2018年4月21日 (土)

疑わしいという名のベルバリア
  Bellevalia dubia ssp. boissier

ベルバリア(ベレバリア)・ドゥビア(Bellevalia dubia ssp. boissieri:ユリ科ベルバリア属)が咲きました。


Bellevaliadubia1


Bellevaliadubia2


Bellevaliadubia3


Bellevaliadubia4


ベルバリア・ドゥビアは地中海沿岸の球根植物で、イタリア南部、ギリシャを含むバルカン半島、トルコ西部の斜面の瓦礫地に自生しており、ヨーロッパではよく目にするベルバリアのようです。

葉は幅1.5cm、長さ10〜15cmの長披針形で、3〜6枚現れ、地面に伏します。

花序が出てきた頃は大きくなるようには見えませんが、最終的に花茎は15〜30cmの高さになります。

蕾は最初緑色ですが、大きくなるにつれ青紫に色づきます。
花は0.5〜1cmの円筒形で開口部が6裂してベル状に開きます。

花の色が青紫色の頃は、この色で花が開くのかと期待が膨らみます。
花序が上に伸びていき、上の花との間隔が空くようになると、日の当たる上面は青紫色が残りますが、日陰になる下面から、茶褐色の筋が入るようにして薄茶褐色を帯びてきます。

開口部に裂け目が入り、裂片が反り返る頃には全部が濃褐色に変化します。
成熟すると茶褐色に変化するのでしょうか。
それから後は枯れてないのか、枯れているのか分からなくなります。

ベルバリア属の宿命のようなものですが、茶色い花というのは、あまり美しいものではありません。
園芸的に流通していないベルバリア属を育ててみると、その理由が理解できます。

種小名のドゥビアはラテン語のdubiumで 「不確実な、疑わしい」という意味です。どのような特徴を指しているか分かりません。

亜種名のボワシエリはベルバリア属に関してよく名前が出てくるスイス人の植物学者ピエール・ボワシエ(Pierre Edmond Boissier:1810〜1885)さんに因みます。

| | コメント (1)

2018年4月20日 (金)

雪のベレバリア 
Bellevalia nivalis

ベルバリア(ベレバリア)・ニバリス(Bellevalia nivalis:ユリ科ベルバリア属)が、知らないまに咲いていました。


Bellevalianivalis1


Bellevalianivalis2


Bellevalianivalis5


Bellevalianivalis4


ベルバリア・ニバリスはキプロスからレバノン、シリアにかけての地中海東部沿岸に分布します。
花を開く3〜4月の時期に雪の残る乾燥した平地、砂漠地、山地の斜面に自生しています。

ベルバリア・ニバリスは垂直分布によって、つまりキプロスの低地のものと最高峰の海抜が3,088 mのレバノン(Lebanon)山などの高地(海抜1000〜2000m)に自生するものでは形態が違っているという論争があり、 低地に自生するものをベルバリア・ピエリディス(Bellevalia pieridis)と分類すべきだという提案がなされています。

花茎は10cmほどの高さで、蕾の時は密についていますが、開くにつれ、花茎が伸び、下の花との間隔が開きます。

乳白色の蝋で作ったような厚みのある釣り鐘型の花は、先が6裂し、やや反り返って開きます。
花は地味で目立ちませんが、開口部から紫青色の雄しべを覗かせ、それがチャーミングです。
産地によっては上部の蕾が薄緑であったりピンクを帯びている個体があるそうです。

長さ10〜15cm、幅1cmまでの剣型の青緑色の葉は2〜5枚現れます。

播種後4年目にして3本のうち1本が咲きました。、
初花だったせいか、寒かったせいか、この個体は花序が短く、花茎が伸びず、結果、この写真のように少々情けなく咲いています。
また花柄も長くなり、他とは雰囲気の違う、その姿を見てベルバリアとは思えないベルバリアとなりました。

スイス人の植物学者ピエール・ボワシエ(Pierre Edmond Boissier:1810〜1885)さんとオーストリアの植物学者、植物収集家カール・コチュヒ(Karl Georg Theodor Kotschy:1812-1866)さんによって1859年に公表されています。

