2016年4月16日 (土)

最も背の低いレウィシア 
Lewisia pygmaea

レウイシア・ピグマエア(Lewisia pygmaea:スベリヒユ科レウイシア属)が咲いています。


Lpygmaea7


Lpygmaea8


Lpygmaea9


Lpygmaea10


Lpygmaea11

花が開く前だと花茎が地面を這っている様子がよく分かります。


レウイシア・ピグマエアは北米西部のアラスカ州、カナダ・アルバータ州からカリフォルニア州、メキシコまでのロッキー山脈の南北に長い範囲に咲くにレウイシアで、分布地域ごとに変異が見られます。

レウイシア・ピグマエアはレウィシアの仲間では最も分類学上困難な問題を持った種類でした。
それは分布域が広く、変異が多く見られたのですが、明らかな共通パターンを持っていませんでした。
レウイシア・ピグマエアは最初にワイオミング州の北米大陸分水嶺(海抜2600m)で採取され、その標本を元にアメリカで最も重要な植物学者とされるハーバード大学自然史教授のエイサ・グレイ(Asa Gray:1810-1888)さんが、1862年にタリヌム・ピグマエウム(Talinum pygmaeum)として公表したのです。

しかし1873年にはカランドリニア(Calandrinia pygmaea)属に再分類され、さらに1890年にはカランドリニア・グレイ(Calandrinia grayi)と種小名まで変えられ、1891年にはクレイトニア・グレイヤナ(Claytonia grayana )となり、さらに1893年にオレオブロマ・ピグマエウム(Oreobroma pygmaeum)、1897年になってようやくレウイシア・ピグマエア(Lewisia pygmaea)と分類されました。30年ほどの間に5回も変えられたほど混乱していたようです。
その後も幾度か名を変え、非常に多くの名前で呼ばれた歴史を持っています。

海抜2300-4200mの日差しの当たる岩盤の上の苔の中や背の低い草が生える砂礫地の草原に自生しています。
高山植物中の高山植物ですが、適応環境が広いせいか育てやすいレウイシアです。

ピグマエアの葉は長さ4〜6cmの細長い披針形をし、真ん中が凹み、厚みがあります。灰緑色から明るい緑色で、全て根生葉で、まっすぐ立ち上がっています。

立ち上がった葉の間から花茎を地面に沿って伸ばします。決して立ち上がらないので地面ギリギリで咲きます。
1本の花茎に2〜6輪の花をつけます。
萼は全縁で、2枚あります。

花は直径1.5〜2cmで、花弁は5〜9枚、色は白色からマゼンタ色で、マゼンタ色でも白や緑のかすれが入ったり、濃色のストライプが入ったりします。

種小名のピグマエアは「矮小の、背が低い」という意味です。花茎が這っていますので最も背の低いレウィシアということです。

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

クラマス川のレウィシア 
Lewisia leeana

レウィシア・リーアナ(Lewisia leeana:スベリヒユ科レウィシア属)が咲き出しました。


Lleeana6


Lleeana8


Lleeana7


Lleeana9

花茎を伸ばしている途中は、蕾はうつむいています。苞葉や萼に赤い腺状突起があります。


Lleeana10

古い葉と新しい葉。


レウィシア・リーアナはシエラネバダ山脈のクラマス川(Klamath River)流域の海抜1300〜2300mの山地(カリフォルニア州やオレゴン州の一部)に自生しています。

レウィシアは夏には地上部が枯れてしまうものが多いのですが、リーアナは夏になっても葉をロゼッタ状に茂らせます。
直径5ミリ、長さ5cmほどの、断面が楕円形の細長い葉です。
さすがに夏になると葉色は灰色がかった濃い緑になります。
さらに冬になると赤みを帯びてきて写真のような悲惨な色になります。
春が近くなるとロゼッタの中心から明るい緑の葉が伸びてきます。

