2020年5月19日 (火)

愛らしいスミレ  Viola tokubuchiana var. takedana

少し前に咲いていたヒナスミレ(Viola tokubuchiana var. takedana:スミレ科スミレ属)です。

Vtabuchianatakedana1_20200519113601

Vtabuchianatakedana2

Vtabuchianatakedana4

Vtabuchianatakedana3

Vtabuchianatakedana5

 

ヒナスミレは北海道南部から九州中部まで分布し、日本以外にも中国遼寧省や朝鮮半島に分布しています。
低い山中の落葉樹林の林床や林際などに自生しています。

草丈は3~8cmで、高くなるというより、花を含め立ち上がるというより、横に広がります。
葉は5cmまでの長卵形から披針形で、葉の厚さが厚いためか、基部が巻き込むことがないため、心形であることが容易にわかります。
葉縁には粗く鋭い鋸歯が入ります。

花は地際で、地面すれすれに咲き、花茎を伸ばそうという気はさらさら無いように見えます。
花は幅1.5〜2cmで、見とれるような淡紅紫色をし、太く少し長めの距にも同じ色が載ります。
唇弁には濃い紅紫色の筋が入ります。側弁に毛がまばらに生えています。

春を感じさせる愛らしいすみれです。


種小名トクブチアナは採集者の徳淵永治郎(1864-1912)さんに由来します。徳淵さんは札幌農学校で用務員を長く続けた後、独学で(旧制)中等学校教員試験に合格し、愛知県の中学校教員、秋田県立農学校、島根県立農林学校で教鞭をとる傍ら植物採集をされた方です。

変種名タケダナは武田久吉(1883-1972)さんに因みます。武田さんは外交官で、1910年にイギリスに留学中にキューガーデンで植物学を学び、その後植物学で理学博士号を取得し、京都大学臨湖実験所講師、北海道大学講師を務めた方です。日本山岳会の創設に係わり、高山植物の研究を行いました。尾瀬の保護に努めたことから「尾瀬の父」と呼ばれています。

ビオラ・トクブチアナ(Viola tokubuchiana)はフジスミレという和名で牧野富太郎さんによって1902年に公表されています。
またヒナスミレは、最初にビオラ・タケダナ(Viola takedana)として牧野富太郎によって命名されましたが、1954年に東大教授の前川 文夫(1908-1984)さんがビオラ・トクブチアナの変種としてビオラ・トクブチアナ・タケダナと組み替えをしています。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

ヒエンソウのような葉っぱ Viola pedatifida

ビオラ・ペダチフィダ(Viola pedatifida:スミレ科スミレ属)が咲いています。

Vpedatifida1

Vpedatifida2

Vpedatifida3

Vpedatifida4

Vpedatifida5

これは昨年咲いたこの株の初花です。
葉が深裂していません。
Vpedatifida6

 

カナダ中西部の州サスカチュワン州から米国オハイオ州、南はオクラホマ州やアーカンソー州にかけて分布しています。黄土地質の大草原や明るい林間に自生する北米固有の多年生の無茎種のスミレです。

草丈は15cmほどで、花後大きくはなりません。

葉は5裂し、さらに細く裂けています。 昨年はあまり切れ込みませんでしたので、ペダチフィダという確信が持てず、ブログにアップしませんでした。
今年葉が出てきた時は、勝手に生えたヒエンソウ(Consolida ajacis)かと思いました。一般名にラークスパー・バイオレット( larkspur violet)というのがあるのも納得です。

花は薄い青紫色をしています。唇弁の根元は白くなり、濃い紫の筋が入っています。
側弁の基部には長い毛が生えています。
距は太くて短い球状で、薄紫色をしています。
葉質も硬くなく薄い葉質です。
夏に休眠する傾向があり、夏過ぎに休眠から醒めるとまた咲くこともあるようです。

