2019年10月19日 (土)

木成りスミレ  Hybanthus communis

ポンバリア・コミニス(Pombalia communis:スミレ科ポンビリア属)が咲きました。

Hybanthuscommunis5

Hybanthuscommunis6

Hybanthuscommunis7

Hybanthuscommunis8

以前はヒバンツス(Hybanthus)属に含まれていたポンバリア・コミニスはブラジル東部からパラグアイまで広く分布する亜低木(せいぜい1mほど)で、海抜1500mまでの林縁や明るい林間、道路際などのやや日陰になるような場所に自生しています。

温帯のスミレ科植物は草本が多いですが、熱帯、亜熱帯のスミレ科植物は約20属あり、多くが木本です。

種子を蒔いたのが2019年2月で、木本と理解していたので来年咲くかなと思っていたのですが、1年草のように半年ほどの短期間のうちに咲きました。まだ草丈は10cmほどしかありませんが、上に伸びながら次々蕾をつけています。

葉は先のとがった卵形で、葉縁には粗く小さな鋸歯があります。
茎頂から2〜3枚下の葉柄の付け根から1輪、花弁も萼と同じ緑色の蕾が現れます。

上向きに出ていた緑の花弁は、巻きが緩んで左右に広がると同時に前に垂れ、白色に変わるとそれが唇弁と気がつきます。唇弁は横1cm、縦1.5cmほどで、目立ちます。上部には上向きに上弁か側弁かわからない花弁がちょこっと見えています。

分解すると、上部に隠れていた2枚の花弁が出てきますので、上に出ているのは側弁のようです。
花の中心部に黄色いスポットが入り、その周囲には、本当に薄く紫がかります。

原地では四季咲きだそうです。一日花で、朝早くに咲いて、昼すぎにはしぼんでしまいます。
しぼむ時は唇弁が左右から巻き込んでいきます。

果実はスミレ属とおなじ形の莢に入っていますが、スミレ属のように弾き飛ばすのではなく、莢が3裂した後種子をゆっくりとしぼり出します。

属名ポンバリアはポルトガル王国の政治家ポンバル侯爵(Marquês de Pombal)、正式にはオエイラス伯爵セバスティアン・ジョゼ・デ・カルヴァーリョ・イ・メロ(Sebastião José de Carvalho e Melo:1699-1782)さんに由来しているのだろうと思います。ポルトガルのコインブラ(Coimbra)にポンバル侯爵によって1772年に設立された自然史博物館の中の植物園がコインブラ大学植物園となり、ポルトガルの探検家たちの科学的探究心をくすぐり、世界中の植物が集められました。そのようなことがあって、ある植物にポンバル侯爵の名を属名として献名したようです。

種小名コミュニスは「共通の、ありふれた性質を持つ」という意味で、ラテン語に由来します。

 

中南米系スミレ科植物に関して少し調べてみました。以前の学名のヒバンツス・コミニスは、フランスの植物学者オーギュスタン・サンティレール(Augustin François César Prouvençal de Saint-Hilaire:1799-1853)さんによってイオニディウム・コミニス(Ionidium communis)と命名されました。サンティレールさんは1816年から1822年にかけて、ブラジル南・中部を中心に南米を訪れ多くの動植物の標本を採取しました。特に植物は24,000種も集め、「ブラジル南部の植物('Flora Brasiliae meridionalis' :1825-1832)」にまとめています。

そもそもはリンネの弟子ペール・レーフリング(Pehr Löfling:1729–1756)さんがベネゼラ・オリノコ川流域を探検旅行中に発見した3種のスミレ科植物にカルケオラリア(Calceolaria;「小さな靴」の意)属と名付けたのが始まりです。彼は標本をリンネの元に送ったのですが、その後すぐにベネゼラで病死したので公表できませんでした。
1770年にリンネさんはその名称を「キンチャクソウ(巾着草)」 の学名に用いました。レーフリングさんが採取した3種のスミレは2グループに属し、そのうちの一つはリンネさんがスミレ属と判断し、1763年にビオラ・オポジティフォリア(Viola oppositifolia)と命名しました。それは後にヒバンツス・オポジティフォリアス(Hybanthus oppositifolius)となり、さらにポンバリア属に移されています。