明るい緑の葉の間から20cmほどの丈夫な花茎を立てます。
花茎につく蕾は始め下向きで、開くにつれて受け咲きになっていきます
赤紫の花は縦に縮れていて、縞が入っているように見えます。
花の大きさは径8mmほどの小さい花ですが、何本も花茎を立てて、次々と咲いていき、長く楽しめます。
イワハナビ(岩花火)という和名はレウィシア・コロンビアナ(Lewisia columbiana)やこのリーアナを見て付けられたのではないかと思ってしまいます。
レウィシア・コチレドン(Lewisia cotyledon)のイメージとは遠いように思いますではありません

ところでリーアナはレウィシア・コロンビアナと混同されることが多いのですが、リーアナは少し南に自生地があります。
花茎につく苞葉がコロンビアナより目立ち、苞葉や萼に赤く色づく腺状の突起があることなどが違っています。
また小花梗が上を向くのではなく、垂れ気味になっている点も、コロンビアナと区別するための重要な特徴です。

現地ではquill-leaf lewisia(羽の葉のレウィシア)と呼ばれています。
種小名のリーアナは発見者のランバート・W. リー(Lambert Wilmer Lee : 1845-1881)さんに因みます。
リーさんは州境を確定するための陸軍の地理調査隊のメンバーで、このレウィシアを1876年8月2日にシスキュー山脈(Mts. Siskiyou)のオレゴン州の南の州境で発見しました。

登録された時はカランドリニア(Calandrinia)属の植物とされ、発見者のリーさんに因んだ種小名がつけられたのですが、 Calandrinia leana と誤記されて登録されました。この誤記はレウィシア属に再登録された際にleeanaと修正されました。

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

対生葉のあるレウィシア 
Lewisia oppositifolia

レウィシア・オポジティフォリア(Lewisia oppositifolia:スベリヒユ科レウィシア属)が咲きました。


Loppositifolia1


Loppositifolia2


Loppositifolia4

矢印の葉が茎につく葉です。


Loppositifolia3

真ん中の花茎に注目して下さい。花茎の根際から少し上の所から葉がでているのがわかると思います。
もっと大株になって花茎を立てると1対だけではなく、何対かの葉がついてきます。


オレゴン州ジョセフィン郡(Josephine County)やカリフォルニア州デル・ノート郡(Del Norte County)にまたがるのクラマス山脈(Mts. Klamath)に自生しています。
高山性のレウィシアが多い中では珍しい海抜300〜1300mの低い山地、それも湿った針葉樹林の林床に自生しています。

最初に1883年にジョセフィン郡で発見され、カランドリニア(Calandrinia)・オポジティフォリアと命名されています。

花は白色から淡いピンク色の径3〜4cmで、花弁の先端は丸くなっているか、ぎざぎざに小さく裂けています。
花弁は透き通るほど薄く、なかなかない華麗さを見せてくれます。

種小名オポジティフォリアは「対生する葉の」という意味で、地元でも「対生葉のレウィシア(opposite-leaf lewisia)」と呼ばれています。
葉は全て10cmほどの槍状形の艶のない厚手で、根生葉ばかりで、対生に葉が生えるはずもありません。
なぜ対生葉というのか不思議ですが、若い苗ではなく、成長して大きくなった株が、20cmほどの花茎を延ばす時期になると、その花茎の下の方に根生葉と同じような槍状形の葉が何枚か向かい合って(対生して)つきます。
他のレウィシアの花茎には苞葉はつきますが、葉はつかないのが一般的です。レウィシアでは花茎に複数の葉がつく種類は珍しく、オポジティフォリア以外にはレウィシア・トリフィラ(Lewisia triphylla)だけだと言われています。トリフィラは3枚の葉が花茎に輪生してついています。
学名は植物を観察する参考になります。

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

花いっぱいのレウィシア 
Lewisia Cotyledon 'Elise'

