2019年10月17日 (木)

町の中にオトコオミナエシ  Patrinia x hybrida

町の中にオトコオミナエシ (Patrinia x hybrida:スイカズラ科オミナエシ属)が咲いていました。
農村や里山なら不思議ではないのですが、アスファルト道路の側溝にはえていました。

Patriniahybrida1

Patriniahybrida4

Patriniahybrida2

Patriniahybrida3

Patriniahybrida5

牧野富太郎(1862-1957)さんが命名したオトコオミナエシは従来オトコエシオミナエシの自然雑種とされてきました。しかし2014年に東京大学総合研究博物館の池田 博さんたちがこのような特徴をもつものはオトコエシとオミナエシの雑種ではな く、オトコエシ内の特殊な交雑の可能性が考えられるようになっています。

オトコエシには葉緑体の染色体解析から、相同染色体数が2n=22本あるものが基準になっていますが、それ以外に44本(2倍体)、66本(3倍体)、88本(4倍体)、99本(?)、110本(5倍体)、132本(6倍体)のオトコエシがあり、132本あるものは普通は白色の花だけをつけるオトコエシと異なり、淡黄色の花が混じることが知られています。

池田 博さんたちの調査から、オトコエシは染色体数によって分布する地域が異なり、
 22本 九州西部と韓国に分布する系統
 44本 北海道から滋賀県まで分布する東日本系統
 66~132本 近畿地方から九州まで分布する西日本系統 
の3群があることがわかりました。西日本では3倍から6倍の染色体を示す染色体多型を示し、オトコエシとオミナエシには遺伝的に明確な違いがあることもわかりました。
結論として、黄花や黄花と白花が混在するオトコオミナエシはオミナエシとの雑種によって生じたのではなく、オトコエシ種内における高次倍数染色体間の交雑によって生じたと推測できます。

オトコエシは朝鮮半島や中国、北海道から九州まで分布し、日当たりのよい山や草原によく見られる多年草です。
根元から長い匍匐枝を出し、匍匐枝の先に新株を作り、草丈は0.6〜1mになります。
全体に毛が生えています。葉は対生し、長さ3〜15cmで、多くは羽状に分かれ、裂片は卵状長楕円形をしています。先端の小葉が最も大きく、1枚の葉のように見えるものもあります。
花は8〜10月に茎頂部で分枝し、集散花序に散房状に白い4mmほどの5弁花を多数つけます。
果実は長さ約3mmの倒卵形の痩果で、団扇のように種子周囲に翼がついています。

一方オトコオミナエシの草姿はオミナエシよりオトコエシの雰囲気が強く、草丈が0.6〜1mになります。
葉は対生し羽状に裂けます。花は集散花序に多数つき、オトコオミナエシだと同定できる明確な特徴は白い花の中に黄色い花が混ざるもの、黄色い花の中に白い花が混ざるもの、薄い黄色のものがあることです。

名前は、「おみなえし(女郎花)」と対でつけられたもので、男性的な感じがすることからと言われています。

属名のパトリニアはフランスの鉱物学者で博物学者のパトラン(Eugène Louis Melchior Patrin:1742-1815)さんに因みます。1780年からシベリアで8年間を過ごし、ウラル山脈、アルタイ山脈 、シベリアの他の地域を探検し、多くの鉱物や植物の標本を収集しました。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

白いジュズサンゴ Rivina humilis

赤い実をつけるジュズサンゴ(数珠珊瑚 )ではなく、白い実のジュズサンゴのリビアナ・フミリス(Rivina humilis:ペティベリア科リビナ属)が近くの道路脇に咲いていました。

Rivinahumilis4

Rivinahumilis5

Rivinahumilis7

Rivinahumilis6

Rivinahumilis8

 

以前はヤマゴボウ科(フィトラッカ:Phytolaccaceae )に属していたリビナ・フミリスは、今はペティベリア(Petiveriaceae )科に再分配されています。ペティベリア科は9属20種が知られています。
米国南部、カリブ海、中央から南アメリカに分布し、森林や雑木林、道端などの半日蔭の湿り気のある場所に自生している多年草植物です。
それぞれの地ではピジョンベリー(pigeonberry)、ルージュプラント(rougeplant)、ブラッドベリーbloodberry、ベイビーペッパー(baby peppers)、コラリート(coralito)などと呼ばれています。

