2017年3月25日 (土)

エレガントなコウム 
Cyclamen elegans

シクラメン・エレガンス(Cyclamen elegans:サクラソウ科シクラメン属)が咲きました。


Celegans1


Celegans2


Celegans3


Celegans4


2013年9月に種子を播き、一番下の写真のように球根は1円硬貨より小さかったのですが、2ヶ月ほど前に蕾をつけ、ずっと蕾のままでいたのが、先日から花弁が反転しだして、やっと咲きました。
もう一球少し大きな球根の株があるのですが、蕾をつける気配はありません。
来シーズン咲いてくれると期待しています。

初花のせいか、さすがに花は小さく、反転した花弁の長さは1cmほどしかありません。
花弁が短いせいか、種小名のエレガンス(ラテン語で「優雅な」という意味)という言葉にはほど遠い、野暮ったさがあります。

シクラメン・エレガンスは以前はシクラメン・コウムの亜種 (Cyclamen coum subsp. elegans)とされていました。
しかし葉の幅が、コウムのどの亜種より明らかに細く、花弁も、優雅さが感じられる程長いことから、今は別種とされています。
花弁が90°ねじれており、アゴ部の模様が縦に長いなどエレガントです。

カスピ海に接したイラン北部やアゼルバイジャン南部に横たわるエルバーズ(Elburz or Alborz)山脈の海抜500m以下の林間に自生しています。他のコウムの亜種より海岸沿いの低地に分布します。

時には苔むした木の枝や幹に咲いていることがあるそうです。
典型的な地中海性気候とは異なり、夏は冷涼であるけれど、湿気が多く、冬に雪の多い地域に自生しています。

葉は花より先に秋にあらわれます。

人の手で育てられると変異を生じ易く、自然状態では花の時期も雪解けが始まる2月から3月にかけて咲来ますが、園芸的には冬から初春に咲きます。

1960年代にBowles Scholarship Memorial Expedition(BSBE518)などのいくつかの探検旅行で発見されました。

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

もう一つのコーカサス・シクラメン 
Cyclamen abchasicum

先日ご覧頂きましたシクラメン・コウム・コウカシクム(Cyclamen coum subsp. caucasicum)の異学名品種と言われるシクラメン・アブシャシクム(Cyclamen abchasicum:サクラソウ科シクラメン属)が咲きました。


Cabchasicum1_2


Cabchasicum3


Cabchasicum2


Cabchasicum4


2013年に種子を手に入れて、播種後4年目に咲きました。

1902年にシクラメン・コウムの変種としてシクラメン・コウム・アブシャシクム(Cyclamen coum var. abchasicum)と分類されましたが、1948年シクラメン・アブシャシクム(Cyclamen abchasicum)として独立しました。
今日ではシクラメン・コウム・コウカシクムの異学名とされていますが、独立種として扱うサイトもあります。

最初に発見された地名が学名になっていますが、アブチャシクムとはグルジアから独立した西コーカサス、黒海沿岸のアブハジア(Abkhazia)地方を指しています。
グルジアに属すアブハジア自治共和国は、アブハジア共和国として2008年8月26日にロシアが承認し、事実上独立国となっています。
アブハジア共和国は黒海北岸に面し、グルジアの最西端の地域で、北のカフカス山脈がロシアの国境となっています。

コーカサス地方西部の山脈地帯の草原や瓦礫の傾斜地や大理石土壌地に自生しています。
花はシクラメン・コウム・コウカシクムより大きく、紅色が濃いように思います。
コウムとエレガンスの中間の形態をしているといわれています。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

コーカサスのシクラメン 
Cyclamen coum subsp. caucasicum

シクラメン・コウム・コウカシクム(Cyclamen coum subsp. caucasicum:サクラソウ科シクラメン属)が咲いています。


Ccoumcaucasicum1


Ccoumcaucasicum2


Ccoumcaucasicum3


Ccoumcaucasicum4


先日のシクラメン・コウム・パリデュムの解説にも書きましたが、シクラメン・コウムは「東の豚の饅頭(eastern sowbread)」と呼ばれるシクラメンの仲間で、最初(1719年)に発見された地名、アルメニアからトルコ南西部にかけてのシリシア地方東部の旧地名で、エーゲ海に浮かぶコア(Koa あるいは Coa、Chios) 島に由来しています。