以前の属名のヒバンツスはギリシャ語由来の「反り返る花、猫背の花」という意味で、北アメリカ、メキシコ、西インド諸島を含む中央アメリカ、南アメリカ、アジア、アフリカ、オーストラリアなど、熱帯および亜熱帯地域に広く分布し、100〜115種が知られていました。  
2014年にブラジル人の植物学者でパウラ-ソウザ(Juliana de Paula-Souza)さんはDNA解析による系統発生学見地から9の異なる系統から構成されているヒバンツス属のうち、以前に提唱されていたポンバリア属を立てて、中南米系のスミレ科植物の大部分をポンバリア属に再分類しました。ヒバンツス属は以前は大きな属でしたが、今ではヒバンツス属を含むポンバリア(Pombalia)属、キューベリウム(Cubelium)属、ピゲア(Pigea)属などに分割され、ヒバンツス属はオーストラリアの2・3種を指すだけになっています。

 

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

コケスミレ Viola verecunda ver. yakusimana

コケスミレ(苔菫:Viola verecunda ver. yakusimana:スミレ科スミレ属)が咲いています。

 

Vverecundayakusimana1

 

Vverecundayakusimana2

 

Vverecundayakusimana5

 

Vverecundayakusimana3

 

Vverecundayakusimana4

 

コケスミレは屋久島の山頂付近の雨林帯の水苔に隠れるように自生するニョイスミレ(Viola verecunda)の変種です。
コケスミレはスミレの中でも最小ではないかと思うほどで、花がないときの背丈が1cmほどしかならない小さなスミレです。

有茎種ですが、茎は小さな葉に隠れて見つけられません。茎は地面に伏して伸びていて長さは1cmほどです。

葉は逆ハート形で、長さは大きくても1cmもありません。厚みがあって光沢があります。葉縁に緩く鋸歯があります。
葉は花後も大きくなりません。
他のスミレが花をつけなくなる5月から7月にかけて5cmほどの花茎をあげて、幅5~8mmの小さい白色の花を咲かせます。
唇弁に赤紫の筋が入ります。筋と言うよりは模様といった方がよいほど塊りになっています。
小さくて確認しにくいのですが、側弁には毛が生えています。

種小名ベレクンダは「はにかんだ、内気な、謙虚な、しとやかな」という意味のラテン語です。ニョイスミレの小さい姿に由来するのでしょうか。
変種名ヤクシマナは「屋久島産の」という意味です。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

マキバスミレ Viola arvensis

ビオラ・アルベンシス(Viola arvensis:スミレ科スミレ属)が咲いています。

種小名のアルベンシスは「原野や畑地の」という意味で、アルベンシスはヨーロッパでは古くから知られてい植物につけられています。

私のところではタネを播かなくても毎年花を咲かせています。日本でもすでに帰化している地域があり、「マキバスミレ」という和名が与えられています。

詳しくはこちらをご覧ください

 

Varvensis11 

 

Varvensis12

Varvensis14

Varvensis15

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

斑入りのコタチツボスミレ Viola grypoceras var. exilis

昨年に初めて他の植物のポットに出てきているコタチツボスミレ(小立坪菫:Viola grypoceras var. exilis:スミレ科スミレ属)に斑が入っているものを見つけました。

 

 

花がないのにコタチツボスミレと同定したのは、花がない時期なのにタチツボスミレ(立坪菫:Viola grypoceras)に比べて非常に葉が小さかったからです。
ネットではコタチツボスミレに関して、とやかく言われていますが、摩耶山のハイキングコースには、あるところより上の方の至る所にコタチツボスミレが生えており、タチツボスミレとコタチボスミレとは、葉だけで一目で区別できます。逆に花からでは区別できません。
この辺のコタチツボスミレはどちらかというと、ナガバノタチツボスミレ(長葉立坪菫:Viola ovato-oblonga)の葉が長くならない小型種という感じです。
葉に厚みがあり、托葉が細かく切れ込み、それが目立ちます。