日本には大正時代初期に園芸植物として伝来し、現在では小笠原諸島や沖縄などの南部地域に帰化しています。
やや寒さに弱いといわれていますが、熱帯の植物といえ海抜1700mまでの山地にまで自生していますので 暖地では越年するようです。

草丈は30~100㎝で、蔓性はありませんが這い性が若干あります。年を越すと茎の下部はは木化します。
濃緑色の全縁の葉は長さ5〜10cmの、先が尖った卵形をしていて葉縁が波打っています。葉は互生して枝についています

6月~10月に、上部の葉腋から花序を出し、径3mmほどの小さな白い花を房状に咲かせます。
花弁のように見えるのは4裂した萼で、淡緑色、白から淡紅色を呈し、果実ができるまで枯れずに残ります。

花を開いた後、光沢のある径5mmほどの液果を実らせます。果実は鮮やかな赤やピンク、黄色、白色をしています。
花期は長く、次々と開花しながらたくさんの果実を実らせます。

和名は数珠のように連なって実る赤い果実に由来します。

属名のリビアナはドイツ・ライップティヒの医者で植物学者のオーグスツス・リビヌス(Augustus Quirinus Rivinus:1652−1723)さんに由来します。植物の花の構造から分類する二分命名法を考え、リンネさんに影響を与えました。リビヌスさんは晩年太陽黒点の観測を続けたために全盲になってしまったそうです。Viola riviniana にも彼の名が残っています。

種小名はラテン語で「小型の」または「低い」を意味し、植物の草丈が低いことを指しています。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

レモンの花 Citrus limon

ご近所に地植えのレモン(キトルス・リモン:Citrus limon:ミカン科ミカン属 )の花が咲いていました。

 

Citruslimon4

Citruslimon6

Citruslimon5

Citruslimon7

Citruslimon8

 

レモンの花は他の柑橘類ほど知られていません。
レモンの花は甘い香りがします。ジャスミンの香りがどこからかすると思ったら、レモンの花が咲いていました。
原産地はインド北東部のヒマラヤ山麓で、12世紀半ばにイスラム人によってスペインに伝えられたとされています。また十字軍のトルコ遠征でローマにもたらされたとも言われています。
冬温暖で夏乾燥する地中海気候に合っていたのか地中海沿岸西部で広く栽培されたようです。

樹高は3mほどになり、枝には棘がある品種が多いようですが、この木は高さ2mほど、棘はありませんでした。

革質の葉の葉柄に短い翼を持ち、葉縁は全縁ですが鋸歯状で、披針形をしています。
5〜6月に紫色の蕾を短い総状花序につけ、白色で、時には裏面がピンクがかる5花弁の花を咲かせます。
レモンは雌しべの発育が不十分なので実の中にタネをつけません。

ラグビーボール形の果実は開花後約半年で成熟して緑色から黄色になります。

属名キトルスはシトロン(citoron)のギリシャ名、ラテン名だと言われています。

種小名はリンネが命名していますが、スペイン語のLimónに由来するのではないかと思います。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

ガカイモの花 <br>Metaplexis japonica

六甲山をハイキング中にガガイモ(蘿藦、鏡芋、芄蘭:Metaplexis japonica:ガガイモ科ガガイモ属)を見つけました。


Metaplexisjaponica1


Metaplexisjaponica6

合着した蕊柱とそれを取り巻いている副花冠が見えます。


Metaplexisjaponica5


Metaplexisjaponica3


Metaplexisjaponica4


ガカイモは長さ8mにもなるつる性多年草で、日本では北海道から九州まで、それ以外では東アジア一帯に分布しています。薮や林の縁、小川の岸などのやや湿った明るい場所に生えています。

ガカイモは、芋という名からわかるように、長い地下茎を伸ばして増えますが、芋のように丸くはならないようです。
ガガイモ科の多くがそうであるように、茎を切ると白い乳液が出ます。