レウィシア・コチレドン「エリーゼ」(Lewisia Cotyledon 'Elise' :スベリヒユ科レウィシア属)が咲いています。


Celise1


Celise2


Celise3


久しぶりにレウィシア・コチレドンの園芸種を買ってしまいました。
オランダのフローラグラン(Floragran)社が2011年に発表した「エリーゼ」と名付けられた品種です。
オランダに本部が置かれているフラワーセレクト(Fleuroselect)から2013年に金賞を受賞したというのと、秋まで長く咲き続けるという点に関心を持ったからです。
もっともフラワーセレクトの金賞は、播種後1年で花を咲かせるという栽培業者に取ってのメリットが評価されたのだろうと思います。

しかし咲いてから分かったのは花のシーズンが長いというだけではなく、びっくりするぐらい多くの花をつけることです。
春になると何本もの花茎出てきて、それにたくさんの蕾がついています。
それが一斉に開いて葉を埋め尽くすようになります。
なるほど賞を取ったはずだと納得しました。

花茎を余り伸ばさず、こんもりと花をつけます。
花の色は白や黄色など、他の園芸種のレウィシアと同様の花色があるようです。
葉の形は幅がやや狭く、葉先が尖っています。レウィシア・コチレドンと同じですので、コチレドンの選別種だろうと思います。
これから先どのくらいの暑さと湿気に耐えられるのか観察しようと思います。

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

ハウエルさんのレウィシア
Lewisia cotyledon var. howellii

レウィシア・コチレドン・ハウエリイ(Lewisia cotyledon var. howellii :スベリヒユ科レウィシア属)が咲きました。


Lcotyledonhowell1


Lcotyledonhowell4


Lcotyledonhowell2


Lcotyledonhowell3


レウィシア・コチレドンは園芸種の親になっているレウィシアですが、その変種は分布地と葉の鋸歯で5種の変種に分類されます。

変種コチレドン(Lewisia cotyledon ver. cotyledon)
カリフォルニア州シスキュー山脈に自生し、葉は全縁と言っていいほど鋸歯が目立ちません。

変種ヘックネリ(Lewisia cotyledon ver. heckneri)
コチレドンの分布地より少し南の、北カリフォルニアのトリニティ・アルプス( Trinity Alps;トリニティ郡東部)の渓谷に分布しています。葉は先の尖った披針形で、細かい鋸歯があります。

変種パーディー(Lewisia cotyledon ver. purdyi)
オレゴン南部のイリノイ盆地(Illinois Basin)で発見されたコチレドンで、幅の広いしゃもじ型の全縁の葉をしています。

変種フィンブリアタ(Lewisia cotyledon ver. fimbriata)
北カリフォルニアのトリニティ郡西部の渓谷に自生しており、葉は不定形に凸凹した形で鋸歯があります。私はこの変種の種子が配布、販売されているのを見たことがありません。

これらのレウィシアに対して変種ハウエリイは、トリニティ郡以外の、海抜100-400mの低山の森林内やその近くの渓谷の岩の割れ目に自生しています。
他のコチレドンの変種とは異なり海抜の低い地域に分布しており、高山性では無いということなので育てやすい種類かもしれません。

葉の形はしゃもじ型ですが、はっきりとした鋸歯があり、他のコチレドンは葉の縁が平らですが、ハウエリイは葉縁が大きく波打ちます。

花は他のコチレドンと同様、蕾はオレンジ、開くと白い花弁にパステル・オレンジといっていいようなサーモン・ピンクがのっており、時間と共にサーモンピンクはピンクになります。
園芸種のレウィシア・コチレドンとは、少し趣が違います。

変種名は基本種のレウィシア・コチレドン・コチレドンを最初に発見したハウエル(Thomas Jefferson Howell)さんに因みます。
彼は1887年にオレゴン州ジョセフィン郡(Josephine, Oregon)のディアークリーク山脈(Deer Creek Mts.)でハウェリイを収集しました。イリノイ盆地からオレゴン州アプルゲート川(Applegate River)に至る駅馬車の路線上で見つけたと言われています。
1888年にカランドリニア・ハウエリイ(Calandrinia howellii)と命名されましたが、その後1914年になって現分類に変更され、コチレドンの変種となりました。