昨年そうか病に犯され、夏に休眠して、消えてしまいました。春になって再び咲き出しましたが、その時からそうか病にやられてました。
そうか病とは根や葉、果実の表面にイボ状やかさぶた状の病斑をつくる病気です。
周囲のスミレにも少しは影響が出ていますが、気温が上がるにつれ治っており、このスミレが特別に脆弱なようです。
スミレ愛好家は抜いて捨てるそうですが、未練たらしく咲かせています。

そうか病のせいなのか、花弁は反り返って、まるでイナバウアーをしているようです。
スミレの側弁の毛は見えにくいものもありますが、これはまるで鼻の穴からはみ出た「オヤジの鼻毛」です。 湿度が高く水はけの良い相反する環境が好きなようです。高温の土地では日陰を好みます。

種小名ペダチフィダは「鳥の足のように細裂した」という意味です。

1831年にスコットランドの植物学者、植物採取家ジョージ・ドン(George Don:1798–1856)さんによって命名されています。彼はチェルシー植物園で働いている時に王立園芸協会(RHS)からブラジルや西インド諸島、西アフリカのシエラレオネに派遣され、多くの植物採集を行いました。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

クローゼンさんのスミレ  Viola clauseniana

ビオラ・クローゼニアナ(Viola clauseniana:スミレ科スミレ属)が咲いています。

Vclauseniana7 

Vclauseniana8

Vclauseniana1

Vclauseniana2_20200504171601

Vclauseniana4

Vclauseniana5

Vclauseniana6

 

ビオラ・クローゼニアナは米国ユタ州ワシントン郡ザイオン国立公園(Zion National Park)のザイオン渓谷とコロブ(Kolob)渓谷に挟まれた南東側の砂岩の崖の凹み、水がしみ出して茂みを作っているような所、水が湧き出している所など、海抜1300〜2200mの日陰の湿った場所に自生する絶滅が危惧される多年生のスミレです。

丈夫な木質の根茎を持ち、草丈は周囲の環境によるといわれています(茂みの中では背が高く、なにもないところでは低い)が、高くなることはありません。
葉は長さ3〜15cmの葉柄を持ち、2〜10枚が根生します。
浅い切れ込みのある卵形から三角形の葉は長さ3〜5cmで、葉身の基部はハート型で巻き込んでいます。
上部の葉はくすんだ濃緑色ですが、基部の葉は、全く毛がなく薄い緑色で光沢があります。

花は4月から6月に咲き、幅2.5 cmまでの花は、開いた時には青みがかった美しい紫色しています。この美しい青紫も、残念なことにしばらくするとかすれてきます。
唇弁の基部は白くなっていて濃い紫の筋が入っています。側弁には全く毛は生えていません。上弁は後ろに反り返り、時間が経つと上弁2枚が重なっています。
距は太短い球状で、薄赤紫色をしています。

花梗は、細い披針形の苞葉がある所までは太くしっかりしていますが、苞葉から先は細く、しかし花を垂らす頃には太さに差がなくなっています。
日なたや半日陰より、日陰の湿った所を好むようです。

種小名はデンマーク生まれの米国人の植物学者で遺伝学者、生態学者のジェンス・クローゼン(デンマーク語読みでは多分イェンス・クラウセン)(Jens Christen Clausen:1891–1969)さんに因みます。クラウゼンさんは植物の 進化過程の学際的な生態学的遺伝学に関する先駆者の一人ととらえられています。

命名者のアメリカの植物学者のミロ・ベイカー(Milo Samuel Baker:1868–1961)さんはカリフォルニアの植物やスミレ属を専門とし、ジェンス・クローゼンさんと協働して植物を採取していたそうです。ビオラ・クローゼニアナをクローゼンさんとともに見つけ、クローゼンさんの名を献名したのではないかと推測しています。

| | コメント (2)

2020年4月21日 (火)