異学名はHyacinthus nivalisやHyacinthus pieridisで、以前はヒヤキンツス属に分類されていました。
種小名のニバリスは「氷雪帯で育つ」という意味で、雪の残る高山で発見されたことを推測させます。
スノードロップ(Galanthus nivalis)も同じ種小名ですが、このベルバリアの英名も学名に由来し、Snow bellevalia(雪のベレバリア)です。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

また咲いたムスカリ・ウラリイ 
Muscari vuralii

12月に咲いたムスカリ・ウラリイ(Muscari vuralii:ユリ科ムスカリ属)がまた咲きました。


Mvuralii8


Mvuralii9


Mvuralii6


Mvuralii7


ムスカリ・ウラリイについてはその時の記事をご覧下さい。

12月の時に比べると背丈は低く、5cmほどしかありません。
線形の細い葉が12・3本ほどに葉数が増えています。

また花の色が鮮やかになっているような気がします。
暖かくなって見る者の気持が違っているからかもしれません。

小さいというだけではなく、花に比べて花茎が太く、花はふっくらして、白い広い帯になった花びらの先がお茶目に反り返って、可愛いムスカリです。

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

ミニチュアムスカリ 
Muscari 'Maxabel'

ムスカリ「マックスアベル」(Muscari 'Maxabel':ユリ科ムスカリ属)が咲いていました。
あまりに小さいので咲いたのを見落としていました。


Mmaxabel1


Mmaxabel2


Mmaxabel3


Mmaxabel4


ムスカリ「マックスアベル」はジョー・ビショップ( Joh Bishop)さんが作出し、2人のお孫さんの名前を組み合わせて付けたそうです。
それをムスカリ・グルデライト(Muscari GulDelight)などを販売しているオランダのデ・シャローム(De Schüllhorn)ナーセリーの方たちに見せたそうです。
その権利(Plant variety rights (PVR))をデ・シャローム・ナーセリーが買い取り、広がっていったようです。

いつ頃のことか詳しくは分かりませんが、ムスカリ「マックスアベル」の名は2012年にはデ・シャローム・ナーセリーのHPにアップされていました。
2009年にネット上にはムスカリ「マックスアベル」の名が登場しますので、私は知らなかったのですが、かなり以前からヨーロッパでは販売されていたようです。

背丈は10cm足らず、上部が青白色で、下部が明るいブルーの2色に咲分けます。
とにかく小さくて、開口部から中を覗いても何も見えません。
長くて10cmほど、幅1cmほどの剣状をした葉は地面を這います。

葉が細長い三角形をしているという特徴などからムスカリ・オクリ(Muscari aucheri:ユリ科ムスカリ属)が親になっているのではないかと思っています。

昨年も見落としていて、ブログにアップしていません。
発芽率はよいようで、昨年稔った種がかなり沢山芽を出していました。

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

クリーム色の最新ムスカリ 
Muscari macrocarpum'White Triumphator'

ムスカリ・マクロカルプム「ホワイト・トライアンファター」(Muscari macrocarpum'White Triumphator')が咲きました。


Mwhitetriumphator1_2


Mwhitetriumphator3


Mwhitetriumphator4

3月28日の様子


Mwhitetriumphator2

3月31日の様子


Mwhitetriumphator6

4月2日の様子


原種のムスカリ・マクロカルプムはエーゲ海の諸島からトルコ北西部などの岩場に自生しています。

ムスカリ・マクロカルプムは以前はムスカリ・モスカツム・フラブム(M. moschatum var. flavum)という名で知られていました。後にムスカリ・モスカツムの変種ではなく、独立した種としてムスカリ・マクロカルプムと分類されました。
ムスカリ・マクロカルプムの花は、蕾の時は白みがかった青紫色をしており、開花すると全てが黄色い花を咲かせます。

黄色い原種に対してムスカリ・マクロカルプム「ホワイト・トライアンファター」は灰緑色の蕾を立ち上げ、咲き進むにつれ白クリーム色に変わっていきます。
上の方の蕾は灰緑色のままでグラーデーションのきいた2色咲きになっていきます。