対生する葉には3〜6cmの葉柄があります。
葉は先の尖り、全縁で、長さ5~10cmの長卵状心形をしており、表は濃い緑で、裏は白緑色を帯びています。

夏に葉腋から6〜10cmの花柄をだし、先に10〜20輪がかたまって散形花序に白色から淡紫色の花を開きます。
花冠は直径1cmほどで5裂し、内側には長い毛が密生しています。
花弁の裂片の先は反り返り、ややねじれています。

花の中心部には雌蕊と雄蕊とが合着した蕊柱(ずいちゅう)があり、その先は花冠から飛び出します。
多くのガガイモ科植物がそうであるように副花冠を持ち、蕊柱の基部を輪のよう取り巻いています。

果実は花に比べて長い袋果で、長さ8~10cm、幅2cmほどの広披針形をし、表面にイボがあります。
種子は扁平で翼があり、先端に1.5cmほどの絹糸のような冠毛があります。風に乗って遠くに飛んでいく仕掛けです。
毛は針刺しの中や印肉に練り込んで用いられます。

根や茎、果実は乾燥させて薬として用いられます。果実を乾燥した生薬は羅摩子(らまし)と呼ばれています。
外傷や寄生虫による栄養不良などに用いられるようです。

ガガイモの名前の由来は、かがむような低い場所に太い茎があるということでカガミ(かがむ)という動作を意味してという説や、果実が熟すと、イモのような色や形からガガイモという名がついたなど諸説あるようです。

英名はrough potato(でこぼこのいも)です。

最初に発見したのはスエーデンの植物学者ツンベルク(Carl Peter Thunberg:1743-1828)で、彼は出島商館付医師として1775年1年に限って来日し、彼が著した「日本植物誌(Flora Japonica)」(1784)には、800種あまりの植物が記載されています。

異学名はMetaplexis chinensis, Metaplexis. stauntonii, Urostelma chinensisです。

属名のメタプレキスは、メタ(meta)「共に」とプレコ(pleco)「編む」というラテン語の造語です。どのような特徴を指しているかのは不明です。
種小名のヤポニカは日本原産のという意味です。

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

六甲高山植物園の花3
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

昨日に続いて六甲高山植物園で咲いていた花です。



リキュウバイ(利休梅:Exochorda racemosa:バラ科ヤナギザクラ属)です。庭木としてよく見かけますが中国の植物です。

Exochordaracemosa1



チングルマ(珍車、稚児車:Geum pentapetalum:バラ科ダイコンソウ属)です。

Geumpentapetalum1



イリス・クリスタタ(Iris cristata:アヤメ科アヤメ属)です。米国のアヤメです。

Iriscristata1



ミツガシワ(三槲:Menyanthes trifoliata:ミツガシワ科ミツガシワ属)です。

Menyanthestrifoliata1



エンコウソウ(猿喉草:Caltha palustris var. enkoso:キンポウゲ科リュウキンカ属)です。

Calthapalustrisenkoso1



カキドオシ(垣通し:Glechoma hederacea ssp.grandis:シソ科カキドオシ属)が勝手に咲いていました。

Glechomahederaceagrandis1

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

六甲高山植物園の花2 
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

昨日の続き、六甲高山植物園で咲いていた花です。

イワヤツデ(Mukdenia rossii:ユキノシタ科ムクデニア属)です。 
タンチョウソウとも呼ばれますが日本の植物ではなく、中国遼寧省や朝鮮半島の植物です。

Ukdeniarossii1_2



チシマキンバイ(Potentilla megalantha:バラ科キジムシロ属)です。

Potentillamegalanth1a_2



ウラジロキンバイ(Potentilla nivea:バラ科キジムシロ属)です。

Potentillanivea1



ボタンキンバイ(Trollies pulcher:キンポウゲ科キンバイソウ属)です。
上2種と同じようにキンバイとつきますがバラ科ではありません。

Trolliespulcher1



エゾノツガザクラ(Phyllodoce caerulea:ツツジ科ツガザクラ属)です。

Phyllodocecaerulea1



アミガサタケ(Morchella esculenta var. esculenta:アミガサタケ科アミガサタケ属)
これは勝手に生えていたものです。拾って帰って食べたかった。

