2019年9月29日 (日)

シーズン最初のムスカリ  Muscari parviflorum

ムスカリ・パルビフロルム(Muscari parviflorum:ユリ科ムスカリ属)が咲き出しました。

 

Mparviflorum7

Mparviflorum3

Mparviflorum8

Mparviflorum4

Mparviflorum5

Mparviflorum6

ムスカリ・パルビフロルムはムスカリ属では唯一秋咲きで、9月の初めの数日続く雨の後に葉が出現します。
それ故油断をしていると咲いたことに気がつかないことも起こります。昨年は見落としていまい、ブログにアップできませんでした。

地中海性気候地域の低木の茂みや草原を形作るカルスト地形地でよく見られます。
長さ2cmほどの褐色の皮の卵形の球根をもち、2〜6枚の葉(通常は4枚)を根出します。葉は直立し、そのまま束になって大きくなります。葉の幅は2〜3mm、長さは5〜15cmで、艶のある鮮やかな緑の葉で、片面に溝があります。
溝のない方は平行葉脈が見られ、ときに淡色の中肋があります。
それにしても芽出しの時の赤みがかった葉は美しいです。

葉と同時に現れる花序には8〜15輪の花が開きます。花がつく上部の花茎と小花梗は淡い青紫色をしています。
成熟した花の小花梗は3〜4mmの長さですが、上にいくにつれ短くなり、一番上の花は小花梗がないように見えます。
他のムスカリとは異なり、ほとんどすべての花に稔性があります。花は小花梗と同じ淡い青紫色の釣り鐘形をしています。花の開口部は比較的広く、花被は先で6裂して小さく反り返ります。小裂片の先から小花梗まで、濃い青紫色の縞が入っています。
雄蘂は6本で、花冠の内側に付着しています。
小さな花ですが、それにしても美しい青紫色です。

フランスの植物学者のデスフォンテイン(René Louiche Desfontaines:1750–1833)さんによってチュニジアでの標本が1798年に公表され、その後南アフリカ生まれのキノコ学者のパースン(Christiaan Hendrik Persoon:1761–1836)さんが1805年にボツリアンツス属(Bothryanthus)に、さらにドイツの植物学者のクンツ(Carl Sigismund Kunth:1788–1850)さんが1843年にヒアキンツス属(Hyacinthus)に分類された経緯があります。典型的なムスカリの特徴を待たなかったからでしょう。

英名は Autumn Grape Hyacinth,Lesser Grape Hyacinth,Small-flowered Hyacinth です。
種小名のパビリフロラムはギリシャ語でパルビ(parvus)は「小さい」、フロルム(flora)はラテン語で「花」という意味で、花の小ささを指しています。

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

ベルバリア・ニバリスの大きな種子  Bellevalia nivalis

ベルバリア(ベレバリア)・ニバリス(Bellevalia nivalis:ユリ科ベルバリア属)の種子が稔りました。

ベルバリア・ニバリスはキプロスからレバノン、シリアにかけての地中海東部沿岸のレバノン(Lebanon)山などの高地(海抜1000〜2000m)に自生する珍しいベルバリアです。
今シーズンの4月23日のブログでお知らせしました。その後1カ月経って果実の大きな莢がはじけて種子ができました。
まん丸の黒い種子の直径は2.0mm近くあります。

詳しくはこちらをご覧下さい

 

Bellevalianivalis13

Bellevalianivalis14

Bellevalianivalis15

 

5月18日の様子

Bellevalianivalis16

 

| | コメント (0)

寝坊のレオポルディア  Leopoldia tenuiflora

5月4日に咲いたのとは別のレオポルディア・テヌイフロラ(Leopoldia tenuiflora:ユリ科レオポルディア属)が咲いています。

花序上部の不稔花がひらく種類ですが、先日のムスカリ・ディオニシクムのような羽根ムスカリに見られる飾り花に比べると貧弱です。
とは言え下の方の薄茶色の花と、上の方の青紫の花色のコントラストは見事です。
暑くなってからで短期間に咲きましたので、その過程をじっくり観察できました。

 

レオポルディア・テヌイフロラについて詳しくはこちらをご覧ください

 

Leopoldiatenuiflora13

Leopoldiatenuiflora14

 

5月24日

Leopoldiatenuiflora15

 

5月20日

Leopoldiatenuiflora16

 

5月15日

Leopoldiatenuiflora17

 

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

ディオニサデス島のムスカリ  Muscari dionysicum

ムスカリ・ディオニシクム(Muscari dionysicum:ユリ科ムスカリ属)が咲きました。

ムスカリ・ディオニシクムはギリシャ・エーゲ海のクレタ島北東部の小さな島のディオニサデス(Dionysades)島などの島しょの海抜400mまでの海岸近くに自生しています。
羽根ムスカリの一つで、花序上部の不稔花が長い花柄を上方に伸ばします。
昨年咲いた時は花茎が伸びるにつれ柔らかいせいか、風で途中から折れてしまい、本当の姿を見ることができませんでした。
風の弱い時期に花茎が伸びるのかなと思ってしまうほど背丈が高く30〜45cmほどになるようです。

ムスカリ・ディオニシクムについて詳しくはこちらをご覧ください

 

