2016年9月27日 (火)

ガカイモの花 <br>Metaplexis japonica

六甲山をハイキング中にガガイモ(蘿藦、鏡芋、芄蘭:Metaplexis japonica:ガガイモ科ガガイモ属)を見つけました。


Metaplexisjaponica1


Metaplexisjaponica6

合着した蕊柱とそれを取り巻いている副花冠が見えます。


Metaplexisjaponica5


Metaplexisjaponica3


Metaplexisjaponica4


ガカイモは長さ8mにもなるつる性多年草で、日本では北海道から九州まで、それ以外では東アジア一帯に分布しています。薮や林の縁、小川の岸などのやや湿った明るい場所に生えています。

ガカイモは、芋という名からわかるように、長い地下茎を伸ばして増えますが、芋のように丸くはならないようです。
ガガイモ科の多くがそうであるように、茎を切ると白い乳液が出ます。

対生する葉には3〜6cmの葉柄があります。
葉は先の尖り、全縁で、長さ5~10cmの長卵状心形をしており、表は濃い緑で、裏は白緑色を帯びています。

夏に葉腋から6〜10cmの花柄をだし、先に10〜20輪がかたまって散形花序に白色から淡紫色の花を開きます。
花冠は直径1cmほどで5裂し、内側には長い毛が密生しています。
花弁の裂片の先は反り返り、ややねじれています。

花の中心部には雌蕊と雄蕊とが合着した蕊柱(ずいちゅう)があり、その先は花冠から飛び出します。
多くのガガイモ科植物がそうであるように副花冠を持ち、蕊柱の基部を輪のよう取り巻いています。

果実は花に比べて長い袋果で、長さ8~10cm、幅2cmほどの広披針形をし、表面にイボがあります。
種子は扁平で翼があり、先端に1.5cmほどの絹糸のような冠毛があります。風に乗って遠くに飛んでいく仕掛けです。
毛は針刺しの中や印肉に練り込んで用いられます。

根や茎、果実は乾燥させて薬として用いられます。果実を乾燥した生薬は羅摩子(らまし)と呼ばれています。
外傷や寄生虫による栄養不良などに用いられるようです。

ガガイモの名前の由来は、かがむような低い場所に太い茎があるということでカガミ(かがむ)という動作を意味してという説や、果実が熟すと、イモのような色や形からガガイモという名がついたなど諸説あるようです。

英名はrough potato(でこぼこのいも)です。

最初に発見したのはスエーデンの植物学者ツンベルク(Carl Peter Thunberg:1743-1828)で、彼は出島商館付医師として1775年1年に限って来日し、彼が著した「日本植物誌(Flora Japonica)」(1784)には、800種あまりの植物が記載されています。

異学名はMetaplexis chinensis, Metaplexis. stauntonii, Urostelma chinensisです。

属名のメタプレキスは、メタ(meta)「共に」とプレコ(pleco)「編む」というラテン語の造語です。どのような特徴を指しているかのは不明です。
種小名のヤポニカは日本原産のという意味です。

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

六甲高山植物園の花3
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

昨日に続いて六甲高山植物園で咲いていた花です。



リキュウバイ(利休梅:Exochorda racemosa:バラ科ヤナギザクラ属)です。庭木としてよく見かけますが中国の植物です。

Exochordaracemosa1



チングルマ(珍車、稚児車:Geum pentapetalum:バラ科ダイコンソウ属)です。

Geumpentapetalum1



イリス・クリスタタ(Iris cristata:アヤメ科アヤメ属)です。米国のアヤメです。

Iriscristata1



ミツガシワ(三槲:Menyanthes trifoliata:ミツガシワ科ミツガシワ属)です。

Menyanthestrifoliata1



エンコウソウ(猿喉草:Caltha palustris var. enkoso:キンポウゲ科リュウキンカ属)です。

Calthapalustrisenkoso1



カキドオシ(垣通し:Glechoma hederacea ssp.grandis:シソ科カキドオシ属)が勝手に咲いていました。

Glechomahederaceagrandis1

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

六甲高山植物園の花2 
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

昨日の続き、六甲高山植物園で咲いていた花です。

イワヤツデ(Mukdenia rossii:ユキノシタ科ムクデニア属)です。 
タンチョウソウとも呼ばれますが日本の植物ではなく、中国遼寧省や朝鮮半島の植物です。