蕾の花筒の先には6個の膨らみ(副花冠)があり、開花すると副花冠を含む花の先が濃く色づいてきます。
着色し始めはグレーで、それが茶褐色になっていきます。

原種は黄色が茶褐色になるので枯れているように見え、美しい変化とは思えません。
「ホワイト・トライアンファター」はクリーム色花の色と焦げ茶色の色合いのコントラストが山水画のようで、たいへん魅惑的です。
「ホワイト・トライアンファター」の2色の組み合わせは植物には珍しいと思うのですが、コリダリス・ヌディカウリスのコーヒーとクリームの2色を思い出しました。

葉は4〜6枚で、長さ10〜20cmの青緑色の幅1cmほどの細長披針形で、湾曲します。

品種名のホワイト・トライアンファターは「白い勝利者」という意味です。
種小名マクロカルプムはギリシャ語由来で、「大きな(macro)果実の(carpus)」という意味で、大きなタネが稔ることを指しています。

| | コメント (2)

2018年4月 2日 (月)

ターコイズブルーのムスカリ 
Pseudomuscari forniculatum

プセウドムスカリ・フォルニクラツム(Pseudomuscari forniculatum:ユリ科プセウドムスカリ属)が咲きました。


Pseudomuscariforniculatum7


Pseudomuscariforniculatum8


Pseudomuscariforniculatum3


Pseudomuscariforniculatum3


Pseudomuscariforniculatum5

3月17日、ターコイズブルーの花序が見えてきました。


Pseudomuscariforniculatum6

3月29日の様子。2番目の花序も顔を出しました。


プセウドムスカリ・フォルニクラツムはトルコ東部、トルコの黒海沿岸から150kmほど南の都市エルズルム(Erzurum)近くのパランドケン(Palandöken)山などに自生しています。
冬に雪の積もる海抜1800〜2400mの粘土質の湿った山地の草原で見られるようです。

この植物は1922年にロシアの植物学者フォーミン(Aleksandr Vasiljevich Fomin:1869-1935)さんによってベルバリア属(ベルバリア・フォルニクラツム:Bellevalia forniculata)の植物として命名されました。
しかし971年にイタリアの植物学者のガルバリ(Fabio Garbari:1937-)さんによってプセウドムスカリ属に移されました。

プセウドムスカリ・フォルニクラツムは、ムスカリにしては結構大きな幅のある長披針形の長さ15〜30cmの葉が2・3枚あらわれます。
この株は1枚しか葉は出ませんでしたが、花序が出てきた頃に、1枚目と同じ側から出てき、その後もう1枚出てきました。
一番長い葉は先の方が巻き込むようです。

葉が出た後15〜30cmの花茎が立ち、それがなんとも言えないブルーの色をしています。
ターコイズブルーと言いたい悩ましい色です。
ブライアン・マシュウ(Brian Mathew1936–)さんの古い著書「小さな球根('The Smaller Bulbs', 1988)」には「私が知っている球根植物では最も衝撃的な青(startling Blue)」と表現されています。
もうそれだけで心躍ります。

短い筒部の、ほとんど釣鐘型の花を、長い花柄につけ、俯いて咲いています。
まるでスズランのような花の付き方です。
花の開口部はつぼんでおらず、浅く6裂しています。

花茎の下の方は緑色ですが、花茎が花序となっている部分や小花柄は、花同様濃いパステルカラーのブルーをしています。
花が開くと、花披に白い色が入るようになり、遠目にはブルーも空色になってきます。

これだけ魅力的なムスカリなのに流通しないのは、不稔性が強いために実生で増やすことは困難で、それ故オランダの園芸業者が興味を示さないという話を読んだことがあります。

雪溶けとともに咲き出すそうですが、花を咲かせるために特に湿った環境が必要ということではないようです。
むしろ高山性の気候地域に自生しているので、夏に乾燥させすぎると球根がダメになるようです。

種小名のフォルニクラツムはラテン語の「アーチになった(fornic)」と「樹木や葉柄の基部(culatum)」に関連しているようで、葉の様子を示しているものと思われます。

| | コメント (2)

2018年3月20日 (火)

