2019年4月18日 (木)

ピンクのアキス Acis trichophylla ssp. purpurscense

アキス・トリコフィラの紫花品種のアキス(Acis trichophylla f. purpurscense)が咲いています。

紫の派手はなく、実際は白にピンクがかった色の花です。

スペイン、ポルトガル、ジブラルタル海峡を隔てて対岸のモロッコなどの地中海西部海岸の松林の砂地なだで見られます。
5〜20cmの松葉のように細い葉が球根から3〜数本出て、渦巻くように地面を這い回っています。
花茎は渦巻いている葉とは関係ないようなところから、潜水艦が潜望鏡を上げるように、花茎を15〜30cm伸ばして花を2〜3輪つけます。

詳しくはこちらからどうぞ

 

Acistrichophylla11_2

Acistrichophylla12_2

 

Acistrichophylla13_2

 

Acistrichophylla14_2

 

Acistrichophylla15_2

Acistrichophylla10_2

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

黄色のバビアナ Babiana pygmaea

バビアナ・ピグマエア(Babiana pygmaea:アヤメ科バビアナ属)が咲いています。
クロックス(クロッカス)属と同じように、球根から直接蕾が出てきて花を咲かせます。


詳しくはこちらをご覧ください

 

Babianapigmaea12_1

Babianapigmaea15

Babianapigmaea13

Babianapigmaea14

 

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

この寒い時期に咲いたシラー 
Scilla armena

寒さの底に入りかけの時期に咲いたスキラ・アルメナ(Scilla armena:ユリ科スキラ属)です。

12月中旬に葉が出てきて、12月28日には一番下の写真のように、葉に包まれたまま、花が開きました。
しかし葉から出ることはなく枯れてしまいましたが、果実が実りました。

葉の中を覗くと次の花が見たので、そのままにしていたら、次の花が短い小花梗を伸ばして、このような可愛い花がなんとか咲きました。

スキラ・アルメナについてはこちらのページをご覧下さい。


Scillaarmena1


Scillaarmena2


2019年1月26日の様子

Scillaarmena3


2019年1月19日
次の花が出てきました。

Scillaarmena4


2019年1月5日
花はそのまま果実になってしまいました。
葉の中には次の花が色づいています。

Scillaarmena5


2018年12月28日の様子
どのような花か想像がつきません。

Scillaarmena6

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

枯れつつ咲くタマアジサイ 
Hydrangea involucrata var. multiplex

ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花:Hydrangea involucrata var. multiplex:ユキノシタ科アジサイ属)が枯れつつも花を開いています。


Hydrangeamultiplex15


Hydrangeamultiplex17


Hydrangeamultiplex16


Hydrangeamultiplex18


タマアジサイは花序の初めが球形になるアジサイということで名づけられたそうです。
牧野新植物図鑑には本州北部と四国に分布とありますが、園芸植物大辞典には福島県から岐阜県にかけての本州中部と伊豆七島に分布しているとあります。
タマアジサイは他の種類のアジサイに比べ遅く咲き始め、7月~9月に開花します。

ヨウラクタマアジサイはタマアジサイの変異種で、東大教授で、小石川植物園長を務めた中井猛之進(1882 - 1952)さんによって昭和23年に伊豆大島で発見されました。
タマアジサイにはこれ以外に、花の特徴からギョクダンカ(玉段花)やココノエタマアジサイ、シロバナタマアジサイ、テマリタマアジサイが知られています。

タマアジサイは、花弁のように見えるガクが発達した白い装飾花と青紫をした両性花が、普通のアジサイのように額咲き(額のように平たく)に咲きます。

ところがヨウラクタマアジサイには両性花がなく、全て装飾花で、筒状に多数の萼片がつきます。
何重にも積み上がって塔咲き(段咲き)になり、それが仏教具の瓔珞という名につながっています。

そして白い花(萼片)が一斉に開くのではなく、根元から先へと、順に咲いて伸びていきます。
そういう訳でこの時期でも新しい花が見られるのです。

さらにヨウラクタマアジサイは玉が一斉に開花するのではなく、一つが球状に大きくなり、蕾の塊が現れます。
それが開いた頃に、次の蕾の塊が大きくなり、次に開くというようにして、長い間花を見ることができます。