小さなスミレ Viola adunca

ビオラ・アドゥンカ(Viola adunca:スミレ科スミレ属)がポツポツと咲き出しました。

ビオラ・アドゥンカはアラスカや、カナダと米国との国境あたりの海抜1500〜2400mの高地の草原に自生しています。
この時は草丈2cmほど。花盛りの時でさえ草丈が3〜5cmの小さな魅力的なスミレです。

ビオラ・アドゥンカについて、詳しくはこちらをご覧ください。

Vadunca10

Vadunca11

Vadunca12

Vadunca13

Vadunca14

 

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

シハイ?マキノ?  Viola violacea

山(摩耶山)のハイキングコースにシハイスミレ(紫背菫:Viola violacea:スミレ科スミレ属 )が咲いていました。

 
Vviolacea1

Vviolacea3

Vviolacea2

Vviolacea5

Vviolacea4

 

西日本に分布するシハイスミレ(紫背菫:Viola violacea )は本州中部(長野県)以西の西日本の標高1000m以下の山地の赤松林や落葉樹林内に自生しています。見つけたところで周辺を探しましたが、2株だけしか生えていませんでした。

草丈は3~8㎝で、披針形の葉は厚みがあり、毛が一切生えていないので、表面だけではなく裏面にもツヤがあります。葉を斜めから水平に伸ばします。

シハイスミレはシハイは紫背と書き、葉の裏側が紫色をしているからです。しかしこの株は葉の裏面全面が紫色ではなく、薄らとついています。
花色や花の形は変異が多いようです。写真では光って白く写っている花弁もありますが、実際はきれいな赤紫色です。
距は花弁と同じ色で、スマートです。普通はもっと太い距が多いようです。側弁に毛は生えていません。

この株はシハイスミレとその変種のマキノスミレ(牧野菫:Viola violacea)の中間型のような気がします。

種小名は「菫色の」という意味のラテン語で、葉裏の色を指しています。
1891年に牧野富太郎(1862 -1957)さんが命名しています。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

フィリピン・アポ山のスミレ  Viola apoensis

ビオラ・アポエンシス(Viola apoensis:スミレ科スミレ属)が咲いています。

Vapoensis4

Vapoensis1

Vapoensis2

Vapoensis3


フィリピンのミンダナオ島のアポ山(標高2954m)、ルソン島ダタ山(標高2310m)やインドネシア・ニューギニアの山地に自生する南方系の多年草のスミレです。

丸形やスプーン型の明るい緑の葉は緩い鋸歯があり、短毛が粗く生えています。匍匐枝を延ばして広がっていきます。
ツクシスミレ(Viola diffusa)によく似ており、Viola diffusa subsp. apoensisという異学名もあります。ツクシスミレよりやや小さい感じです。
またViola diffusa subsp. tenuis という異学名もあり、ヤマツクシスミレ(Viola tenuis)にも似ています。しかし葉の大きさは一回り小さいサイズで、それ故毛が目立つように思えます

花はツクシスミレやヤマツクシスミレほどピンクがかっておらず、薄い青紫色で、緑がかった白っぽさが残っています。

種小名は採集された地名のフィリピン・アポ山に因みます。
アメリカの植物学者、植物収集家のアドルフ・エルマー(1870-1942)さんが1915年に命名しています。エルマーさんは1904年から1927年にかけてフィリピン、ボルネオ、ニューギニアで広範な植物採集を行い、1500種以上の植物を発表しました。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

木に咲くすみれ  Pombalia communis 

以前はヒバンツス(Hybanthus)属に含まれていたポンバリア・コミニス(Pombalia communis:スミレ科ポンバリア属)が咲いています。

熱帯、亜熱帯のスミレ科植物は約20属あり、多くが木本です。ポンバリア・コミニスはブラジル東部からパラグアイまで広く分布する、1mまでの亜低木です。 ポンバリア・コミニスについて、詳しくはこちらをご覧ください。

 