Morchellaesculenta



ホソバヒナウスユキソウ(Leontopodium fauriei var. angustifolium:キク科ウスユキソウ属)です。

Leontopodiumfaurieiangustifolium1



ゲンチアナ・アコウリス(Gentiana acaulis:リンドウ科リンゾウ属)です。
ヨーロッパアルプスの華です。

Gentianaacaulis1



リナリア・アルピナ(Linaria alpina:ゴマノハグサ科リナリア属)です。
これもヨーロッパアルプスでは有名な花です。

Linariaalpina1



ダフネ・クネオルム(Daphne cneorum:ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属)です。
ヨーロッパアルプスの常緑低木です。

Daphnecneorum1

続きはまた明日。


| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

六甲高山植物園の花1 
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

先日ハイキングがてら摩耶ケーブル経由で六甲高山植物園へ行ってきました。
六甲高山植物園は神戸市内の六甲山(海抜963m)の山頂付近の海抜865mにあり、1933年に作られた日本最古の高山植物園です。
普通は六甲ケーブルで上がるのですが、摩耶ケーブル、ロープウエイと乗り継いで、ドライブウエイを徒歩で行きました。
帰りは歩いて自宅まで下りました。この日の歩数は3万歩を超えました。

この時期の六甲高山植物園には多くの花が咲いていました。
解説抜きでそれを見ていただきます。



マムシグサ(蝮草:Arisaema erratum:サトイモ科テンナンショウ属)です。

Arisaemaserratum1



ユキモチソウ(:雪餅草Arisaema sikokianum:サトイモ科テンナンショウ属)です。

Arisaemasikokianum1



ハルリンドウ(春竜胆:Gentian thunbergii:リンドウ科リンドウ属)です。

Gentianathunbergii1


ラショウモンカズラ(羅生門葛:Meehania urticifolia:シソ科ラショウモンカズラ属)です。

Meehaniaurticifolia1



ハクサンハタザオ(白山旗竿:Arabis gemmifera:アブラナ科ヤマハタザオ属)

Arabisgemmifera1



ニリンソウ(二輪草:Anemone flaccida:キンポウゲ科イチリンソウ属)

Anemoneflaccida1



バイカイカリソウ(梅花碇草:Epicedium diphyllum:メギ科イカリソウ属)

Epimediumdiphyllum1



エゾイヌナズナ(蝦夷犬薺:Draba borealis:アブラナ科イヌナズナ属)

Drababorealis1



ヒイラギソウ(柊草:Ajuga incisa:シソ科キランソウ属)

Ajugaincisa1



ツルハナガタ(蔓花形:Androsace sarmentosa:サクラソウ科トチナイソウ属)
これは日本の花でななく、シッキム地方からカシミール地方にかけて、標高2800~4000mのヒマラヤ地方の斜面などに生息しています。

Androsacesarmentosa1

残りはまた明日に。

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

びっしりと白い花 
Eurya japonica

公園の茂みにヒサカキ(柃木:Eurya japonica:ツバキ科ヒサカキ属)が咲いていました。


Euryajaponica4


Euryajaponica5


Euryajaponica6


Euryajaponica7


ヒサカキは本州、四国、九州、沖縄の照葉樹林からクライマックスに達した森林にかけて、やや乾燥する山地に生育する常緑亜高木です。
我が国以外には中国東部の浙江省や朝鮮半島の海抜300〜2500mの山地の斜面や林間に自生しています。

多くの枝を出し、葉が多いなどの特徴が環境適応力を高め、それゆえ庭木として植えられています。
照葉樹林間では高さ4〜7m程度になりますが、日照の強い尾根筋などでは樹高が高くなりません。

春にいち早く花を開き、独特の匂い(香りという表現はにあわない)を発し、春の訪れを感じさせてくれます。
葉脇に、5mm前後の丸い釣鐘形の花を1~5輪、ぶら下がるようにびっしりと咲かせます。
花色は白からクリーム色ですが、時に一部に紫色が入ることがあります。

雌花、雌花より少し大きい雄花、両性花の3種の花があり、雄雌異株です。
雄しべは10以上、多数あり、雌しべは1本で、先が3裂しています。

葉は密に互生して2列につき、長さ5cm前後で、短い葉柄につき、鋸歯のある楕円形をしています。
やや厚い葉で、表面は濃い緑色で、無毛で艶があり、裏面は薄い緑色をしています。