基本種のシクラメン・コウムはブルガリアからコーカシアやクリミアを経て北トルコに至る黒海沿岸と、レバノンから北イスラエルに至る地中海東沿岸の2地域に分かれて分布しています。

コームは葉の形の違いによって亜種コウム(Cyclamen coum subsp. coum) と亜種コウカシクム(Cyclamen coum subsp. caucasicum)に分類されます。

シクラメンは原種や園芸化されたものなど、種類を問わず、葉には変異が現れます。
亜種コウムは斑模様に違いが現れやすいですが、形は概ね先が尖らない、丸い形をしています。
ホタテ貝のような形で、内側に巻き込む傾向があります。
葉の幅が長さより長く、幅広く見えます。鋸歯は一般的にありませんが、あっても目立ちません。

この亜種コウカシクムは葉の長さの方が幅より長く、細長い感じがし、葉先に向かって細くなっている、先の丸い三角形をしています。
葉縁にはまばらに鋸歯があります。
葉には多くは模様が入りますが、このような一色もあります。

分布地を示す亜種名から分かるように、黒海の西沿岸地方、つまりコーカサスを含む、グルジア南部からトルコや北イランにかけての地域で、平地から海抜2000mまでの山地の森や林間に自生しています。

花弁は亜種コウムより幾分長いようです。
12月〜3月見かけて開く花は、濃いピンク(マゼンタ)色をしています。
コウムより寒さに弱く、陽を好むといわれています。

異学名は多くあり、Cyclamen abchasicum, Cyclamen adzbaricum, Cyclamen caucasicum, Cyclamen cicassicum, Cyclamen ibericum, Cyclamen vernum が知られています。


| | コメント (3)

2017年1月28日 (土)

コウムの白花種 
Cyclamen coum subsp. coum f. pallidum

シクラメン・コウム・パリデュム(パリダム)(Cyclamen coum subsp. coum f. pallidum:サクラソウ科シクラメン属)が咲いています。



Ccoumpallidum1


Ccoumpallidum3


Ccoumpallidum2


Ccoumpallidum4


シクラメン・コウムは「東の豚の饅頭(eastern sowbread)」と呼ばれるシクラメンの仲間で、コウムという種小名も最初(1719年)に発見された地名を示していて、アルメニアからトルコ南西部にかけてのシリシア地方東部の旧地名、コア(Koa あるいは Coa、Chios) 島に由来しています。

シクラメン・コウムは2つ地方に分布しており、一つはブルガリアからコーカシアやクリミアを経て北トルコに至る黒海沿岸に分布しています。またもう一つはレバノンから北イスラエルに至る地中海東沿岸に分布しています。
平地から海抜2150mほどの山地の森や林の、日陰か半日陰のところに自生しています。
広く分布していたこともあって、昔はCyclamen hyemale や Cyclamen orbiculatum と呼ばれていました。

コームは、以前は葉の形の違いによって3種の亜種、亜種コウム(Cyclamen coum subsp. coum) 、 亜種エレガンス(Cyclamen coum subsp. elegans )、亜種コウカシクム(Cyclamen coum subsp. caucasicum)に分類されていました。
しかし今日では亜種エレガンスは独立し、シクラメン・エレガンス(Cyclamen elegans)に分類され、コームは2種の亜種があるとされています。

2種のコームの内、亜種コウムの品種は、右のコラムに掲げたC. Grey-Wilsonの書籍(1997)では、3種の品種に分けられています。
一つは品種コウム(Cyclamen coum subsp. coum f. coum)
ピンクやマゼンタの花色で紫のブロッチが入ります。
品種パリデュム(Cyclamen coum subsp. coum f. pallidum)
白か薄いピンクの花で紫のブロッチが入ります。
品種アルビッシムム(Cyclamen coum subsp. coum f.albissimum)
全くブロッチの入らない白花種。トルコ南東部に自生していますが、イスラエルのゴラン高原で発見されたものには「ゴラン・ハイツ 'Golan Heights' 」と名付けられています。