 

 

我が家では、以前に拾ってきたものが他のポットで生き延びています。
突然昨年葉に斑が入った個体が何株か現れました。
あまりに突然だったのでウイルスにでも感染しているのではないかと心配しましたが、杞憂でした。
葉の半分以上に斑が入っていたり、葉全体が白化していたり、花期以外にも斑が残っていたりするので、種を維持していく上で不利なような気がしますが、それも余計な心配のようです。

Vgrypocerasexilisv1

Vgrypocerasexilisv3

Vgrypocerasexilisv2_1

Vgrypocerasexilisv4

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

高地の沼沢スミレ 
Viola palustris

ビオラ・パルストリス(Viola palustris:スミレ科スミレ属)が咲き出しました。


Vpalustris1


Vpalustris6


Vpalustris2


Vpalustris3


Vpalustris5


ビオラ・パルストリスはヨーロッパ北部からソ連を通り、北米北部にわたって広く分布しています。
種小名パルストリスはラテン語で「沼沢の」という意味で、海抜1800mまでの山地の沼沢や湿った草原、小川の際にに自生しています。

匍匐する茎から葉柄を出し、広がっていくので、草丈はせいぜい10cmほどです。
葉はやや照りのある明るい緑色をし、緩く丸い鋸歯がある幅3cmの逆ハート形をしています。

葉脇から蕾が上がっていきますが、花柄は葉から顔を覗かせるほどの長さしかなりません。
全草無毛と思っていましたが、花茎に毛があります。

花は幅1cmほどで、葉の大きさに比して小さな花を咲かせます。
上品な薄青紫色の花は、下唇弁に濃赤紫色の目立つ模様が付いています。
また側弁には白い毛が生えています。
距は白色で短く、目立ちません。
花の中を覗くと下唇弁の付け根に距に通じる通路が見えます。
香りはしません。

花後、葉の色は濃くなり、幅も6cmほどの大きさになります。


| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

小さなスミレ 
Viola adunca

ヴィオラ・アドゥンカ(Viola adunca:スミレ科スミレ属)が咲きました。


Vadunca6


Vadunca7


Vadunca8


Vadunca9


ヴィオラ・アドゥンカはアラスカやロッキー山脈にかけて、またカナダと米国との国境あたりの海抜1500-2400mの高地の草原の湿った土手や草原の縁、林間に自生しています。

有茎種で、背丈が3〜8cmの小さなスミレです。この写真のものも花のてっぺんまで5cmありません。
長さ1〜3cmの葉は逆心(スペード)形で緩い鋸歯があります。
葉が小さいせいか厚みを感じます。表面にはツヤがあります。
この小さな葉は夏になってもあまり大きくなりません。

花は幅1.5〜2cmほどで、中心部は白く抜け、から、藤色、濃紫色の花色をしています。白い部分に毛が生えています。
基本種(Viola adunca v. adunca)は美しい青紫色です。
2枚の上弁が反り返り、前から押しつぶしたように咲きます。
距が赤紫色をしているものもあります。

1787年から1788年にかけて米国西海岸を探検したスコットランドの軍医で植物学者、博物学者のアーチボルド・メンジーズ(Archibald Menzies:1754-1842)さんによって採取された標本に、ロンドン・リンネ協会設立者のジェームズ・スミス(James Edward Smith:1759-1828)さんが1817年に、距の特徴から命名しました。

広い分布域を持つスミレなので変種、亜種が10種ほど報告されています。また変種、亜種が同定されるまでの間、10回を越える改名をされています。
hookedspur violet, early blue violet, sand violet, and western dog violet, Kirk's violet など多くの一般名で呼ばれています。