果実は液果で、ゆっくりと大きくなり、冬に紫黒色の実を熟します。長い期間果実をつけています。

名前は、葉がサカキに似ているが、サカキにあらずという意味で、非サカキと呼ばれるようになったとか、サカキより小さいので「姫サカキ」と呼ばれていたものがヒサカキになったとも言われています。

属名エウリアはギリシア語で、「広い、大きい」を意味します。
種小名は「日本の」という意味です。

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

健気なシロバナタンポポ 
Taraxacum albidum

シロバナタンポポ(Taraxacum albidum:キク科タンポポ属)が咲いていました。


Taraxacumalbidum7


Taraxacumalbidum9


Taraxacumalbidum8


寒さに弱いセイヨウタンポポと違って2月頃から咲き出します。
そういえば近所でシロバナタンポポが12月に綿帽子をつけているのを見たことがありますので、寒い時期が好きなんでしょう。
セイヨウタンポポが一年中咲いていて、在来種のタンポポを駆逐しているといのは間違いのようです。
こんなに花茎が短いうちに、健気に花を咲かせて、子孫を増やそうとするんですね。

関西以西に見られ、九州ではタンポポと言えば白い花をつけるというのが普通ですが、この辺でもよく見かけます。
シロバナタンポポはセイヨウタンポポやカンサイタンポポより大型のタンポポで、花も大きく、花びら(舌状花)は白色で、蕊や葯は黄色をしています。
私が散歩をする朝は花を閉じていますが、少し出ている花びらの色からシロバナタンポポと分かります。
総苞片はセイヨウタンポポとカンサイタンポポの中間ぐらいに、中途半端に反り返ります。

葉は他のタンポポより明るい葉色で、今は地面にへばりついていますが、少し暖かくなると立つものが多いようです。

この近所はセイヨウタンポポに浸食されている様子はありません。

属名タラクサクムはアラビア語のtharakhchakonの「苦い草」に由来するという説やペルシャの苦い草の名のtalkh chakokに由来する中世ラテン名という説があります。
種小名のアルビデュムは淡白色のという意味です。

| | コメント (0)

2015年10月31日 (土)

お茶の生け垣 
Camellia sinensis

ご近所にチャノキ(茶の木:カメリア・シネンシス:Camellia sinensis:ツバキ科ツバキ属)の垣に花が咲いていました。


Camelliasinensis1


Camelliasinensis4_2


Camelliasinensis2


Camelliasinensis3


リンネ(Carl Linnaeus)さんが テア・シネンシス(Thea sinensis:ツバキ科チャ属)と命名しましたが、後にオットー・クンツェ(Carl Ernst Otto Kuntze:1843-1907)さんがツバキの仲間に再編しました。今ではリンネさんの分類は異学名になっています。

異学名とされるテア(Thea)は中国語のtchaに由来し、日本語の茶、英語のティ(tea)、ヒンディー語のチャイ(Chai)などの語源になっています。

カメリア・シネンシスは中国、雲南省や四川省が原産といわれ、狭小な葉のチャ(中国型:Camellia sinensis var. sinensis)と大葉のアッサムチャ(アッサム型:Camellia sinensis var. assamica)に分類されます。今日では熱帯から亜熱帯にかけて世界中に植えられています。

チャノキは刈り込まずに自由に伸ばすと高さ2m以上になる常緑の低木、あるいは灌木です。
直根性で、移植ができないといわれています。

花は秋から晩秋にかけて葉腋から俯き加減に咲きます。
白い花びらは径2.5cmの半球形で、5枚あります。
花糸は多数あり、クリーム色をしており、葯は黄金色、雌しべの先は3つに割れます。
近所に観光茶園がありますが、そこのお茶の木にはこんなに花は咲きません。

長さ6〜10cmの葉には葉柄があり、互生してつきます。葉は鋸歯があり、硬くツヤがあります。
葉縁は波打ち、葉脈はくぼみ、それに沿ってふくれあがっています。

属名のカメリアはリンネさんがゲオルク・カメル(Georg Joseph Kamel:1661–1706)さんの植物学に対する貢献に因み命名されました。カメルさん自身はツバキと何の関係もありません。
カメルさんはモラビア生まれの司祭で、薬学、植物学にたけ、フィリッピンで布教し、彼の地の植物をヨーロッパに紹介しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