夏の暑い頃は、新しく咲いた花(額)も茶色い色をしていて、咲いているのか、枯れているのかわからない状態です。
秋の気配が濃くなってくると、白からピンクの花らしい花(額)が見られるようになりました。

種小名のインボルクラタは、「総苞のある」のという意味で、蕾を様子を示しています。
変種名のムルチプレクスは「幾重にも重なる、多くのひだを持った」という意味です。

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

また咲いたスエーデンのムシトリナデシコ 
Silene suecica

7月頃に咲いていたシレネ・スエシカ(Silene suecica:ナデシコ科)が、9月後半にまた咲き出しました。

シレネ・スエシカはアルプスの赤ムシトリナデシコ(Red Alpine catchfly:ナデシコ科シレネ(マンテマ)属)と呼ばれています。


Silenesuecica1

これは7月に咲いたシレネ・スエシカ


Silenesuecica2


Silenesuecica3


Silenesuecica4


Silenesuecica5

これが花茎が枯れてしまった後に、また咲き出しましたシレネ・スエシカです。花の大きさは半分ぐらい。
先日の台風で傷んでしまいました。

シレネ・スエシカは、ノルウエーやスエーデンの山岳地帯が元々の自生地ですが、その生息範囲は広く、ヨーロッパアルプスやピレネー山脈のみならずグリーンランドや北米でも目にすることができます。
ただ北米のものは亜種として区別するという考えがあります。
いずれも石灰岩地の草原、河川のほとりや海岸の崖の瓦礫地に咲いています。

シレネ・スエシカは宿根草で、茎は直立し、花が無いときは背丈は15cmまでですが、花の時期は30cmを越えます。
青緑色の葉は滑らかで、全縁で、細めの披針形をしています。
葉は対生し、基部は茎を抱くようにつきます。
シレネ属は茎上部のに帯状に粘液を分泌することが多いですが、シレネ・スエシカはありません。

6月頃から夏にかけて、枝の先が枝分かれし、その先に集散状に5〜20輪つけます。
直径0.8〜1.5cmの花弁の先に刻みのある5弁の濃紅色の花です。
雄しべは10本、雌しべは5本あります。
萼は薄い緑色で紫色の筋が入っています。長さ約20mmの5裂する筒状をしています。

花が開平部(舷部)と筒状(爪部)の境目(喉部)に副花冠のような付属物が細い花弁のように飛び出しています。
花には香りがあります。

よく見かけるムシトリナデシコ(Silene armeria)に比べると、こちらは高嶺の花、凛としています。

属名シレネはギリシャ語のsialon(唾液)に由来し、花茎から粘液を出すものが多いことからといわれています。

種小名のスエシカは「スエーデンの」という意味です。

シレネ・スエシカは、はじめにリンネさんがリクニス属(センノウ属)の植物(Lychnis alpina)として1753年に命名しました。
その後グレイ(Asa Gray:1810 –1888)さんがSilene alpina とシレネ属に再分類しました。
しかしロンドンのハックニー植物園(Hackney Botanic Garden)を創設したジョージ・ロッディジーズ(George Loddiges:1786–1846)さんが、その植物を既にLychnis suecicaと1824年に命名していましたのでこちらが正式な名称となりました。
そして1982年になってスイス人の植物学者グロイテル(Greuter & Burdet)さんたちがシレネ属として同定したようです。
シレネ属は300種類が北半球、南アフリカに分布していますが、シレネとリクニスの違いは、基部の子房が3〜5室に分かれているのがシレネ属、子房が1室だけのものをリクニス属として区別します。
似た花で、構造的にわずかな違いですが、形態分類学的には大きな違いなんですね。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

忌まわしい可愛い植物 
Pinellia ternata

ムラサキハンゲ (紫半夏:Pinellia ternata f. atropurpurea:サトイモ科カラスビシャク属)が咲きました。


Pinelliaternata1


Pinelliaternata2


Pinelliaternata3


Pinelliaternata4


Pinelliaternata5


ムラサキハンゲはカラスビシャク(烏柄杓:Pinellia ternata:サトイモ科)の苞の内側が暗紫色になる花が咲く品種を呼びます。

カラスビシャクは日本では北海道から九州まで広く分布し、山地の道端や畑地に自生する多年草です。
日本以外では中国、朝鮮にも分布し、中国から帰化した史前帰化植物と考えられています。

