花序に数個の花をつけます。
花被片の裏側の中央には明るい緑色の筋が走っています。

オルニソガルムというと結構背丈がありますが、これは地を這うように花を広げます。

フランスの植物学者バランサ(Gaspard Joseph Benedict Balansa:1825–1891)さんに因む名です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