Mdionysicum6

Mdionysicum7

Mdionysicum8

Mdionysicum9

Mdionysicum10

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

ベレバリア・クラッサのピンクの莢 Bellevalia crassa

ベルヴァリア(ベレバリア)・クラッサ(Bellevalia crassa:ユリ科ベルバリア属)が、莢がピンクの果実を実らせました。

2本の花序が出て、2本とも果実が実っていましたが、球根を肥培するため1本は切ってしまいました。
大きなふかふかした緑の莢でしたが熟すにつれて、きれいなピンクに変わっていきました。莢がはじけましたが、莢は3室に分かれているのにタネは1個しか入っていませんでした。
タネが入っていない莢がほとんどで、収穫は全部で3個でした。

ベルヴァリア・クラッサについて詳しくはこちらをご覧ください

 

2019年2月2日の様子

Bellevaliacrassa2

 

2019年3月18日、2本目の花茎が咲いている様子

Bellevaliacrassa5

 

2019年4月16日の様子、この後先に咲いた小さい方の花茎を切りました。

Bellevaliacrassa

 

2019年5月20日

Bellevaliacrassa8

 

2019年5月22日、ますます赤くなりました。

Bellevaliacrassa7

 

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

ベレバリア・ヒアキントイデスの大きな果実  Bellevalia hyacinthoides

ベレバリア・ヒアキントイデス(Bellevalia hyacinthoides:ユリ科ベルバリア属)の大きな果実が熟しました。1つの莢は1辺1cmほどです。

ベレバリア・ヒアキントイデスはベレバリア属の中では一番の矮性種で、背丈は10~15cmといわれていますが、今年はさらに低く咲きました。
以前はベレバリア属ではなく、ストラングウェイナ・スピカタ(Strangweia spicata)と分類されたのは、ベレバリア属らしくない特徴を持っていたからです。

ベレバリア・ヒアキントイデスのベレバリア属らしくない特徴について、詳しくはこちらをご覧ください

 

2019年2月24日の様子 寒い時期なので花茎が伸びていません。

Bellevaliahyacinthoides11

 

2019年3月12日 別の球根から花茎が上がりました。

Bellevaliahyacinthoides12

 

2019年4月4日 花茎は5cmほどです。全体で8cmぐらいです。

Bellevaliahyacinthoides13

 

2019年4月28日 少し色づいてきました。

Bellevaliahyacinthoides14

 

2019年5月16日 莢が割れました。

Bellevaliahyacinthoides15

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

細い花のレオポルディア  Leopoldia tenuiflora

レオポルディア・テヌイフロラ(Leopoldia tenuiflora:ユリ科レオポルディア属 )が咲きました。

レオポルディア・テヌイフロラは中央ヨーロッパから東はウクライナ、イラン、サウジアラビアまで分布しています。
長さ10〜25mmの細い筒状花を、晩春から初夏にかけて咲きます。
花の先は焦げ茶色で、少しすぼんでいるのでムスカリ属のような感じがします。

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

Leopoldiatenuiflora9

Leopoldiatenuiflora10

Leopoldiatenuiflora11

Leopoldiatenuiflora12

 

 

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

ベルバリア・ニバリス Bellevalia nivalis

今年もベルバリア(ベレバリア)・ニバリス(Bellevalia nivalis:ユリ科ベルバリア属)が咲きました。

ベルバリア・ニバリスはキプロスからレバノン、シリアにかけての地中海東部沿岸の最高峰の海抜3,088 mのレバノン(Lebanon)山などの高地(海抜1000〜2000m)に自生します。
花を開く3〜4月の時期に雪の残る乾燥した平地、砂漠地、山地の斜面に自生しています。

 

詳しくはこちらをご覧下さい

 

Bellevalianivalis7

 

Bellevalianivalis8

 

Bellevalianivalis9

 

Bellevalianivalis10

 

Bellevalianivalis11

 

 

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ケルキス山のムスカリ Muscari kerkis

ムスカリ・ケルキス(Muscari kerkis:ユリ科ムスカリ属)が咲いています。

ムスカリ・ケルキスはギリシャの南部のケルケテウス山( またはケルキス山:最高峰海抜1433m)から南の、ギリシャ第4位の人口を持つカリテア(Kallithea)市に至る街道の途中、海抜600mの地点で1983年に発見された比較的新しいムスカリです。

詳しくはこちらをご覧ください

 

Mkerkis1 

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

真っ黒なムスカリ  Muscari commutatum

 ムスカリ・コンムタツ(Muscari commutatum:ユリ科ムスカリ属)が咲きました。


ムスカリ・コンムタツはイタリアからユーゴスラビア、エーゲ諸島にかけての地中海沿岸の海抜1800mまでの山の草原や荒れ地の斜面に自生しています。

花は黒色から濃紫色をしており、真っ黒と言っていいほどで、開いたのか開いていないのか、わからないぐらい真っ黒です。

詳しくはこちらをご覧ください

 

Mcommutatum5_1



Mcommutatum6


4月3日の様子

Mcommutatum7


3月28日の様子

Mcommutatum9


3月25日の様子

Mcommutatum10

| | コメント (0)

より以前の記事一覧