大きな果実のムスカリ 
Muscari adilii

ムスカリ・アディリィ(Muscari adilii:ユリ科ムスカリ属)が咲きました。


Madilii1_3


Madilii4


Madilii2


Madilii3


Madilii5

3月2日の様子


Madilii6

3月10日の様子


ムスカリ・アディリィは1999年に発見された新種のムスカリで、中央アナトリア(小アジア)西北部のアンカラ地方のベイパザル(Baypazari)周辺でしか自生していません。
ベイパザルは海抜600mほどの高地で、トルコの地中海沿岸地方と違って、夏の乾期はなく、年間通して降雨の少ない乾燥(砂漠)地帯です。
ムスカリ・アディリィはそのような日差しの強い石灰岩のがれ地に自生しています。
狭い範囲にしか分布していなかったため発見が遅れたようです。

赤紫色をした花茎に穂状(すいじょう)花序に花を付けます。
花序の長さは3〜5cmで、非常に小型です。
写真のポットは9cm角ですから、小さいことがお分かりいただけると思います。

花も背丈に比例して小さく、壺型で、濃い青紫色をしています。
花が開き出す頃、開口部をよく見ると、かすかに白い筋が入っています。

葉はやや幅のある披針形で、2・3枚の葉は地面に反り返ります。

花後幅1cmほどの灰色のおむすび型をした大きな蒴果が稔るそうです。
花は小さいですが、驚くほど大きな莢に納まっています。
種が稔ったらまた報告します。

種小名アディリィはトルコ、アンカラ大学の植物学の教授アディル・グナー(Adil Güner:1950〜)さんに因みます。彼は「Turkish Journal of Botany」を始めとしていくつかのトルコの植物学雑誌の編集者を務めています。

| | コメント (4)

2018年3月18日 (日)

寸詰まりのベレバリア 
Bellevalia crassa

ベルヴァリア(ベレバリア)・クラッサ(Bellevalia crassa:ユリ科ベルバリア属)が咲きました。


Bellevaliacrassa3172


Bellevaliacrassa317


Bellevaliacrassa310

3月13日の様子


Bellevaliacrassa34

3月5日の様子


Bellevaliacrassa32

3月2日の様子


ベレバリア・クラッサはトルコの東部、マラタヤ(Malatya)地方の限られたがれ場周辺に自生しています。

ベレバリア・クラッサは2タイプあるようで
年を経るにつれ花序は長くなるが、初花の時は短い花序のタイプ
いつまで経っても短い花序のままのタイプ

蕾の時は薄いピンクから紫ですが、開くにつれて茶色っぽくなっていきます。
葯が茶色いという理由もあります。

蕾はしっかり詰まってますが、蕾が開くにつれ花茎が伸び、花はまばらに付いているように見えます。

幅のある披針形の葉で2〜4枚あらわれます。
縁に赤い色が入ります。
この冬の寒さに当たって葉は枯れてしまいました。

発見者で命名者のウェンデルボ(Per Wendelbo;1927〜1981)さんはノルウェー人で、スウェーデンのイエテボリ(Göteborg)大学の植物学教授で、テヘラン(Teheran)植物園長を務め、地中海沿岸の球根植物の専門家です。
コリダリス・ウェンデェルボイ(Corydalis wendelboi)にその名を残しています。

ウェンデルボさんによって1980年に公表されていますが、彼は、ベルヴァリア・クラッサは「人に知られないまま、人の目から上手く逃れてきた」と述べています。
今日ではイラン北部やコーカサスでも自生地が確認されています。

地上部のない夏に水をやりすぎると枯らしてしまいます。
クラッサは「頑丈な、濃い、丈夫な、肉付きのよい」という意味で、大きな球根や姿からのイメージを示しているのでしょう。

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

瑠璃色のヒアキンテラ 
Hyacinthella lazulina

ヒアキンテラ・ラズナリ(Hyacinthella lazulina:ユリ科ヒアキンテラ属)が咲きました。


Hyacinthellalazulina4


Hyacinthellalazulina5


Hyacinthellalazulina6


Hyacinthellalazulina2

3月2日の様子


Hyacinthellalazulina3

3月6日の様子


種小名のラズリナ(lazulina)はラピス・ラズリ(lapis lazuli)のラズリと同じ意味で、英語のlazulineから予想できるように、瑠璃色の花を指しています。
ヒヤキンテラ属は全てブルーの花を咲かせますが、ヒヤキンテラ・ラズリナはその中でも最も濃い藍色をしています。

ヒヤキンテラ属は球根の外皮に白い粉(分泌物の結晶)を吹き、葉は2〜3枚の根出葉を出します。
25cmまでの花茎を立て、短い花梗に淡青から濃紫の鐘型の花を粗く総状花序に付けます。