種小名はラテン語で「鉤(フック)のある」や「曲がった」という意味ですが、距に何らかの突起のあるものがあったり、少し上反しているものがあったりし、それを指しています。
一般的にはアメリカのスミレは距が短いので、長い距が目立つのでつけられたのであろうと思います。

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

ピンクのアリアケスミレ 
Viola betonicifolia var. albescent

アリアケスミレ(有明菫、ビオラ・ベトニキフォリア・アルベスケント:Viola betonicifolia var. albescent:スミレ科スミレ属)の桃色花種が咲きました。


Vbetonicifolia8


Vbetonicifolia9


Vbetonicifolia10


Vbetonicifolia11

アリアケスミレは普通はこんな色のスミレです。もっと薄いものもあります。


アリアケスミレについて、もう一度詳しく調べてみると、日本だけのスミレでないことがわかりました。

1817年に英国の植物学者スミス(James Edward Smith:1759 –1828)さんがオーストラリアのニューサウスウェールズ州で発見されたこのスミレの基準標本にビオラ・ベトニキフォリアと命名しました。
ビオラ・ベトニキフォリアは、西はパキスタンからインドを経て南アジア、日本を含む東アジア、南はオーストラリア東部とタスマニアにかけて分布しています。
これだけ広い分布域を持つ植物はいずれも多くの異学名がつけられていますが、ビオラ・ベトニキフォリアも8つほどの名前を持っています。

道路際や草原、1500mより低い山地の斜面、林際などの日陰の湿った場所に自生しています。

ビオラ・ベトニキフォリアは、無茎種のスミレで、根出葉から花茎を立てます。葉は長い葉柄につく先の丸い披針形で、鈍い鋸歯があります。
この葉の形が「ベトニカ・オフィキナリス(Betonica officinalis)に似た葉の」という種小名になっています。
ベトニカ・オフィキナリスとはスタキス・オフィキナリス(Stachys officinalis)の以前の学名です。
丸みのある披針形で、鈍く、緩い鋸歯の葉を持つ植物には、葉の質感、大小などに関係なく、リンネの命名に倣ってこの名がつけられるようです。

花は幅1〜1.5cm、明るい赤紫色で、中心部が白く抜けています。

ビオラ・ベトニキフォリアを調べて分かったのですが、多くが赤紫色、まれに薄紫の花色をしており、日本のアリアケスミレは珍しい色だと分かりました。
名前は花色が有明の空、つまり月の残る夜明けの空に因むといわれ、花の色に変異があるからといわれています。なるほど夜明けの空は、暁の空や真っ青、薄青の空になりますから、いろいろあるということですね。

アリアケスミレは多くはブルーの筋、あるいはかすれが入っています。
しかし基本種が赤紫とすれば、赤い筋やかすれが入っているほうが自然です。
ピンクのアリアケスミレに納得です。

日本スミレ研究会で配付していた種子からです。
リストには桃花と紅花がありましたが、育ててみると同じものでした。

変種名アルベスケントは「白っぽい」という意味です。

| | コメント (1)

2016年2月20日 (土)

濃色のサクラタチツボスミレ 
Viola grypoceras f. rosipetala

タチツボスミレの色変わりで、サクラタチツボスミレ(Viola grypoceras f. rosipetala)が咲きました。


Vrosipetala4


Vrosipetala5


Vrosipetala6


Vrosipetala7


タチツボスミレは人家近くの人目に触れる所に咲いている有茎種のスミレです。
日本では礼文島以南から沖縄本島まで分布し、台湾や韓国の島にも分布していると言われています。中国中部でにも分布していると報告されているようです。
それだけ広く分布していると、環境の違いによる変異も出ようというものです。

さてサクラタチツボスミレの葉は普通のタチツボスミレと同じで、ハート型です。
この時期寒さで紫色を帯びています。

この株は桜色というより、赤色といった方がいいほど濃い色をしています。普通はもっと薄い色をしています。
タチツボスミレ同様、花は中輪から大輪で、側弁には毛が生えていません。
しかしタチツボスミレは距に紫色を帯びますが、この花の距は白い色をしています。