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

リーさんのレウィシア 
Leewisia leeana

レウィシア・リーアナ(Lewisia leeana:スベリヒユ科レウィシア属)が咲いています。


Lleeana1


Lleeana5


Lleeana3


Lleeana4


レウィシア・リーアナはシエラネバダ山脈のクラマス川(Klamath River)流域の海抜1300〜2300mの山地(カリフォルニア州やオレゴン州の一部)に自生しています。

夏に仮眠しない円筒状の葉のロゼッタを持つ常緑性のレウィシアです。
直径5ミリ、長さ5cmほどの葉の間から20cmほどの花茎を立てます。
赤紫の花は濃淡で筋が入ったような模様があり、径8mmほどで、総状花序に長く咲かせます。
レウィシア・コロンビアナ(Lewisia columbiana)とよく似ていますが、葉の形や花の色が違っています。
リーアナは花茎につく蕾が下向きで、開くにつれて受け咲きになるのも特徴です。自生地もリーアナの方が少し南寄りです。

現地ではquill-leaf lewisia(羽の葉のレウィシア)と呼ばれています。
種小名のリーアナは発見者のランバート・W. リー(Lambert Wilmer Lee : 1845-1881)さんに因みます。
リーさんは州境を確定するための陸軍の地理調査隊のメンバーで、このレウィシアを1876年8月2日にシスキュー山脈のオレゴン州の南の州境で発見しました。
登録された時はカランドリニア属で、種小名が Calandrinia leana と誤記されて登録されました。この誤記はレウィシア属に再登録された際に修正されましたが、一般にはLewsia leanaと誤記のまま記されることがよくあるようです。

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

小さなレウイシア・ピグマエア 
Lewisia pygmaea

レウイシア・ピグマエア(Lewisia pygmaea:スベリヒユ科レウイシア属)の矮性タイプ(dwarf form)が咲いています。


Lewisiapygmaea3


Lpygmaea6


Lpygmaea4


Lpygmaea5


レウイシア・ピグマエアは北米西部のアラスカ州、カナダ・アルバータ州からカリフォルニア州、メキシコまでのローッキー山脈の南北に広い範囲に咲くにレウイシアで、分布地域ごとに変異が見られます。

岩盤の上のちょっとした土壌に咲いていたり、背の低い乾いた草原などに自生しています。
適応環境が広いせいか育てやすいレウイシアです。

ピグマエアは松葉ボタンの葉を延ばした(4〜6cm)ような細い葉を、ロゼッタ状に多数つけます。
この矮性種はさらに短く、3〜5cmの細い葉でまばらにしかつけません。

基本種に比べると、背丈だけではなく、花も小さく径1cmもありません。
花柄はロゼッタから直接出ますが、短いために地面ギリギリで咲いています。果実が稔るころには花柄は2cmほどに伸びます。萼は2枚です。

花の色はマゼンタ色で、濃色のストライプが入っています。基本種とは感じが違っています。
ひょっとすると他のレウィシア属との雑種なのかもしれません。

こんな細くて短い葉ですので、次から次へ花を咲かせることができないのでしょう。ポツポツと間を空けて少数咲かせます。

レウイシア・ピグマエアはタリヌム(Talinum)属やカランドリニア(Calandrinia)属と区別がしにくく、タリヌム属やカランドリニア属に分類されていたことがあります。

種小名のピグマエアは「矮小の、背が低い」という意味です。最小のレウィシアだと思います。

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

ピンクのレウィシア 
Lewisia nevadensis 'Rosea'