図鑑には普通に見かけると書かれていますが、この周辺では見かけたことがありません。田舎(すいません、差別用語です)じゃ普通かもしれませんが町中では珍しいと思います。

地下に径5〜10mmの丸い球根を持ち、1・2枚の葉を出します。葉は長楕円形の小葉3枚で構成されていますが。球根が小さいうちは卵状楕円形1枚であったり、付け根付近で裂けた形をしています。
葉は明るい緑で、薄く、全縁です。

6月頃葉よりも高く、20〜30cmに茎が伸びてきて、先に肉穂花序が出現します。
6cmほどの仏焔包葉は下半分が巻いて筒状になっています。
肉穂花序の下半分に卵形の雌花を多数付いていて、そこから先は鞭状の付属物となって仏焔包葉から飛び出しています。
この鞭状の付属物はウラシマソウとよく似ており、釣り竿のようです。
鞭状付属物が仏焔包葉に隠れている部分に、黄色い無柄の葯だけの雄花が多数巻きついています。

さらにすごいのは花を咲かせる頃になると、葉の付け根や茎の付け根にムカゴを作り、栄養繁殖で増えていくことです。
このムカゴ、親株についているときから葉を出してきます。

種子と球根とムカゴで増えますから、畑地に侵入すると駆除が困難で、嫌われています。

北アメリカでは、侵略的外来種としてされていて、Pacific Bulb Societyの当該記事では
「カラスビシャクは根絶困難な雑草であると後になって分かる忌まわしい可愛い植物の一つだ。この提案を見たなら、キュートな仕草にクラッときても、自制心を失ってはならない。この植物はひょろとしたちびウラシマソウを想像させ、そのちびウラシマソウがあなたの庭にぴったりだと思わせてしまう。あなたが気づいた時にはこの植物はいたる所に姿を見せるようになるのだ。この植物のキュートな仕草の写真を表示すと、こころが折れて育てるかもしれないので、私を責めないように、標本のような写真を掲示する。客観的に見ても、北米太平洋側州では決して好ましい植物ではない。」
と説明されています。
私の所では3年前に1ポットに確認しただけでしたが、今年は至る所で見かけます。すぐに捨てようと思います。

異学名はPinellia tuberifera
英名はmousetail(鼠の尻尾)です。
和名のカラスビシャクは仏焔包葉をカラスのひしゃく(柄杓)に例えたもので、ムラサキハンゲのハンゲとは7月の始め(7月2日ころ)を指す半夏生(半夏生)の略語、半夏のことだと思われます。
属名ピネリアはイタリアの人文学者の植物学者、ガレリオの学問の先生ピネリ(Gian Vincenzo Pinelli:1535-1601)さんに因みます。
種小名テルナタは「3つの、3枚の」というラテン語に由来し、葉の数を指しています。
品種名アトロプルプレアは仏焔包葉が「紫色」であることに由来します。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

山のカラマツソウ 
Thalictrum clavatum

タリクツルム・クラバツム(Thalictrum clavatum:キンポウゲ科カラマツソウ属)が咲きました。


Thalictrumclavatum1_2


Thalictrumclavatum2

萼が付いていません。


Thalictrumclavatum3


Thalictrumclavatum4

花が開いたばかりで萼が付いています。


カラマツソウ(唐松草)属は南アメリカや南アフリカに分布する少数を除けば、北半球に約100種が知られています。
日本には約15種が分布し、いずれも多年草です。

タリクツルム・クラバツムは米国ジョージア州や南・北カロライナ州からケンタッキー州にかけての米国南東部に分布しています。
アパラチア山脈などの海抜500mまでの山や麓の湿り気のある林内、崖、浸食された斜面、小川のほとりに分布しています。
現地ではMountain meadowrue(山のカラマツソウ)と呼ばれています。

全草無毛で、草丈は20cmほどです。
カラマツソウの仲間は1mほどに育つものが多いので矮性の種類と言えます。

花の時期になると20〜50cmの高さに何度か枝分かれしながら花茎を立てます。花茎にも葉はついています。
私の所のタリクツルム・クラバツムは、今のところ25cmほどです。