タチツボスミレと色が違うというだけで印象の違いは明らかです。全く違う種類のスミレのように思えます。
タチツボスミレの藤色より春を感じさせます。

なお、いがりまさしさんの「増補改訂日本のスミレ」にはこのスミレは名前すらありませんが、橋本保著「日本のすみれ」(誠文堂新光社・昭和42年発行)や鈴木進著「原色スミレ」(家の光協会昭和55年発行)には記載があります。
最近では顧みられないスミレでしょうか。

種小名のグリポケラスは「曲がった角(つの)」という意味です。
品種名のロシペタラは「バラ色の花弁の」という意味です。

| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

シベリアのシロスミレ 
Viola patrinii

昨年2月にシロスミレ(白菫:Viola patrinii Ex. Siberia:スミレ科スミレ属)のタネを播いて、その芽がいつ出たのかわからないのですが、その初花が今頃1輪だけ咲きました。


Vpatrinii3


Vpatrinii4


Vpatrinii5


Vpatrinii6


シロスミレは、日本では標高1000m以上、東北地方では太平洋側の山地、北海道では太平洋側平地に分布しています。愛知県以北の本州では標高1000m以上の高地の湿原や湿った原野に生えています。
シベリアや東アジア(サハリン、南千島を含む)では海抜200〜1700mの川沿いの湿地や薮、林縁の湿った日陰の土地に自生しています。
この個体はシベリアで採取された種子由来のものです。

茎の高さは10~20cmで、地上茎を出しません。
春に花茎を伸ばし、直径2cmほどの白色の花をつけます。
葉は垂直に立ち上がり、花より高い位置まで伸びていきます。伸びるのは花柄で、葉身より長くなります。似た白い花をつけるスミレに比べて葉数も少ないようです。
淡緑色の葉は無毛で、長さ4~7㎝の丸みのある細長い披針形またはへら形で、葉柄には翼があります。

唇弁や側弁に紫色のすじがあり、側弁基部に毛が生えています。距は白緑色で、短く、長さは2ミリほどです。
上弁は後ろに反り返ります。

種小名のパトラニイは、フランスの鉱山学者で博物学者のユーゲヌ・パトラン(Eugène Louis Melchior Patrin:1742-1814)さんに因みます。パトランさんは1780年から8年を費やしてウラル川やアルタイ山脈などを探検し、シベリアの植物を採集しました。
日本でもおなじみのオミナエシ(Patrinia scabiosifolia)の属名にその名を残しています。

| | コメント (0)

2015年5月28日 (木)

のっぽのスミレ  
Viola elatior

ビオラ・エラチオル(Viola elatior:スミレ科スミレ属)が咲いています。


Velatior1


Velatior2


Velatior4


Velatior3


ヨーロッパ中部から西アジアにかけての湿原、湿った森、川や沼のほとりに自生しています。

花は遅咲きで、晩春から初夏にかけて、べったりと平たい花が上向きに咲きます。
空色の花の中心部は白い色で、側弁には雌しべが隠れてしまって見えないほど毛が密集します。
よく見ると柱頭部分にも毛が生えています。

距は太く短く、縦に筋が入っています。途中で折れているのではないかと思えるようなシワもあります。
花にはかすかに香りがするようです。

基部の葉は鋸歯のある心形ですが、上部の葉は長い披針形で、上に向かって開きます。
立ち上がっていくスミレですが、日本産のタチスミレ(Viola raddeana)ほど背丈はありません。
立ち上がる根性はそれほどないようで、花の後は他の植物に寄りかかります。

湿り気のある用土がお気に入りのようです。

種子で増えますが、滅多に発芽しません。
暖地では花がつきにくいかもしれません。

英名はtall violet です。
Viola erecta, Viola montanaという異学名があります。
種小名エラチオルは高いというラテン語elatusの比較級で、「より高い」という意味です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