上に記しましたように、花は白から薄いピンク色をしており、花弁が反転したところに濃い紫色のブロッチをつける個体を、品種パリデュムととらえています。

1988年のGrey-Wilsonの書籍にはパリデュムやアルビッシムム(Cyclamen coum subsp. coum f.albissimum)の品種に関して一切書かれていませんので、以前は品種レベルの分類はされておらず、最近に分類されたようです。

品種名パリデュムは、ラテン語で「青ざめた、青白い」という意味があり花色を指しているのかと思いますが、青ざめたという意味以外に「灰色がかったグリーンの」という意味があり、緑一色の葉の色を指しているのかもしれません。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

ライサンダーというシクラメン 
Cyclamen hederifolium ex. 'Lysander'

シクラメン・ヘデリフォリウム「ライサンダー」(Cyclamen hederifolium 'Lysander':サクラソウ科シクラメン属)が一ヶ月程前に咲き終わり、特徴のある葉が出てきました。


Chederifoliumlysander1


Chederifoliumlysander3


Chederifoliumlysander2


Chederifoliumlysander


シクラメン・ヘデリフォリウムはフランス、イタリア、ギリシャなど地中海沿岸地域の広い範囲に分布しており、1789年に命名されていますが、長い間シクラメン・ネアポリタヌム(Cyclamen neapolitanum)という名で流通していました。

ライサンダーという選別種は、ペロポネソス半島のスパルタ市に近いタイゲテウス山脈(Taygetos Mountains)で収集されたシクラメン・ヘデリフォリウムです。
古代ギリシアの都市国家スパルタの将で、ペロポネソス戦争の英雄である「リュサンドロス(Lysandros)」にちなんで命名されたようです。

シクラメン・ヘデリフォリウムの葉には小さな鋸歯がありますが、ライサンダーには深い鋸歯があり、シクラメンには珍しい大きなぎざぎざの葉をしています。
また濃い緑が銀葉模様を鮮やかに引き立たせます。

花は普通のヘデリフォリウムと変わりありません。
ヘデリフォリウムの花はピンクか白色で、アゴがしっかりあり、そこに濃紅色が入ります。

ヘデリフォリウムは夏の頃、まず蕾が出だし、秋になってが花茎が立ち上がり花を開きます。
その後、気温が下がるにつれ、葉が展開します。
成熟した株は葉と花の両方を楽しむことができますが、私の所の株は初花のためか、2輪花をつけ、それが枯れてから、一ヶ月も経ってやっと長さ1cmを越えるほどの小さな葉が出てきました。

なおヘデリフォリウムは、塊茎の下から根を出すのではなく、塊茎の側面や肩のあたりから根を伸ばすので、塊茎はしっかり埋める必要があります。
塊茎が土に埋まっている状態でないと、根が乾燥してしまいます。

種小名ヘデリフォリウムは「アイビー(ヘデラ:Hedera)のような葉(folium)の」という意味で、葉の形に由来します。

| | コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

いいとこ取りのシクラメン 
Cyclamen x drydenii

シクラメン「ドライデニー」(Cyclamen x drydenii:サクラソウ科シクラメン属)が咲きました。


Cyclamendrydenii9


Cyclamendrydenii5


Cyclamendrydenii6


Cyclamendrydenii8


Cyclamendrydenii7


シクラメン「ドライデニー」は同じ時期に花を開くシクラメン・コウム(Cyclamen coum ssp. coum)とシクラメン・トロコプテランスム(Cyclamen trochopteranthum)の交配種です。
ピューターグループ(Pewter Grope)と呼ばれるコウムの銀葉種が片方の親だと推測されています。

葉は楕円形から円形で、周辺はクリーム色で、中央にホタテ様の深緑の模様がついています。
このホタテ模様はシクラメン・トロコプテランスムの影響と考えられます。
以前には銀葉のドライデニーが咲いたことがあります。