Ukdeniarossii1_2



チシマキンバイ(Potentilla megalantha:バラ科キジムシロ属)です。

Potentillamegalanth1a_2



ウラジロキンバイ(Potentilla nivea:バラ科キジムシロ属)です。

Potentillanivea1



ボタンキンバイ(Trollies pulcher:キンポウゲ科キンバイソウ属)です。
上2種と同じようにキンバイとつきますがバラ科ではありません。

Trolliespulcher1



エゾノツガザクラ(Phyllodoce caerulea:ツツジ科ツガザクラ属)です。

Phyllodocecaerulea1



アミガサタケ(Morchella esculenta var. esculenta:アミガサタケ科アミガサタケ属)
これは勝手に生えていたものです。拾って帰って食べたかった。

Morchellaesculenta



ホソバヒナウスユキソウ(Leontopodium fauriei var. angustifolium:キク科ウスユキソウ属)です。

Leontopodiumfaurieiangustifolium1



ゲンチアナ・アコウリス(Gentiana acaulis:リンドウ科リンゾウ属)です。
ヨーロッパアルプスの華です。

Gentianaacaulis1



リナリア・アルピナ(Linaria alpina:ゴマノハグサ科リナリア属)です。
これもヨーロッパアルプスでは有名な花です。

Linariaalpina1



ダフネ・クネオルム(Daphne cneorum:ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属)です。
ヨーロッパアルプスの常緑低木です。

Daphnecneorum1

続きはまた明日。


| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

六甲高山植物園の花1 
Flora of Rokko Alpine Botanical Garden

先日ハイキングがてら摩耶ケーブル経由で六甲高山植物園へ行ってきました。
六甲高山植物園は神戸市内の六甲山(海抜963m)の山頂付近の海抜865mにあり、1933年に作られた日本最古の高山植物園です。
普通は六甲ケーブルで上がるのですが、摩耶ケーブル、ロープウエイと乗り継いで、ドライブウエイを徒歩で行きました。
帰りは歩いて自宅まで下りました。この日の歩数は3万歩を超えました。

この時期の六甲高山植物園には多くの花が咲いていました。
解説抜きでそれを見ていただきます。



マムシグサ(蝮草:Arisaema erratum:サトイモ科テンナンショウ属)です。

Arisaemaserratum1



ユキモチソウ(:雪餅草Arisaema sikokianum:サトイモ科テンナンショウ属)です。

Arisaemasikokianum1



ハルリンドウ(春竜胆:Gentian thunbergii:リンドウ科リンドウ属)です。

Gentianathunbergii1


ラショウモンカズラ(羅生門葛:Meehania urticifolia:シソ科ラショウモンカズラ属)です。

Meehaniaurticifolia1



ハクサンハタザオ(白山旗竿:Arabis gemmifera:アブラナ科ヤマハタザオ属)

Arabisgemmifera1



ニリンソウ(二輪草:Anemone flaccida:キンポウゲ科イチリンソウ属)

Anemoneflaccida1



バイカイカリソウ(梅花碇草:Epicedium diphyllum:メギ科イカリソウ属)

Epimediumdiphyllum1



エゾイヌナズナ(蝦夷犬薺:Draba borealis:アブラナ科イヌナズナ属)

Drababorealis1



ヒイラギソウ(柊草:Ajuga incisa:シソ科キランソウ属)

Ajugaincisa1



ツルハナガタ(蔓花形:Androsace sarmentosa:サクラソウ科トチナイソウ属)
これは日本の花でななく、シッキム地方からカシミール地方にかけて、標高2800~4000mのヒマラヤ地方の斜面などに生息しています。

Androsacesarmentosa1

残りはまた明日に。

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

びっしりと白い花 
Eurya japonica

公園の茂みにヒサカキ(柃木:Eurya japonica:ツバキ科ヒサカキ属)が咲いていました。


Euryajaponica4


Euryajaponica5


Euryajaponica6


Euryajaponica7


ヒサカキは本州、四国、九州、沖縄の照葉樹林からクライマックスに達した森林にかけて、やや乾燥する山地に生育する常緑亜高木です。
我が国以外には中国東部の浙江省や朝鮮半島の海抜300〜2500mの山地の斜面や林間に自生しています。

多くの枝を出し、葉が多いなどの特徴が環境適応力を高め、それゆえ庭木として植えられています。
照葉樹林間では高さ4〜7m程度になりますが、日照の強い尾根筋などでは樹高が高くなりません。