根生葉は2〜3回3出複葉で、花茎には3枚の小葉がつき、小葉裂片は倒卵形をしたアジアンタムのような可愛い葉です。
葉は明るい〜濃い緑色ですが、葉裏は灰緑色をしています。

花は茎頂に円錐花序か、ゆるやかな散房花序に少数つきます。
俯いて現れる蕾は白い萼に包まれて、萼が割れて多数の雄しべと雌しべが菊の花のように現れます。
華奢で長い小花梗には非常に小さな苞葉がついています。

花には花弁がなく、開ききる前に萼片を落とし、雄しべと雌しべだけになります。
花糸は白色で、先が広くなる扁平な棍棒状をしています。
葯は白緑色で、花糸と葯を併せると4〜6mmになり、直径1cmほどの球状に開いて、白い房飾りのようになります。
花と見えているものには花弁も萼もないのですね。

大きさ、優しい葉、自己主張しない花など山野草としては好ましい属性を持っています。

属名タリクツルムは古代ギリシアの医者、薬理学者、植物学者のディオスコリデス(Dioscorides:40年頃-90年)がつけたこの属の植物の古名thaliktronに因むといわれています。

種小名クラバツムはラテン語で「棍棒状の」という意味で、花糸を指しているものと思われます。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

緋色のラペイロージア 
Lapeirousia silenoides

ラペイロージア(ラペイロウジア)・シレノイデス(Lapeirousia silenoides:アヤメ科ラペイロージア属)が咲いています。


Lapeirousiasilenoides1


Lapeirousiasilenoides4


Lapeirousiasilenoides2


Lapeirousiasilenoides3


ラペイロージア属はナイジェリアやエチオピアから南アフリカ・南西ケープ州にかけてのサハラ・アフリカに約40種が知られています。
球根は底が平らで鐘形や円錐形をし、表面が木質あるいは繊維質をしており、一目でラペイロージア属の球根であることがわかります。
葉は中肋があるものが多く、裏表の区別のない等面葉で、湾曲してついています。
花披の並びは左右対称か放射相称で、咽部が非常に長いものがあります。
花の色は青、紫、赤、ピンク、白をしており、下方の3花弁あるいは全ての花弁に異なる色の模様が入っています。
時に甘い香りがするものがあります。

ラペイロージア・シレノイデスは南アフリカのナマクランド(Namaqualand)の花崗岩礫や真砂(花崗岩砂)、花崗岩が露頭している割れ目に咲いています。

葉は灰緑色で、冬中ずっと地上にありますが、寒さ(霜)に当てると枯れてしまいます。

日差しが強くなり、暖かい日が続く3月頃から花が咲き始めます。
花径1cmほどの小さな花は長い咽部を持ち、互散花序に一輪づつ、ジグザグに咲いていきます。
咽部はクリーム色をしていますが、左右対称に開く花披は鮮やかなマゼンタ色をしています。
下3枚の花弁には白〜クリーム色の模様がついていて目立ちます。

英名はSpringbok(南アフリカ産のガゼルの一種) painted petalsです。

属名は啓蒙時代のフランス人地理学者のラ・ペイローズ( Jean-François de La Pérouse:1741-1788)さんに因みます。彼は植物学以外に天文学 、 数学 、 地質学 、 鉱物学に業績を残しています。

種小名シレノイデスはラテン語で「シレネ属に似た」という意味です。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

背高のっぽのニワゼキショウ 
Sisyrinchium sp.

オオニワゼキショウ(大庭石菖:Sisyrinchium sp.:アヤメ科シシリンチュウム属)が咲いています。
種を蒔いたわけではなく、空いたポットに勝手に生えてきました。
とはいえこの近所でオオニワゼキショウを見たことがないので、どうして生えてきたのか不思議です。


Sisyrinchiumgraminoides1


Sisyrinchiumgraminoides3


Sisyrinchiumgraminoides2


Sisyrinchiumgraminoides4


シシリンチュウム(ニワゼキショウ)の仲間は多くが北アメリカ原産で、一部は中南米大陸産です。
亜種や変種の分類がきちんとできていないためか、シシリンチュウム属に属する種の数は70種とも、100種とも、150種ともいわれています。
オオニワゼキショウの学名はシシリンチュウム・イリディフォリウム・ラクサム(Sisyrinchium iridifolium var. laxum)とされています。
シシリンチュウム・イリディフォリウムは1年草なので、我が家のオオニワゼキショウは少なくとも2年草(秋から生えていて冬を越したので)、あるいは多年草の可能性があり、シシリンチュウム・イリディフォリウムではない可能性があります。