葉より後に出てくる花は小輪で、薄いピンクか濃いピンクをしており、さらに口部に、さらに濃いマゼンタ色の模様や数本の筋がついています。
花の形はシクラメン・トロコプテランスムのプロペラ型の特徴が出ています。

シクラメン・トロコプテランスムはトルコのアナトリア地方の南西部のごく限られた山地に分布し、高地のシクラメンという意味でシクラメン・アルピナム(Cyclamen alpinum)という名がついていました。
1975年にシクラメン・トロコプテランスムに再分類されています。
種小名は「風車のような」という意味で、花弁が完全に反転せず、さらに90°捻れ、プロペラのような形をしています。

親のいいとこ取りをしているうらやましいシクラメンで、コウムとは違った趣きがありますね。

この株は先日の、この辺でも−4℃まで下がった寒波で、葉は縮れてしまいましたが、花は大丈夫でした。数枚出ていた葉のうち、写真の葉だけが助かりました。

ドライデニーという品種名は英国の著名な園芸家ケイス・ドライデン(Kath Dryden)さんに因んでつけられました。ドライデンさんの名はピュータグループのコウム以外に雲間草(Saxifraga 'Kath Dryden') やヤブイチゲ(Anemone nemorosa 'Kath Dryden' )、プリムラ・オウリキュラ(Primula auriculas 'Hetty Woolf';彼女の祖母の名に因む)などの高山植物の交配種に見られます。


| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

白いヘデリフォリウム 
Cyclamen hederifolium 'Album'

真っ白のシクラメン・ヘデリフォリウム「アルブム」 (Cyclamen hederifolium 'Album':サクラソウ科シクラメン属)が咲いています。


Chederialbiflorum4


Chederialbiflorum7


Chederialbiflorum5

喉部にうっすらとピンクがかっているのがわかるでしょうか。


シクラメン・ヘデリフォリウム「アルブム」 はシクラメン・ヘデリフォリウムの白花園芸品種です。
シクラメン・ヘデリフォリウムはフランス南東部からトルコ南部までの地中海沿岸に広く分布し、キプロス島を除く地中海の島々も分布域に含まれています。
これだけ広い範囲に分布していると、葉の色や形、模様、花の色や大きさに違いが生じ、長い間には様々の名が生じました。
16世紀頃から庭園で栽培されていたようです。長寿で、130年も生きたというものが記録されています。

最近になるまではネアポリタヌム(Cyclamen neapolitanum)という名で流通し、書物にもこの名が使われていました。ネアポリタヌムとは「ナポリの」という意味で、自生地がイタリア・ナポリだと思われていたのでしょう。

ヘデリフォリウム(hederifolium)という学名は「アイビー(Hedera helix)の葉の」という意味で、イタリア原産のシクラメン・レパンダム(Cyclamen repandum)の一般名が「アイビー葉のシクラメン(Ive-leaved cyclamen)」であったために、さらに混乱したようです。

白花種は自生地ではまれで、白花種(Cyclamen hederifolium ver. hederifolium f. albiflorum)と言っても喉部にはピンクや赤のスポットが入っています。
しかし鉢や庭園で育てていると純白のものが出て来ることがよくあるといわれています。

「アルブム(Album)」は改良されて、喉部にスポットが入っておらず、本当に純白です。
花が開いた頃に喉部にうっすらとかかっていたピンクも、しばらくすると消えてしまって真っ白の花になります。
真っ白になる頃は、花びらが傷み出します。

花が開いたころを愛でるのがいいのか、真っ白になるのを待つのがいいのか。ま、どっちもいいですが。

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

混乱したシクラメン
Cyclamen confusum

シクラメン・コンヒュサム(Cyclamen confusum)が咲き始めました。


Cconfusum1


Cconfusum2


Cconfusum_3


Cconfusum4_2


コンヒュサムは数年前まではシクラメン・ヘデリフォリウム・コンヒュサム( Cyclamen hederifolium ssp. confusum)という亜種として扱われていましたが、2009年のシクランメン協会のジャーナル(vol.33 no.1, 2009)では「クレタからのシクラメンの新種」という見出しで、独立した種と紹介されています。