春にいち早く花を開き、独特の匂い(香りという表現はにあわない)を発し、春の訪れを感じさせてくれます。
葉脇に、5mm前後の丸い釣鐘形の花を1~5輪、ぶら下がるようにびっしりと咲かせます。
花色は白からクリーム色ですが、時に一部に紫色が入ることがあります。

雌花、雌花より少し大きい雄花、両性花の3種の花があり、雄雌異株です。
雄しべは10以上、多数あり、雌しべは1本で、先が3裂しています。

葉は密に互生して2列につき、長さ5cm前後で、短い葉柄につき、鋸歯のある楕円形をしています。
やや厚い葉で、表面は濃い緑色で、無毛で艶があり、裏面は薄い緑色をしています。

果実は液果で、ゆっくりと大きくなり、冬に紫黒色の実を熟します。長い期間果実をつけています。

名前は、葉がサカキに似ているが、サカキにあらずという意味で、非サカキと呼ばれるようになったとか、サカキより小さいので「姫サカキ」と呼ばれていたものがヒサカキになったとも言われています。

属名エウリアはギリシア語で、「広い、大きい」を意味します。
種小名は「日本の」という意味です。

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

健気なシロバナタンポポ 
Taraxacum albidum

シロバナタンポポ(Taraxacum albidum:キク科タンポポ属)が咲いていました。


Taraxacumalbidum7


Taraxacumalbidum9


Taraxacumalbidum8


寒さに弱いセイヨウタンポポと違って2月頃から咲き出します。
そういえば近所でシロバナタンポポが12月に綿帽子をつけているのを見たことがありますので、寒い時期が好きなんでしょう。
セイヨウタンポポが一年中咲いていて、在来種のタンポポを駆逐しているといのは間違いのようです。
こんなに花茎が短いうちに、健気に花を咲かせて、子孫を増やそうとするんですね。

関西以西に見られ、九州ではタンポポと言えば白い花をつけるというのが普通ですが、この辺でもよく見かけます。
シロバナタンポポはセイヨウタンポポやカンサイタンポポより大型のタンポポで、花も大きく、花びら(舌状花)は白色で、蕊や葯は黄色をしています。
私が散歩をする朝は花を閉じていますが、少し出ている花びらの色からシロバナタンポポと分かります。
総苞片はセイヨウタンポポとカンサイタンポポの中間ぐらいに、中途半端に反り返ります。

葉は他のタンポポより明るい葉色で、今は地面にへばりついていますが、少し暖かくなると立つものが多いようです。

この近所はセイヨウタンポポに浸食されている様子はありません。

属名タラクサクムはアラビア語のtharakhchakonの「苦い草」に由来するという説やペルシャの苦い草の名のtalkh chakokに由来する中世ラテン名という説があります。
種小名のアルビデュムは淡白色のという意味です。

| | コメント (0)

2015年10月31日 (土)

お茶の生け垣 
Camellia sinensis

ご近所にチャノキ(茶の木:カメリア・シネンシス:Camellia sinensis:ツバキ科ツバキ属)の垣に花が咲いていました。


Camelliasinensis1


Camelliasinensis4_2


Camelliasinensis2


Camelliasinensis3


リンネ(Carl Linnaeus)さんが テア・シネンシス(Thea sinensis:ツバキ科チャ属)と命名しましたが、後にオットー・クンツェ(Carl Ernst Otto Kuntze:1843-1907)さんがツバキの仲間に再編しました。今ではリンネさんの分類は異学名になっています。

異学名とされるテア(Thea)は中国語のtchaに由来し、日本語の茶、英語のティ(tea)、ヒンディー語のチャイ(Chai)などの語源になっています。

カメリア・シネンシスは中国、雲南省や四川省が原産といわれ、狭小な葉のチャ(中国型:Camellia sinensis var. sinensis)と大葉のアッサムチャ(アッサム型:Camellia sinensis var. assamica)に分類されます。今日では熱帯から亜熱帯にかけて世界中に植えられています。

チャノキは刈り込まずに自由に伸ばすと高さ2m以上になる常緑の低木、あるいは灌木です。
直根性で、移植ができないといわれています。

花は秋から晩秋にかけて葉腋から俯き加減に咲きます。
白い花びらは径2.5cmの半球形で、5枚あります。
花糸は多数あり、クリーム色をしており、葯は黄金色、雌しべの先は3つに割れます。
近所に観光茶園がありますが、そこのお茶の木にはこんなに花は咲きません。