よく似たムスカリ属の花は先端がつぼんでいますが、ヒヤキンテラ属は開いています。
またスキラ属は花被が分離していますが、ヒヤキンテラ属は先が裂けた筒状の花をつけます。
さらにヒアシンスとは花被の先端が細く反り返らない点で区別されています。

枯れた花被が子房についたまま果実が熟すことが、近縁のムスカリ属(Muscari)やベルバリア属(Bellevalia)と異なる点です。

さてヒアキンテラ・ラズリナはトルコ東南部の地中海に接するグルナー(Gülnar)地方で1992年に発見された新しいヒアキンテラです。
グルナーは海抜1000mほどの高地にあり、石灰岩地の傾斜地に自生しています。

草丈は10〜12cmで総状花序に、隙間を空けて漏斗状の花を付けます。
蕾の時には濃紺ですが、浅く6裂した花披が開くにつれ、花披の青色は薄くなります。
そして裂片の中央に濃い藍色の縞が目立つようになっていきます。

幅のある披針形の葉は赤味があり、通常2枚出ます。

より東に分布する種類の一つで、分布域がより西の、遠く離れたヒアキンテラ・ヘルドリッキ(Hyacinthella heldreichii)と近縁と考えられていますが、こちらの方がはるかに濃いようです。

まれにしか見つからないといわれていますが、園芸的には丈夫なようです。
グルナー地方は夏乾燥するので、地上部が枯れたら、水を切ってやるといいようです。

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

距を持つベルヴァリア(ベレバリア)
Bellevalia hyacinthoides

ベルヴァリア(ベレバリア)・ヒアキントイデス(Bellevalia hyacinthoides:ヒヤシンス科(ユリ科)ベレバリア属)が咲きました。
この種子を播いたのが2014年3月ですから、4年かかって咲きました。


Bellevaliahyacinthoides5


Bellevaliahyacinthoides2


Bellevaliahyacinthoides6


Bellevaliahyacinthoides4


一般的にはベルヴァリア属よりベレバリア属と呼ばれています。
属名はフランスの植物学者でモンペリエ植物園の初代園長ベルヴァル(Pierre Richer de Belleval:1564-1632)さんに因むので、ベルヴァリアがルールに則った正しい読み方だろうと思います。

ベレバリア属は主として地中海の東沿岸からトルコ、パキスタンやアフガニスタンまでの中西部アジアにかけて約70種が分布しています。
ベレバリア属は ラペイロウジア属(Lapeirousia)に名を残すフランスの博物学者フィリッペ-イシドール・ピコ・ドゥ・ラペイローズ(Philippe-Isidore Picot de Lapeyrouse:1744〜1818)さんによって1808年公表され、属として確立しています。
シラー(Shilla)属に近縁で、ヒアシンス属に含まれていたものもあったようです。
ムスカリ属とは釣鐘状または漏斗状の花の先がつぼんでいないことで区別できます。
多くは褐色の、地味な色合いの花なので、園芸的には評価されていません。
葉は長披針形で、多くは葉幅がありますが、小型種はおしなべて披針形ではなく、細長い葉です。

ベレバリア・ヒアキントイデスはギリシャの日当たりのよい丘陵地に自生しています。
ベレバリア属の中では矮性種で、背丈は15cmほどです。

以前はストラングウェイナ・スピカタ(Strangweia spicata)という名で知られていましたが、このように分類されたのは、ベレバリア属らしくない次のような特徴を持っていたからです。
まず短い花柄に、密に白い花をつけます。
漏斗状の花披は6深裂し、花の付根の下方に短く目立たない距を持っています。
また花被片の中心に薄いブルーの縞があります。

長さ15cmほどのU字に巻いた細い葉が4〜8枚、秋に出現し、地面を這って広がります。

種小名のヒアキントイデス(hyacinthoides)は「ヒアキントイデスのような」という意味です。
ヒアキントイデスとはツリガネズイセン(Hyacinthoides hispanica)という和名を持つ種類を指し、以前はスキラ・ヒスパニカ(Scilla hispanica)という名で呼ばれていました。
花の形がツリガネズイセンに似ているからだと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