レウィシア・ネバデンシス「ロゼア」(Lewisia nevadensis 'Rosea':スベリヒユ科レウィシア属)が咲いています。


Lnevadensisr9


Lnevadensisr10


Lnevadensisr11


レウィシア・ネバデンシスはネバダ州、モンタナ州、カリフォルニア州の広い範囲に分布し、海抜1500〜3000mの高山で見られる夏眠タイプのレウィシアです。

レウィシア・ネバデンシスは1868年にネバダ州で発見されてから、レウィシア・ピグマエア(Lewisia pygmaea)と混同されていたことがあり、変種、あるいは周辺品種として考えられていたようです。
レウィシア属の一品種として確定したのが1990年ということです。
ピグマエアと混同することも無いぐらい花は大きく、ピグマエアは2cmほどですがネバデンシスは3.5cmほどになります。

レウィシアの萼は王冠の先状の小さな突起があり、浅く4〜6していますが、ネバデンシスは深く2裂するというレウィシアらしくない萼をしていています。この萼の様子が最初にレウィシアではなく、カランドリニア(Calandrinia nevadensis)やオレオブロマ(Oreobroma nevadensis)に分類された理由のようです。

ピンクの愛らしい花を咲かせるネバデンシス「ロゼア」はスエーデンのエテボリ(Gotegurg)植物園の学芸員だったヘンリック・ゼッタールンド(Henrik Zetterlund)さんが個人の庭で発見した園芸品種です。
ロゼアはレウィシア・ネバデンシスとレウィシア・ブラッキィカリックスとの交配によって生じた4倍体の交配種と推測されています。

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

白いレウィシア 
Lewisia brachycalyx

レウィシア・ブラッキィカリックス(Lewisia brachycalyx:スベリヒユ科レウィシア属)が咲きました。


Lbrachycalyx9


Lbrachycalyx10


Lbrachycalyx11


レウィシア属は20種ほどが知られていますが、全て北米西部のロッキー山脈近辺に分布しています。

ブラッキィカリックスという種小名は「広く短い( brachy)萼片(calyx)の」という意味で、他のレウィシアの萼とは違っています。
萼は4裂し、萼の先にはレウィシア・コチレドン(Lewisia cotyledon)のような王冠状の突起はなく、滑らかです。
現地では shortsepal lewisia(短い萼片のレウィシア)と呼ばれています。
レウィシア・ネバデンシス(Lewisia nevadensis )のも同じような特徴があり、ネバデンシス共々レウィシアに分類されずにいたことがあります。

花は2cmほどの花茎の先につけ、レウィシア・ネバデンシスによく似た径4cmほどの白い花を咲かせます。ピンクがかった花を咲かせる個体もあります。
葉は分厚く、細長いバターナイフの形をしています。

| | コメント (4)

2012年6月14日 (木)

ミニチュア・レディビバ 
Lewisia rediviva v. minor

レウィシア・レディビバ・ミノル(Lewisia rediviva v. minor:スベリヒユ科レウィシア属)が咲いています。


Lredivivaminor1


Lredivivaminor2


Lredivivaminor3


Lredivivaminor4


レウィシア・レディビバ・ミノルはレウィシア・レディビバの変種で、「ミニチュア・ビッタールート(Miniature bitterroot)」と呼ばれています。変種名のミノルは小さいという意味で、そこからついた名前ではないかと思いますが、花を含め小さいというほどではありません。

最初はレウィシア・ミノル(Lewisia minor)と分類されたのですが、この学名が正当な特徴を示していないとして1959年にムンツ(A. Munz)さんによってレウィシア・レディビバの変種として再分類されました。

オレゴン州からユタ州にかけての2000m以上(6500〜9000フィート)の高地に自生しています。

ミノルは花弁の先が淡くピンクがかるクリーム色の花です。その透けるように薄い花弁が重なりシャクヤクのようです。そのように見えるのは朝や曇りの日に撮った写真ばかりで、完全に開いていないからです。
陽に当たるとシャキッと開くはずです。
オレンジ色の葯も花弁にマッチしてチャーミングです。

水をやりすぎたせいか、マツバボタンのような葉は、シワシワになっていて今にも枯れそうになっています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