長さ6〜10cmの葉には葉柄があり、互生してつきます。葉は鋸歯があり、硬くツヤがあります。
葉縁は波打ち、葉脈はくぼみ、それに沿ってふくれあがっています。

属名のカメリアはリンネさんがゲオルク・カメル(Georg Joseph Kamel:1661–1706)さんの植物学に対する貢献に因み命名されました。カメルさん自身はツバキと何の関係もありません。
カメルさんはモラビア生まれの司祭で、薬学、植物学にたけ、フィリッピンで布教し、彼の地の植物をヨーロッパに紹介しました。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

蔓の金魚草 
Maurandya scandens

アサリナで流通しているマウランディア・スカンデンス(Maurandya scandens:ゴマノハグサ科マウランディア属)がご近所に咲いていました。


Maurandyascandens1


Maurandyascandens2


Maurandyascandens3


この植物は元々北米南部とヨーロッパに分布するアサリナ属(Asarina scandens)に含まれていました。
しかし今日ではアサリナ属はヨーロッパに分布する種だけに限り、新大陸に分布していたアサリナ属をネオガエリヌム属(Neogaerrhinum)、ホリムグレナンテ属(Holmgrenanthe)、ロフォスペルムム属(Lophospermum)、マブリア属(Mabrya)、マウランディア属(Maurandya)に分割する学説が一般的になってきました。
ただロフォスペルムム属など5属に分割するのが正しいかどうかについては議論の余地はあるそうです。

マウランディア属はメキシコや米国カリフォルニア州からテキサス州までの地域に分布し4種が知られています。対になった葉柄を使って他の物に寄りかかったりよじ登ったりします。
マウランディア属は直根を持つ一年草もありますが、他は多年草です。葉は披針形で、まれに心形のものも見かけます。

マウランディア属はキンギョソウ(アンティリュウム, Antirrhinum)に似ていますが、つる性であり、蒴果が左右対称であるところが違っています。しかしキンギョソウは仮面状花冠の二唇形をしているので似ていると言っていいのか私は賛成できません。

マウランディア・スカンデンスは中央メキシコの南部、メキシコ州、モレロス州、グエレーロ州の海抜1400〜2400mの高地の崖や渓谷に面したクヌギ林や雑木林、岩石地や溶岩地の乾燥した環境に自生する多年草です。

対になった巻きひげ状の葉柄を絡ませて、そばにあるものによじ登り、つるの長さは2~3メートルになります。

明るい緑色の葉は心形から披針形をし、互生します。

花は鐘型に口を開く筒状花で、濃い赤紫色に、咽部は模様のついた白色をしています。
夏から秋にかけて葉腋から花茎を出し、長い間次々と咲きます。

マウランディア・スカンデンスは1793年にスペインで育てられたものに基づいて、最初ウエステリア(Wisteria:フジ属)という学名で発表されましたが、その名は既に使われていたので、認められませんでした。
1797年に医者で植物学者のスペイン人カシミロ・オルテガ(Casimiro Gómez Ortega:1741-1818)がマウランディアと名付けましたが、一年後ウィーン大学の植物学教授ニコラウス・フォン・ジャカン(Nikolaus Joseph von Jacquin:1727-1817)がMaurandiaと誤った綴りで公表してしまいました。今でもこの誤った綴りが用いられることがあるようです。

英名は Twining snapdragonで、「対になった巻き蔓のキンギョソウ」です。
異学名は Lophospermum scandent、Asarina scandent です。
属名のマウランディアはオルテガと植物学の仕事を手伝ったスペインの植物学教授の夫人であるカテリーナ・パンクラーティア・マウランディー(Catherina Pancratia Maurandy)さんに因みます。
種小名のスカンデンスは「よじ登る性質の」という意味で、ツル植物によくつけられる学名です。

| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

アフリカフウチョウソウを発見 
Cleome rutidosperma

3年前街路の植え込みで見つけたアフリカフウチョウソウ(阿弗利加風蝶草:Cleome rutidosperma:フウチョウソウ科フウチョウソウ属)がその近くで広がって咲いていました。


Cleomerutidosperma7


Cleomerutidosperma8


Cleomerutidosperma9


Cleomerutidosperma11


Cleomerutidosperma12

帯化した株が生えていました。茎上部に短い花梗に花を沢山つけていました。


フウチョウソウ属はギョボク科(あるいはフウチョウボク科:Capparaceae)に含まれていましたが、ゲノム研究でフウチョウソウ科( Cleomaceae)として独立しました。最新のゲノム研究ではフウチョウソウ科はアブラナ科(Brassicaceae)に近いことがわかっています。
狭義のフウチョウソウ属は約170種が熱帯から温帯にかけて分布しています。しかしながら最近になってフウチョウソウ属、ポダンデゥロギネ属(Podandrogyne:詳細不明、13種を含む)、ポラニシア属(Polanisia:合衆国南部原産の強い香りの植物、5種を含む)の明確な区別がゲノムでは出来なかったそうで、それらを含む広義の分類ではフウチョウソウ属には275種が含まれるといわれています。

アフリカフウチョウソウはスーダンからザンビアにかけての熱帯アフリカ原産の1年草で、熱帯から亜熱帯にかけて分布しています。

株全体に毛が目立ちませんが、よく調べると性腺や微毛が生えています。茎は直立して、現地では最大で1mほどになり、上部で分枝します。

葉は3出、時には5出複葉で、小葉は長さ2.5cmほどの先の尖る披針形や菱形っぽい楕円形をしています。葉には葉柄があり、柄には短毛が生えています。
葉縁にも毛が生え、細かい鋸歯があります。葉縁は紫色を帯びています。

葉腋から2.5cmほどの長い花梗を出し、花をつけます。花弁は4枚で、白、淡紫、ピンク、ブルー、紫などの色で、フウチョウソウ属の特徴通り4枚全てが上向きに出ています。
雄しべは6本で、花糸は花から飛び出しています。葯は濃紺色で巻いています。

莢は長さ2.5〜7.5cmの細長い円筒形で、縦に筋が入っています。種子にはエライオソーム (Elaiosome) がついていて、アリがエサとして巣まで運ぶようです。

日本では1999年に神戸で確認された比較的新しい帰化植物で、熱帯アジアから東南アジア経由で日本に帰化したと推測されています。
道ばたや開墾地、放棄地で育ち、湿度と温度が高いところが好みなので、日本は大好きなんでしょう。
最近では中国、東南アジア、熱帯アジア、オーストラリアに広がっているようです。

英名は fringed spider flower で 「縁飾りのあるクレオメ」という意味ですが、縁飾りが何を意味するのかわかりません。
属名のクレオメはアブラナ科のある植物のラテン古名に由来しています。
種小名ルティドスペルマ「ひだのある種子の」という意味で、ソラマメ形の種子にははっきりとしたシワが入っているそうです。

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

湿原のヤマクルマバナ <br>Clinopodium chinense var. shibetchense

新潟県阿賀町のたきがしら湿原の藪の中にヤマクルマバナ(山車花:Clinopodium chinense var. shibetchense:シソ科トウバナ属)が咲いていました。
<br>
Clinopodiumchinenseshibetchense1
<br>
Clinopodiumchinenseshibetchense2
<br>
Clinopodiumchinenseshibetchense3
<br>
トウバナ属は以前は約100種の植物を含んでいましたが、他にサツレヤ属(Satureja;約30種)、カラミンタ属(Calamintha;約7種)、ゼノポマ属(Xenopoma;詳細不明)に分割され、今では13〜20種が知られています。
小型の多年草で、葉は対生し、鋸歯があり、花は茎先や葉腋に密に多数つき、輪生のように見える偽輪生し、萼は筒状、花冠は唇形で、上唇は全縁か2裂し、下唇は3裂するという特徴があります。

ヤマクルマバナは全国各地の山地に生える多年草で、日本以外には中国や朝鮮に分布しています。
トウバナ属がそうであるように、茎は軟弱で倒れ気味に斜めに立ち上がります。茎には短毛があり、背丈は50cm以上になります。

対生する葉は長さ3~6cmの狭卵形で、短い葉柄を持ち、緩い鋸歯があります。

夏に、茎先や葉腋に花穂を出し、数段密集して多数つきます。
花は長さ6~8㎜の唇形で、白色から淡紅紫色を帯びています。上唇は舟底型で、浅い切れ込みが入り、下唇は3裂して平らに開いています。

筒状の萼は緑色で、5裂し、上側3裂片は小さく、下側の2裂片は細く尖っています。
萼より短い苞葉は線形で、萼同様鋭く尖っています。
萼や苞葉には長剛毛が立ってはえており、花の付け根付近は毛や、萼や苞葉の先が入り混じっています。

属名のクリノポディウムはギリシャ語でcline(床、斜)と podion(小足)という意味です。茎の下の方で倒れて斜上するのでつけられたようです。
種小名キネンセは 「中国の」という意味です。
変種名シベツケンスは「北海道士別の」という意味で、標本の産地を示しますが、北海道に多いということではありません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