コンヒュサムは1997年にシクラメン・ヘデリフォリウムの変種とされましたが、2002年に亜種となり、2009年クレタ島西部に分布しているコンヒュサムに限り、独立した種と認められました。

ヘデリフォリウムの亜種とされた中で新種とされなかった個体群は、新しい亜種クラッシフォリウム(Cyclamen hederifolium subsp.crassifolium)として分類されています。
植物分類学はゲノムレベルで判断するようになっているので、DNAの塩基配列が異なるそうです。
見た目では、濃色の花を咲かせ、葉は厚く、表面に光沢があり、浅く曖昧な尖り方をします。

シクラメン・ヘデリフォリウムと同じく秋咲きで、しっかりあごの張ったピンクの花を咲かせます。
私の所ではヘデリフォリウムが咲き終わった頃に咲き出します。

私のコンヒュサムは、亜種であった頃に手に入れた(2006年だと思います)コンヒュサムなので、クレタ島西部に分布している典型的なコンヒュサムなのかはわかりません。
花冠はヘデリフォリウムほど長く伸びず、少々ちんちくりんです。
葉には新葉のようなツヤがあり、陽に当たると輝きます。
しかし葉が厚いのかどうかということまでは、触って感じ取れません。

たくましく、野趣に富むという褒め方が似合います。

なお種小名コンヒュサムは「混乱した」「(特徴が)不明確な」という意味をもち、以前から混乱していたことをうかがわせます。

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

完全復活したシクラメン 
Cyclamen graecum

以前半分ほど球根が腐ったシクラメン・グラエカム(Cyclamen graecum:サクラソウ科シクラメン属)が、前にも増して花をつけました。


Cyclamengraecum17


Cyclamengraecum19


Cyclamengraecum18


Cyclamengraecum20


2004年にタネを播いてから11年になります。
一度は球根が腐りましたが、見事に復活してこのように花を咲かせています。
今では球根の大きさは18cmポット一杯になりました。
花の数の多くなり、腐った後遺症は薄れています。

球根がコルク質で根は下からしか出ませんから球根を大きく露出させて植えており、球根の様子がよくわかるので安心していましたが、5年前に果実を実らせすぎたのか、突然腐り出しました。
慌てて腐った所を削り取って殺菌剤を塗り、何とか全部が腐ってしまうのを逃れました。
それから葉しか茂らせなかったのですが、一昨年から花をつけだしました。

シクラメン・グラエカムは地中海の西の地方、ギリシャ南部やトルコ南部、キプロスが原産で、花も魅力的ですが、葉も美しいシクラメンです。

グラエカムは根に特徴があり、ひげ根以外に、オキザリスやユリなどによく見かける、牽引根(収縮根)を持っています。
牽引根は成長に伴って球根が地上部に出るのを防ぐ太い不定根をいいます。
この根の目的は岩にしっかりと固定することであり、一つには水分の貯蔵庫としての目的もあるといわれています。

また葉縁にも特徴があり、葉縁の様子で3種の亜種に区別されています。
典型的な葉はシルバーの模様が入った濃い緑色で、模様がはっきりしています。

グラエカムは「ギリシャの」という意味で、自生地を指しています。

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

真夏の斑入りシクラメン 
Cyclanen 'Chameleon Beauty'

こんなに暑くなってから斑入りのシクラメン「カメレオン・ビューティ(Cyclanen 'Chameleon Beauty':サクラソウ科シクラメン属)」が花を開きました。


Cyclamenvariegata4


Cyclamenvariegata5


Cyclamenvariegata6


シクラメン「カメレオン・ビューティ」は斑入りのガーデンシクラメンです。
昨年までは冬に花が咲いて、夏は葉を楽しんでいましたが、今年は花も咲いています。

元々シクラメンの葉は斑が入っているように見えますが、斑ではなく紋(模様)とみなされています。
しかしこのような白斑はシクラメンの葉の模様とは明らかに異なります。

葉の表面にはツヤがあり、まるで観葉植物のような明るい白斑です。全体が白化している葉もあります。

光合成能が低いので、成長も遅く、花も優雅さがありませんが、楽しめます。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