背丈がニワゼキショウより大きいのでこの名があります。
草丈は15〜30cmになります。
葉のように扁平な花茎で、葉と花茎の区別は、花茎には節があります。そこから互散花序(交互に花を付ける)を作っていきます。
花茎は始めは葉と同じ背丈ですが、花を付けるたびに伸びていき、30〜50cmになります。

ニワゼキショウとよく似た淡青紫色の花は、直径1cmより小さく、並べて比べずとも明らかに小さく感じます。
背丈と花の大きさのバランスの悪さは否めません。
花が小さくとも、同時に沢山咲けばそうでもないのでしょうが、一茎に一輪だけですから、ポツポツと咲いているようにしか見えないので、余計にバランスの悪さを感じます。

花被片の先は細く尖っていて、幅が狭く、小さいのが内花被片で、幅があり大きい外花被片と区別できます。
午前中に咲いて、午後には枯れてしまう1日花で、そのためか完全に平開している花を見かけないことが多いようです。
果実はニワゼキショウより一回り大きく、直径約5mmの球形をしています。

英名はblue-eyed grassesです。
属名シシリンチュウムは古代ギリシアの「植物学の祖」と呼ばれたテオフラストス(テオプラストス:紀元前371年–紀元前287年)がMoraea sisyrinchium(Iris sisyrinchium)につけた名が、この属の名に転用されたと言われています。
なおギリシャ語のsys(豚)とrhynchos(鼻)に由来するという説もあります。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

高山のグンバイナズナ <br>Thlaspi kurdicum

タラスピ・クルディクム(Thlaspi kurdicum:アブラナ科グンバイナズナ属)が咲きました。

Thlaspikurdicum1
Thlaspikurdicum2
Thlaspikurdicum5

 

このように最初の枝には花序ができません。

Thlaspikurdicum4

 

果実はまさにグンバイです。

タラスピ・クルディクムはスコットランドの植物学者ヘッジ(Ian Charleson Hedge:1928-)さんによって1961年に公表されています。
種小名のクルディクムは「クルド人の居住地の」という意味で、自生地を表し、トルコ東部のタウルス(Taurus)山脈に連なるアートス(Artos)山などの海抜2600〜3600mの山岳地帯を示しています。
高山の尾根の石灰岩の傾斜地の割れ目に自生しています。

 

タラスピ・クルディクムには根生葉があったかどうか記憶がありません。
茎は地面を這わないで、冬の寒い時から小さい葉を付けた5cmほど茎を直立させていました。

 

茎上葉は長さ3〜5mmで、多肉植物のように厚みがあり全縁の楕円形をしています。
多肉植物のように思えるのは、植物体全体に毛がないからだろうと思います。
灰緑色をしていますが、寒い時期はピンクがかっていました。
見るからに寒さに耐えられる葉です。

 

判断に困るほど非常に短い葉柄があり、葉は茎を抱きません。
地面に近いところは落葉し、葉が付いていた後が残っています。
最初に出た茎には花がつかないようで、その茎の基部から2〜3本に分枝し、その枝の先端に花序ができます。
花の時期になっても葉は陽に向って開くことはなく、茎に添っています。

 

草丈は葉だけの時は7〜8cmで、花序が果実を付けながら上へ伸びていくので最終的には背が高くなります。
それでも15cmは超えないでしょう。

 

花はアブラナ科だと分かる白い花弁2枚が対になった4枚で構成されています。
長さ1mmほどの花弁には、赤紅色のY字型の筋とそれを囲むように筋が入っており、遠目にはピンクに見えます。

 

果実は幅5mmほどの茶色の広卵形をしいます。始めは緑ですが、周辺から茶色に変色していき、最終的には茶色の莢になります。

 

過去には同じく小さなタラスピが咲いたことがあります。

 

なおタラスピの英名はpennycressです。
属名タラスピはギリシャ語起源の「押しつぶす(thlaein)」に由来し、平たい果実を指しています。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