Hybanthuscommunis10

Hybanthuscommunis9

Hybanthuscommunis11

Hybanthuscommunis12

 

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

小さいビオラ  Viola kitaibeliana

ビオラ・キタイベリアナ(Viola kitaibeliana:スミレ科スミレ属)が咲いています。

ヨーロッパ西部に分布する背丈は5cmほどのさらに小さいビオラです。
9cm角ポットに植えていますが、それと比べていただければ小ささが知れるというものです。


ビオラ・キタイベリアナについて詳しくはこちらをご覧ください。


Vkitaibeliana4

Vkitaibeliana5

Vkitaibeliana6

Vkitaibeliana7

 

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

ビオラ・シーヘアナ  Viola sieheana

ビオラ・シーヘアナ(Viola sieheana:スミレ科スミレ属)が咲きました。

Vsieheana1 

Vsieheana2

Vsieheana3

Vsieheana4

Vsieheana5

ギリシャから東の、東ヨーロッパから西アジアのシリアやイランにかけて分布し、海抜1900mまでの森林、林間の草地、亜高山草原、湿原などに自生しています。

3月から6月にかけて匍匐していた茎から垂直に15cmほどの花茎を出します。
蕾はクリーム色で、花は開いてしばらくすると淡青紫色の変わっていきます。側弁には毛が生えています。
花の大きさはタチツボスミレ(Viola grypoceras )より少し大きく、やや平べったく開きます。距はクリーム色で、縦に割れ目があります。
柱頭にも毛が生えています。

葉は毛がなく、すべすべで心形をしています。葉裏は薄紫色を帯び、裏側の葉脈は紫色をしていることがあります。
托葉は櫛の葉状に切れ込み、目立ちます。
地上茎は這うように横に伸びて広がります。

この種子は日本すみれ研究会から昨年手に入れたアゼルバイジャン(Azerbaijan)由来のものです。採り蒔きしてもその年に発芽せず、次の春に芽を出すといわれていますが、播いた年に発芽しました。

エゾノタチツボスミレ(Viola acuminata)に近縁とされ、似ているところが多いようです。

種小名はドイツ人の植物採集者のボォルター・シーヘ(Walter Siehe)さんに因みます。ビオラ・シーヘアナは、、スミレ(Viola mandshurica)の命名者であるドイツ人植物学者ベッカー(Wilhelm Becker:1874–1928)さんが1902年に命名しています。このスミレの標本をベッカーさんの元に送ったのがシーヘさんであろうと推測されます。シーヘさんは技術者であり実業家で、トルコ南部のキリキア(Cilicia)地方に住み、アダナ山やその近辺地域の植物を採集した方です。

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

木成りスミレ  Hybanthus communis

ポンバリア・コミニス(Pombalia communis:スミレ科ポンビリア属)が咲きました。

Hybanthuscommunis5

Hybanthuscommunis6

Hybanthuscommunis7

Hybanthuscommunis8

以前はヒバンツス(Hybanthus)属に含まれていたポンバリア・コミニスはブラジル東部からパラグアイまで広く分布する亜低木(せいぜい1mほど)で、海抜1500mまでの林縁や明るい林間、道路際などのやや日陰になるような場所に自生しています。

温帯のスミレ科植物は草本が多いですが、熱帯、亜熱帯のスミレ科植物は約20属あり、多くが木本です。

種子を蒔いたのが2019年2月で、木本と理解していたので来年咲くかなと思っていたのですが、1年草のように半年ほどの短期間のうちに咲きました。まだ草丈は10cmほどしかありませんが、上に伸びながら次々蕾をつけています。

葉は先のとがった卵形で、葉縁には粗く小さな鋸歯があります。
茎頂から2〜3枚下の葉柄の付け根から1輪、花弁も萼と同じ緑色の蕾が現れます。

上向きに出ていた緑の花弁は、巻きが緩んで左右に広がると同時に前に垂れ、白色に変わるとそれが唇弁と気がつきます。唇弁は横1cm、縦1.5cmほどで、目立ちます。上部には上向きに上弁か側弁かわからない花弁がちょこっと見えています。

分解すると、上部に隠れていた2枚の花弁が出てきますので、上に出ているのは側弁のようです。
花の中心部に黄色いスポットが入り、その周囲には、本当に薄く紫がかります。

原地では四季咲きだそうです。一日花で、朝早くに咲いて、昼すぎにはしぼんでしまいます。
しぼむ時は唇弁が左右から巻き込んでいきます。

果実はスミレ属とおなじ形の莢に入っていますが、スミレ属のように弾き飛ばすのではなく、莢が3裂した後種子をゆっくりとしぼり出します。

属名ポンバリアはポルトガル王国の政治家ポンバル侯爵(Marquês de Pombal)、正式にはオエイラス伯爵セバスティアン・ジョゼ・デ・カルヴァーリョ・イ・メロ(Sebastião José de Carvalho e Melo:1699-1782)さんに由来しているのだろうと思います。ポルトガルのコインブラ(Coimbra)にポンバル侯爵によって1772年に設立された自然史博物館の中の植物園がコインブラ大学植物園となり、ポルトガルの探検家たちの科学的探究心をくすぐり、世界中の植物が集められました。そのようなことがあって、ある植物にポンバル侯爵の名を属名として献名したようです。

種小名コミュニスは「共通の、ありふれた性質を持つ」という意味で、ラテン語に由来します。

 

中南米系スミレ科植物に関して少し調べてみました。以前の学名のヒバンツス・コミニスは、フランスの植物学者オーギュスタン・サンティレール(Augustin François César Prouvençal de Saint-Hilaire:1799-1853)さんによってイオニディウム・コミニス(Ionidium communis)と命名されました。サンティレールさんは1816年から1822年にかけて、ブラジル南・中部を中心に南米を訪れ多くの動植物の標本を採取しました。特に植物は24,000種も集め、「ブラジル南部の植物('Flora Brasiliae meridionalis' :1825-1832)」にまとめています。

そもそもはリンネの弟子ペール・レーフリング(Pehr Löfling:1729–1756)さんがベネゼラ・オリノコ川流域を探検旅行中に発見した3種のスミレ科植物にカルケオラリア(Calceolaria;「小さな靴」の意)属と名付けたのが始まりです。彼は標本をリンネの元に送ったのですが、その後すぐにベネゼラで病死したので公表できませんでした。
1770年にリンネさんはその名称を「キンチャクソウ(巾着草)」 の学名に用いました。レーフリングさんが採取した3種のスミレは2グループに属し、そのうちの一つはリンネさんがスミレ属と判断し、1763年にビオラ・オポジティフォリア(Viola oppositifolia)と命名しました。それは後にヒバンツス・オポジティフォリアス(Hybanthus oppositifolius)となり、さらにポンバリア属に移されています。

以前の属名のヒバンツスはギリシャ語由来の「反り返る花、猫背の花」という意味で、北アメリカ、メキシコ、西インド諸島を含む中央アメリカ、南アメリカ、アジア、アフリカ、オーストラリアなど、熱帯および亜熱帯地域に広く分布し、100〜115種が知られていました。  
2014年にブラジル人の植物学者でパウラ-ソウザ(Juliana de Paula-Souza)さんはDNA解析による系統発生学見地から9の異なる系統から構成されているヒバンツス属のうち、以前に提唱されていたポンバリア属を立てて、中南米系のスミレ科植物の大部分をポンバリア属に再分類しました。ヒバンツス属は以前は大きな属でしたが、今ではヒバンツス属を含むポンバリア(Pombalia)属、キューベリウム(Cubelium)属、ピゲア(Pigea)属などに分割され、ヒバンツス属はオーストラリアの2・3種を指すだけになっています。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